Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot)@Amberoid_03

4,046 ツイート 6 フォロー 14 フォロワー

「どうなっても知らないよ?」 ■街に蔓延る異形の病「梛木病」を巡る、一次創作bot群「Amberoid」シリーズです。 ■病の脅威も無い平和な地区の住人たちと、外れの孤児院で異形の子供たちを育てる女性「ラトリア」の様子を眺めるbotです ■依存対象→@Amberoid_01

(ElonaとBlood borneオマージュ) 

もっと抗体が広まればいいんだけど…難しいよな

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年10月13日(金)

Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

『もっと抗体が広まればいいんだけど…難しいよな、実際は。』

18:10:19
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

『料理上手いんだよ。肉とか魚も捌けるんだけど、まさか生きた状態から出来るとは思わなかったなあ』

17:10:09
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

*ぺたぺた*

16:10:23
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

交易区に朝がやってきた。

15:01:38
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

交易区に夜が来た。

08:01:37
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

「学師?奇跡…?えっと…どなたかと間違えてはいませんか?」

07:10:15
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

「ええ、この辺りに巣を作っているようですね。彼らは賢いですから、足跡を消しながら移動します。草や土が不自然に散っていたら彼らの通った道でしょう。いいえ。わたしにできるのはこれくらいしかありませんから…」

06:10:25
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

『女神エイスよ…』

05:10:12
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

『異国人かと思ったら街から出たことないらしいよ。どこで育ったらあんな価値観になるんだ…未来人だって言われても納得するくらいだね』

04:10:22
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

『牧師さんに会いたいよ。おふくろ亡くしたときと同じくらいは泣いたね、正直…』

03:10:09
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

『なんだろう、ああいうのを天然って言うのかな?とにかく発想がぶっ飛んでるんだよ。釣り竿でクジラ釣れるなんて常識的に考えて無理だし、あまつさえそれを料理しようとか、もうこれ筋金入りでしょ。そこまで言われるとさ、なんか本当に出来る気がしてきちゃうよね』

02:10:16
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

(ナギたちは優秀だけど…リヴァには敵わないみたいだね。)

01:10:10
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

『牧師さんを見つけたのは孤児母さんなんだろ?……落ち着いてはいたけど、無理してることぐらい俺でも分かった。どんな気持ちで牧師さん持ち帰ったんだろうな…俺には想像も付かないよ』

00:10:19

2017年10月12日(木)

Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

『壁を掘って入ってくるかも!扉を造られたら大変!とか防犯意識が過剰でさ。さすがに家具ごと盗まれるなんてありえないだろ?真面目な顔して言うもんだから困っちまうよ』

23:10:09
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

「はやくしないと、どうなっても知らないよ。」

22:10:23
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

『牧師さん?山脈あたりの小さな村で産まれたらしいよ。今はもう廃れちゃったんだってさ。疫病だとか大火事だとか、なんとか…』

21:10:16
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

『ラトリアさんって、いくつなんだろうね。なんか年齢不詳って感じ。若く見えるけどホントは不老不死だったりして。ふふ、なんちゃって!』

20:10:22
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

「もっとわたしに甘えたって良かったのに。ほんとうに意地っぱりなんだから。まったく、さみしいじゃないか…」
頬杖をついて唇を尖らせている。

19:10:10
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

孤児たちが楽しそうに鉛筆を走らせている。それぞれの便せんには、色とりどりの文字が描かれていて、宛名には「おかさん」と記されていた。

18:10:23
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

『みんな同じように思ってるんだ。あの人は人間じゃない、むしろ生き物ですらないんじゃないかって。……あ、これ内緒にしといてくれる?ラトリアさん、もう気付いてると思うけどさ…一応、ね。』

16:10:27
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

交易区に朝がやってきた。

15:01:33
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

交易区に夜が来た。

08:01:39
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

「ウミガメのスープですか?ええ、美味しいですよね。ずっと昔のことですから、ほとんど味は忘れてしまいましたけども」

07:10:16
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

■孤児母ラトリア■
褐色の肌に白髪の、極めて魅惑的な女性です。
彼女の瞳は、瞳孔が非常に小さく、キャッツアイ調の輝きを持っています。
また瞳が琥珀色をしていますが、血液は赤く、その他の特徴も噛み合わないため、ナギの民ではないようです。

06:10:23
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

*ぱたぱた*

05:10:08
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

カモメが飛んでいる。一匹が咥えた魚を取り落とし、真下に居たナギの民の頭を直撃した。周囲の人が慌てて駆け寄り、怪我のないことが分かると、ナギの民と一緒に愉快そうに笑っている。

04:10:21
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

「君が悪いんだよ、全部。」

03:10:09
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

「…クジラ、釣れないなあ」

02:10:17
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

観光客と談笑している。

01:10:08
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

「すき、きらい、すき、きらい、すき…」

「……ざんねん。嫌いが出ちゃった」
花の茎を歯で食いちぎり、地面に吐き出して踏み潰した。

00:10:20

2017年10月11日(水)

Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

水面がきらきらと輝いている。

22:10:19
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

子どもたちの大きな瞳が、ピアノを弾く孤児母の指先を追う。高い笛の音が、ピアノの音に合わせて拙く弾んでいる。

21:10:11
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

■エイス教■
願いの女神「エイス」を讃える、この街、独特の宗教です。
戒律について強いて言えば、無駄な殺生が禁止されている程度で、非常に緩く自由であり、他の宗教と同時にエイス教に加わる教徒も珍しくはないようです。

20:10:19
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

『牧師さんの声、もう思い出せないんだ。綺麗な声だってことしか覚えてない。できるならもう一度話したいよ。そうしたらさ、たくさんお礼を言うんだ』

19:10:10
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

「わたしはよくばりだからさ、あこがれの日常と子どもたちだけじゃ足りないんだ。早く帰ってきてよね。じゃないと…」

18:10:19
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

『もっと抗体が広まればいいんだけど…難しいよな、実際は。』

17:10:08
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

孤児たちが楽しそうに鉛筆を走らせている。それぞれの便せんには、色とりどりの文字が描かれていて、宛名には「おかさん」と記されていた。

16:10:23
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

交易区に朝がやってきた。

15:01:47
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

交易区に夜が来た。

08:01:39
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

『ラトリアさんって、いくつなんだろうね。なんか年齢不詳って感じ。若く見えるけどホントは不老不死だったりして。ふふ、なんちゃって!』

06:10:24
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

*ぴょこぴょこ*

05:10:09
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

「そうまでして救われたいなら帰っておいでよ。すぐ楽にしてあげるのに。きみが望む以外の方法だけどね」

04:10:30
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

「あの程度でここまで…そういった特性なのかな…それとも…」

03:10:09
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

『壁を掘って入ってくるかも!扉を造られたら大変!とか防犯意識が過剰でさ。さすがに家具ごと盗まれるなんてありえないだろ?真面目な顔して言うもんだから困っちまうよ』

02:10:17
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

『未だに夢に見るんだ。牧師さんの葬儀だよ。あんまり考えたくないけど…惨い最期だったんだろうな。あんな棺桶に収まるほどしか残らなかったなんて酷すぎる…』

00:10:21

2017年10月10日(火)

Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

『一度でいいからあの豊満な胸に包まれたい…むしろ今すぐ生まれ変わって育てられたいです』

23:10:12
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

『ここの教会、大きいでしょ?教会っていうより、ナギ達の拠点になってるけど。』

22:10:42
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

「切ってつなげるだなんて、君らしいといえばそうだけど…」

21:10:29
Amberoid_03

03 孤児母ラトリア(一次創作bot) @Amberoid_03

「銀の蟲たちは主に空き家に巣食います。廃墟などは絶好の狩り場となるでしょう。笛の音が低ければ低いほど老いていますから、それで大きさを判断してください。」

20:10:19
このページをシェアする