CMA_level2_bot

CMA_level2_bot@CMA_level2_bot

48,447 ツイート 1 フォロー 278 フォロワー

証券アナリスト試験二次レベル対策向けに作成した自習用のBOTです。記載内容は間違っている可能性がありますのでその点ご了承のうえフォローください。ご指摘事項があればいただけると助かります。

新しい順に表示 古い順に表示

全て表示 返信等を除く ピクチャ

証券アナリスト試験二次レベル対策向けに作成した自習用のBOTです

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年05月17日(水)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【サステナブル成長率】g=ROE×(1-配当性向d)

01:13:55

2017年05月16日(火)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【割引キャッシュフロー法】DCF法。企業価値=企業が生み出すフリーキャッシュフローの期待値をWACCで割り引いた現在価値。FCF÷WACC-g を発行済株式数で割ったもの

22:14:10
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※景気の見方がわかれてくると、金利のインプライド・ボラティリティは大きくなり、短長期の金利下落、中期金利上昇し、曲率が上がる。この時はブレットの売りとバーベルの買いという戦略をとるとよい

19:14:12
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※内部留保はその企業の新規設備投資に生かされ、その投資が合理的であれば売上高と同時に利益を増大させる。これが配当の増額、すなわち成長をもたらし、株価を上昇させる。

16:14:05
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【レバードベータ】負債を持つ企業のβ。βL=βU+βU×(D/E)×(1-T)]。アンレバードベータは負債を持たない企業のβ。βU=βL/[1+(1-T)×(D/E)]

13:14:09
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※リターンの分布における歪度とは、平均値周りの3次のモーメントを標準偏差の3乗で割ったもの。尖度は平均値周りの4次のモーメントを標準偏差の4乗で割ったもの。

10:14:04
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※企業の成長価値の評価に、オプション理論を適用して評価を行うことをリアルオプションというが、経営上意思決定における自由度(フレキシビリティ)を定量的に捉えるアプローチであり投資判断において通常のNPVにフレキシビリティがもたらすオプション価値を加えた拡大NPVが用いられる

07:14:11
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【投資の利子弾力性が大】IS水平。財政政策効果小(クラウディングアウト発生のため)。金融政策効果大

04:13:55
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【プライベートエクイティ】未公開企業を対象としたエクイティ関連投資の総称。ベンチャーキャピタルやバイアウトがある

01:13:51

2017年05月15日(月)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※プットのデルタ=コールのデルタ―1

22:14:09
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【標準誤差】アルファやベータなどのパラメータに対する推定量の標準偏差をいう。この値が小さいほどパラメータの推定の精度が高いと言える。

19:14:10
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※ブレイクイーブンインフレ率は通常の国債と物価連動国債との利回りの差(国債の利回り - 物価連動国債の利回り)。市場が期待しているインフレ率を表す。この値がプラスならインフレ、マイナスならデフレを市場が期待している

16:14:05
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※株式運用の超過リターンは、市場リスクをとることのみで獲得できるとするのがCAPM。市場以外にサイズ、バリューファクターのリスク要因もとることでリターンが獲得できるとするのがファーマフレンチの主張

13:14:04
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【コミットメント】展開型ゲームにおいて、相手が自分にとって望ましい選択をするように、先手となるプレーヤーが自分の行動をあらかじめ宣言すること

10:14:06
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※固定費の割合が低いと損益分岐点も低い。利益は安定的だが、利益の増加率は低くなる。このため株価の上昇率も小さくなる。

07:14:12
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※行動ファイナンスは、非合理的な投資家の存在(行動バイアス)と、裁定取引の限界の2つにその基礎をおき、市場は 非効率的であるとする説である。

04:13:55
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【インフレーション・ターゲッティング】中央銀行が最終目標としての目標インフレ率とその達成時期を設定し、それを明示して金融政策を実施することをいう。問題点として目標インフレ率をどうやって設定するのか(完全な物価指数が存在しない)や、物価指数のみで金融政策を行う危険、などがある

01:13:51

2017年05月14日(日)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※内部留保はその企業の新規設備投資に生かされ、その投資が合理的であれば売上高と同時に利益を増大させる。これが配当の増額、すなわち成長をもたらし、株価を上昇させる。

22:14:09
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【プット・コール・先物パリティ】プットとコールを使って先物を複製することができる関係式。F=(C-P)×(1+r×t)+K

19:14:10
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※効率的な市場とは、すべての証券の市場価格が常にその投資価値に等しい市場であるという

16:14:07
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※企業が新事業に投資するとき、その事業のNPVがプラスであれば企業価値を増加させ株価は上昇する。NPVがプラスということは、その事業の収益率が投資家の要求収益率(資本コスト)を上回るということである。

13:14:02
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※相関係数が+1のときは市場ポートフォリオのリスク(標準偏差)は各資産の投資比率をウェイトとする加重平均として計算される。-1のときは市場ポートフォリオのリスクをゼロにすることができる

10:14:02
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※マネジメントバイアウトがTOBによって行われる場合、経営者と株主で利益相反が起こる。経営者はその後のリターンをあげたいため安いTOB価格を設定したい。逆に株主は高い価格で売りたい。

07:14:09
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※リターンの分布における歪度とは、平均値周りの3次のモーメントを標準偏差の3乗で割ったもの。尖度は平均値周りの4次のモーメントを標準偏差の4乗で割ったもの。

04:13:58
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※市場の効率性が高すぎるとファンダメンタルが常に市場価格に織り込まれる。低すぎるとファンダメンタルが市場価格に反映されずどちらもアクティブ運用で超過収益をあげる余地がないため「市場はほどほどに効率的」が望ましい

01:13:48

2017年05月13日(土)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【PBR(倍)】株価純資産倍率。株価÷一株あたり純資産額(BPS。純資産÷株式数)。一般にPBRが1倍であるとき、株価が解散価値と等しいとされ、それ以下だと割安株として扱われる。

22:14:06
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【MMの修正第一命題】法人税が存在するとき、負債利用による節税効果のため、財務レバレッジ(負債比率)が高まるほど節税効果ぶんだけ企業価値が上昇する。VL=VU+(DL×t)

19:14:07
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【マクロファクターモデル】複数ファクターモデル。経済変数(GDP成長率、物価上昇率等)をファクターとする。

16:14:04
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【通貨スワップ】異通貨による将来のキャッシュフローの等価交換。元本の移動を伴う。

13:14:04
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【ダイナミックヘッジ①】オプションのポジションを保有している際にそのオプションのリスクをヘッジするためにデリバティブ対象原資産(先物)を購入または売却するヘッジ(デルタヘッジ)を随時行っていくヘッジ方法のこと

10:14:01
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【トップダウン・アプローチ】アクティブ運用の手法の一つ。マクロ経済の現況や動向について分析し、将来のシナリオを策定する手法。このシナリオに基づき、業種などのセクターごとにウェイトづけをおこない組み入れる銘柄を選定する。

07:14:04
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【テイラー・ルール】均衡実質金利、物価、経済活動を考慮して設定すべき政策金利の水準を決定する金融政策ルール。

04:13:51
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※外貨建て財務諸表の場合、資産・負債は決算日レート(CR)、資本は取得時レート(HR)で換算する。収益・費用は原則として期中平均レート(AR)、例外として決算時レート。

01:13:45

2017年05月12日(金)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【ベンチャー・キャピタル】潜在成長性の高いベンチャー企業などに資金提供などで経営支援し、企業価値を高めて高いリターンを狙う手法。企業が新たに発行した株式へ投資する

22:14:08
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【株式ロング・ショート】ヘッジファンドの投資スタイルのひとつ。株式のロングポジション(買い持ち)とショートポジション(空売り)を組み合わせた取引を行うこと。ロングとショートの全体の金額を等しくすることでポートフォリオ全体のベータはゼロに近づく

19:14:08
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【デルタヘッジ③】日経平均11,000円のプットオプション10単位を持っている場合、これをヘッジするためにはプットオプションのデルタ×10単位の日経平均先物を買い建てすればよい。この買い建て単位は、オプションの保有枚数より少なくなる(デルタは0~1の間の数値をとるため)。

16:13:59
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【ブレイク・イーブン・インフレ率】名目債の複利最終利回り(名目利回り)から、同年限のインフレリンク債(実質利回り)を差し引い利率。名目利回り―実質利回り。

13:13:59
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【トップダウン・アプローチ】アクティブ運用の手法の一つ。マクロ経済の現況や動向について分析し、将来のシナリオを策定する手法。このシナリオに基づき、業種などのセクターごとにウェイトづけをおこない組み入れる銘柄を選定する。

10:13:59
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【レバードベータ】負債を持つ企業のβ。βL=βU+βU×(D/E)×(1-T)]。アンレバードベータは負債を持たない企業のβ。βU=βL/[1+(1-T)×(D/E)]

07:14:05
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【貨幣の利子弾力性が大】LM水平。財政政策効果大。金融政策効果小(流動性の罠に陥るため)

04:13:49
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【マネーストック】2008年以前はマネーサプライと呼ばれた。金融部門から経済全体に供給されている通貨の総称で現金通貨Cと銀行預金Dの合計である。M=C+D

01:13:44

2017年05月11日(木)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【モラルハザード】取引の契約後において、売り手と買い手のどちらかが裏切ることにより、契約前に想定していた状況が通用しなくなること。

22:14:01
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※株式運用の超過リターンは、市場リスクをとることのみで獲得できるとするのがCAPM。市場以外にサイズ、バリューファクターのリスク要因もとることでリターンが獲得できるとするのがファーマフレンチの主張

19:14:05
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【ブレイク・イーブン・インフレ率】名目債の複利最終利回り(名目利回り)から、同年限のインフレリンク債(実質利回り)を差し引い利率。名目利回り―実質利回り。

16:13:59
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※EVA算出時における投下資本は「”前年度の”投下資本―減価償却費+正味運転資本増加額」で計算できる。

13:13:58
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※市場の効率性が高すぎるとファンダメンタルが常に市場価格に織り込まれる。低すぎるとファンダメンタルが市場価格に反映されずどちらもアクティブ運用で超過収益をあげる余地がないため「市場はほどほどに効率的」が望ましい

10:13:58
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【アノマリー】効率的市場仮説の成立を疑わせる原因。モメンタム(リターンの系列相関がプラスになる現象)、リターン・リバーサル(リターンの系列相関がマイナスになる現象)

07:14:04
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【スクリーニング】情報劣位にある側が、工夫して情報を収集し、ふるいにかけること。

04:13:48
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【ROE】自己資本純利益率。当期純利益÷自己資本

01:13:43

2017年05月10日(水)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※年率から月率に直すとき、期待値については12で割る。標準偏差については√12で割る。

22:14:04
1 2 3 4
このページをシェアする