CMA_level2_bot

CMA_level2_bot@CMA_level2_bot

47,744 ツイート 1 フォロー 261 フォロワー

証券アナリスト試験二次レベル対策向けに作成した自習用のBOTです。記載内容は間違っている可能性がありますのでその点ご了承のうえフォローください。ご指摘事項があればいただけると助かります。

【財務リスク】負債の利用によって株主が負担するリスク

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2016年12月16日(金)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【財務リスク】負債の利用によって株主が負担するリスク。総資本のうち負債の割合が増えてくると、利益の変動幅の増大や資本コストの上昇、資金調達の困難化などさまざまな問題を引き起こす確率が高まることをいう。財務リスクを示す指標としては負債比率、株主資本比率などがある。

19:11:40
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【MVA】市場付加価値。企業の市場価値(有利子負債および株式時価総額)から企業に対して提供された投下資本(有利子負債および自己資本の簿価)を差し引いた額。MVA=企業の市場価値-投下資本。企業の市場価値=MVA+投下資本。

16:11:15
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【貨幣の利子弾力性が大】LM水平。財政政策効果大。金融政策効果小(流動性の罠に陥るため)

13:11:30
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【VaR】バリューアットリスク。一定期間に一定確率で発生する最大損失想定額。金額ベースである。

10:11:17
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【リサイクリング】過年度までにその他包括利益としていったん認識された損益が実現したタイミングで、当期純利益に振り替える処理。

07:11:28
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※のれんの償却は、日本基準の場合20年以内に定額法やその他合理的な方法により償却する。IFRSの場合、のれんの償却は行わず、毎期に減損テストの対象となる。

04:11:17
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【ファンダメンタルファクターモデル】複数ファクターモデル。企業規模や企業価値のような個別企業の属性をファクターとする。

01:11:18

2016年12月15日(木)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【PBR(倍)】株価純資産倍率。株価÷一株あたり純資産額(BPS。純資産÷株式数)。一般にPBRが1倍であるとき、株価が解散価値と等しいとされ、それ以下だと割安株として扱われる。

22:11:36
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【ベータの推定】事業や子会社の自己資本コストを推定するにはそれらと類似した事業を行なっている上場企業のβを資本構成で修正したβを用いる。

19:11:45
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【MMの第一命題】法人税が存在しない完全資本市場では、企業価値はその資本構成に依存しない。Unlevered firm(自己資本100%の企業)=Levered firm(負債を利用している企業)。VU=VL

16:11:32
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【全面時価評価法】子会社の資産及び負債の全てを支配獲得日の時価によって評価する方法。※2010年4月よりこの評価法を採用しなければならない

13:11:36
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※自己資本比率が上昇し、財務レバレッジが低下するとβ値は低下する

10:11:24
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※プットのデルタ=コールのデルタ―1

07:11:28
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※金利スワップ取引のスワップレートは次の式で計算できる。1-スワップ満期の割引係数=固定スワップ金利×スワップ満期までの割引係数の合計

04:11:14
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【インフレーション・ターゲッティング】中央銀行が最終目標としての目標インフレ率とその達成時期を設定し、それを明示して金融政策を実施することをいう。問題点として目標インフレ率をどうやって設定するのか(完全な物価指数が存在しない)や、物価指数のみで金融政策を行う危険、などがある

01:11:17

2016年12月14日(水)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【MMの修正第二命題】負債比率を増すことで財務リスクが高まり、株主はこのリスクに対するプレミアムを追加的に要求するため株主の要求収益率は負債比率に比例して上昇する。負債比率の上昇に伴いWACCは節税効果の分だけ低下する。

22:11:33
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※CAPMにおいてマーケットプレミアムまたは市場のリスクプレミアムとは、市場の期待リターンとリスクフリーレートの差をいう。

19:11:42
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※転換社債が社債より低い利回りで発行できる理由は、転換価格より株価が高くなったときに社債を株式転換することでキャピタルゲインを得るオプション(甘味剤)がある。普通社債にはないので多少利回りが低くとも投資家は転換社債を購入する

16:11:24
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【金利スワップ】同一通貨で(約定時点で現在価値の等しい)将来のキャッシュフローを交換する取引。基本的に元本の移動なし。想定元本と呼ばれるキャッシュフロー計算用の元本が使われる。

13:11:53
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※ファンドの規模が拡大すると組入銘柄が増加し、リスクとリターンの特性がTOPIXと同程度になっていく。

10:11:29
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※企業価値とは株式価値と負債価値の合計で表される

07:11:32
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※転換社債が社債より低い利回りで発行できる理由は、転換価格より株価が高くなったときに社債を株式転換することでキャピタルゲインを得るオプション(甘味剤)がある。普通社債にはないので多少利回りが低くとも投資家は転換社債を購入する

04:11:02
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【MMの第一命題】法人税が存在しない完全資本市場では、企業価値はその資本構成に依存しない。Unlevered firm(自己資本100%の企業)=Levered firm(負債を利用している企業)。VU=VL

01:11:15

2016年12月13日(火)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【自己資本比率】自己資本÷総資本。高いと財務レバレッジ小。リスク小。

22:11:17
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【投下資本利益率】NOPAT÷投下資本

19:11:44
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【レバードベータ】負債を持つ企業のβ。βL=βU+βU×(D/E)×(1-T)]。アンレバードベータは負債を持たない企業のβ。βU=βL/[1+(1-T)×(D/E)]

16:11:21
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【残余利益】当期純利益-株主要求収益率×期首自己資本簿価

13:11:40
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※株主と経営者の間のエージェンシーコストを低下させるには、負債比率を上げることが有効である。それにより経営者の持ち株比率が相対的に上昇し、株主と経営者の利害が一致するようになる。また、債務不履行や倒産を恐れ、経営者による無駄な投資や浪費が抑えられる

10:11:20
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【デルタヘッジ③】日経平均11,000円のプットオプション10単位を持っている場合、これをヘッジするためにはプットオプションのデルタ×10単位の日経平均先物を買い建てすればよい。この買い建て単位は、オプションの保有枚数より少なくなる(デルタは0~1の間の数値をとるため)。

07:11:38
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【ファーマ=フレンチの3ファクターモデル】CAPMでは説明できないことを補足するモデル。①マーケットファクター(株式マーケットポートフォリオのリターンとRFとの差)②サイズファクター(小型株-大型株のリターン差)③バリューファクター(バリュー株とグロース株のリターン差)

04:11:08
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※金利変動が小さいと予想される場合、利回りの高いブレット型が有利。金利変動が大きいと予想される場合、コンベクシティの大きいバーベル型が有利。ただし債券価格が下がるのでスティープ化が予想される場合はそれに強いブレット型。フラットニングが予想される場合はバーベルが有利である

01:11:04

2016年12月12日(月)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【ホーム・バイアス】自国バイアス。国際分散投資を前提としていながら、投資家が自国資産に大きく偏ったポートフォリオを保有しがちな現象。明確な理由はないが、情報の内外格差、為替リスク、インフレヘッジ行動ファイナンス的要因などが考えられる

22:11:24
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【サンクコスト】埋没費用。既に支出してしまい、回収不可能な費用のこと。市場調査に支払った費用やテストマーケティング費用などがある。機会費用と異なり、投資決定の際のキャッシュフローとして考慮しない

19:11:23
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【株式ロング・ショート】ヘッジファンドの投資スタイルのひとつ。株式のロングポジション(買い持ち)とショートポジション(空売り)を組み合わせた取引を行うこと。ロングとショートの全体の金額を等しくすることでポートフォリオ全体のベータはゼロに近づく

16:11:26
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※EVAは企業全体だけでなく個別プロジェクトについても計算できる。NPVは投資プロジェクトが生む価値を表すのに対し、EVAは投資プロジェクトが毎年生む価値を表す。EVAの現在価値はNPVと等しい。

13:11:34
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※EVA算出時における投下資本は「”前年度の”投下資本―減価償却費+正味運転資本増加額」で計算できる。

10:11:21
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【インフレリンク債】発行体や投資家に対する物価変動の影響を回避することを意図した債券。物価指数に連動するインデックス債。我が国の物価連動国債は元金インデックス債型で、元金額がインフレに連動して増減しそれに合わせて毎回の支払利息も調整される。

07:11:45
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【時間軸政策(コミットメント)】中央銀行将来にわたる金融政策運営の方向性を現時点でアナウンスし、約束する政策のこと。

04:11:11
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※企業規模に関して中立とは、ベンチマークと同じ特性を持つようにすること。エクスポージャーをベンチマークと等しくすることで実現可能

01:11:15

2016年12月11日(日)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※企業は安定的な事業投資を行うため、金融資産を保有するなどの財務的な余裕を持つ方が良い。しかし多額になりすぎると無駄な投資を行って効率的な経営が妨げられるエージェンシー問題が発生する可能性がある。

22:11:31
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【通貨スワップ】異通貨による将来のキャッシュフローの等価交換。元本の移動を伴う。

19:11:29
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【標準誤差】アルファやベータなどのパラメータに対する推定量の標準偏差をいう。この値が小さいほどパラメータの推定の精度が高いと言える。

16:11:25
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【投下資本利益率】NOPAT÷投下資本

13:11:40
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※内部留保はその企業の新規設備投資に生かされ、その投資が合理的であれば売上高と同時に利益を増大させる。これが配当の増額、すなわち成長をもたらし、株価を上昇させる。

10:11:20
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※金利が上がると債券価格は下がるため、デュレーションは小さくする。金利が下がると債券価格は上がるため、デュレーションは大きくする。

07:11:20
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※プロジェクトの価値を正味現在価値で計算した場合、割引率が高いと将来のキャッシュフローがより大きく割り引かれるため、より短期間で資金回収できるプロジェクトの方がNPV的に価値が高く算出される。逆に割引率が低いとより長期間の投資プロジェクトのほうがNPVが高くなる。

04:11:19
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【デットエクイティレシオ(%)】有利子負債÷自己資本×100 ※分子に純有利子負債(有利子負債―現金及び現金同等物)を使うこともある

01:11:09

2016年12月10日(土)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【ボトムアップ・アプローチ】アクティブ運用の手法の一つ。個別企業の財務・経営状態を分析し株式のファンダメンタルバリューを算定し、割安な銘柄をポートフォリオに組み込む方法。問題点として、特定業種やセクターに偏在する傾向がある。

22:11:32
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※景気の見方がわかれてくると、金利のインプライド・ボラティリティは大きくなり、短長期の金利下落、中期金利上昇し、曲率が上がる。この時はブレットの売りとバーベルの買いという戦略をとるとよい

19:11:29
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※プットオプションは権利行使価格で原資産を売却する権利。原資産価格が上昇するとプットオプションの価値は低下し、原資産価格が低下すると価値が上昇する。デルタは-1と0の間。インザマネーになるほど-1、アウトオブザマネーになるほど0に近づく。アットザマネーで-0.5近傍の値をとる

16:11:19
このページをシェアする