CMA_level2_bot

CMA_level2_bot@CMA_level2_bot

47,419 ツイート 1 フォロー 260 フォロワー

証券アナリスト試験二次レベル対策向けに作成した自習用のBOTです。記載内容は間違っている可能性がありますのでその点ご了承のうえフォローください。ご指摘事項があればいただけると助かります。

【PVGO】成長機会の現在価値Present

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2016年12月23日(金)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【PVGO】成長機会の現在価値(Present Value of Growth Opportunities)。企業が利益を配当せずに内部留保すると成長が見込めるが、その株式価値の増大分をPVGOとよぶ。PVGOがプラスの場合は内部留保したほうが得と解釈できる

13:41:04
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【インプリメンテーション・ショートフォール法】IS法。取引コストにおける代表的手法。取引コストを次の4つに分解する。①タイミングコスト②スプレッドコスト③マーケット・インパクト④機会コスト

10:41:17
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【グローバル・マクロ】ヘッジファンドの投資スタイルのひとつ。マクロ的状況の分析に基づき、通貨相場や株価指数が然るべき水準からかけ離れた状態を探し、それが然るべき水準に戻ることを期待して大きなポジションを取る運用スタイル

07:41:04
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※固定費の割合が低いと損益分岐点も低い。利益は安定的だが、利益の増加率は低くなる。このため株価の上昇率も小さくなる。

04:41:12
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【コミットメント】展開型ゲームにおいて、相手が自分にとって望ましい選択をするように、先手となるプレーヤーが自分の行動をあらかじめ宣言すること

01:41:00

2016年12月22日(木)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【無担保・翌日物コールレート】金融機関どうしの日単位の取引金利。日銀の金融市場調節のターゲット金利となっている

22:41:17
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※リアル・オプションの例として①プロジェクト実施のタイミングを遅らせる延期オプション。②生産物や原材料、生産方法を切り替えるオプション。③事業の拡大、縮小、一時休業、撤退等のオプションなどがある

19:41:08
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※フォーワード(為替先渡)のメリットは、流動性が高いことによる柔軟なヘッジが可能であること、低コストがある。デメリットとして、原資産価格の変化に伴ってデルタも変化するためポジションの調整が必要。大幅な価格変化にポジション調整が追いつかず損益を悪化させることがある。

16:41:11
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※信用リスクモデルは大別すると、構造化モデルと誘導型モデルがある。構造型モデルではオプション理論を用いて社債を評価する。

13:41:06
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※市場の効率性が高すぎるとファンダメンタルが常に市場価格に織り込まれる。低すぎるとファンダメンタルが市場価格に反映されずどちらもアクティブ運用で超過収益をあげる余地がないため「市場はほどほどに効率的」が望ましい

10:41:17
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【通貨スワップ】異通貨による将来のキャッシュフローの等価交換。元本の移動を伴う。

04:41:12
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※外貨建て財務諸表の場合、資産・負債は決算日レート(CR)、資本は取得時レート(HR)で換算する。収益・費用は原則として期中平均レート(AR)、例外として決算時レート。

01:41:03

2016年12月21日(水)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【ダイナミックヘッジ①】オプションのポジションを保有している際にそのオプションのリスクをヘッジするためにデリバティブ対象原資産(先物)を購入または売却するヘッジ(デルタヘッジ)を随時行っていくヘッジ方法のこと

22:41:34
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※繰延税金資産は「前払税金」であるため税金負担を軽減させる効果を持つ。

19:41:13
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【マネジメントバイアウト】MBO。M&Aの手法の一つで、経営者や会社幹部などが個人で所属している企業や一事業部門を買収して独立することをいう。メリットとして、現存の経営陣が大株主になることで、これまでの経営方針や雇用も継続されることがあげられる。

16:41:27
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※企業価値とは株式価値と負債価値の合計で表される

13:41:15
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※当期純利益がプラスであっても投資家の要求収益率をうわまらないと株式価値は上がらない。

10:41:48

2016年12月20日(火)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【ROE】自己資本純利益率。当期純利益÷自己資本

22:11:28
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【自己資本比率】自己資本÷総資本。高いと財務レバレッジ小。リスク小。

19:11:26
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【ボトムアップ・アプローチ】アクティブ運用の手法の一つ。個別企業の財務・経営状態を分析し株式のファンダメンタルバリューを算定し、割安な銘柄をポートフォリオに組み込む方法。問題点として、特定業種やセクターに偏在する傾向がある。

16:11:11
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※金利スワップ取引のスワップレートは次の式で計算できる。1-スワップ満期の割引係数=固定スワップ金利×スワップ満期までの割引係数の合計

13:11:18
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【CAPM】資本資産評価モデル。r=rf+β(rM-rf)

10:11:11
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【EVAによる企業価値評価】投下資本(短期借入金+固定負債+自己資本)+MVA(将来のEVAの期待値の現在価値)。

07:11:23
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【サンクコスト】埋没費用。既に支出してしまい、回収不可能な費用のこと。市場調査に支払った費用やテストマーケティング費用などがある。機会費用と異なり、投資決定の際のキャッシュフローとして考慮しない

04:10:58
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※のれんの償却は、日本基準の場合20年以内に定額法やその他合理的な方法により償却する。IFRSの場合、のれんの償却は行わず、毎期に減損テストの対象となる。

01:11:00

2016年12月19日(月)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【負債の資本コスト】社債利回りと同じと考える。リスクフリーレート(国債利回り)+社債と国債のスプレッド

22:11:18
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※リターンの分布における歪度とは、平均値周りの3次のモーメントを標準偏差の3乗で割ったもの。尖度は平均値周りの4次のモーメントを標準偏差の4乗で割ったもの。

19:11:25
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【資本コスト】投資家が期待する最低限の要求収益率。企業にとっては必要利益率である。資本コスト=リスクフリーレート+リスクプレミアム

16:11:09
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【債券アービトラージ】ヘッジファンドの投資スタイルのひとつ。国債、金利スワップなどの各種債券、金利商品について市場の歪みを探し、割安なものを購入すると同時に、相対的に割高な商品を使ってヘッジしながら割高・割安の解消によって利益を得る

13:11:31
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【VaR】バリューアットリスク。一定期間に一定確率で発生する最大損失想定額。金額ベースである。

10:11:13
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【PVGO】成長機会の現在価値(Present Value of Growth Opportunities)。企業が利益を配当せずに内部留保すると成長が見込めるが、その株式価値の増大分をPVGOとよぶ。PVGOがプラスの場合は内部留保したほうが得と解釈できる

07:11:29
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※企業が新事業に投資するとき、その事業のNPVがプラスであれば企業価値を増加させ株価は上昇する。NPVがプラスということは、その事業の収益率が投資家の要求収益率(資本コスト)を上回るということである。

04:10:57
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【ボトムアップ・アプローチ】アクティブ運用の手法の一つ。個別企業の財務・経営状態を分析し株式のファンダメンタルバリューを算定し、割安な銘柄をポートフォリオに組み込む方法。問題点として、特定業種やセクターに偏在する傾向がある。

01:11:07

2016年12月18日(日)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【EVAと残余利益の違い】ともに利益から資本コスト金額を引いて計算されるが、誰を資本提供者と考えるかという点が異なる。EVAは株主と債権者を合わせて資金提供者としており、残余利益は株主のみとしている。

22:11:17
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【標準誤差】アルファやベータなどのパラメータに対する推定量の標準偏差をいう。この値が小さいほどパラメータの推定の精度が高いと言える。

19:11:18
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【EVAによる企業価値評価】投下資本(短期借入金+固定負債+自己資本)+MVA(将来のEVAの期待値の現在価値)。

16:11:08
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※シナジー効果の源泉には、規模の経済、垂直統合の経済、相手の欠点の補完などがある。

13:11:16
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【ボトムアップ・アプローチ】アクティブ運用の手法の一つ。個別企業の財務・経営状態を分析し株式のファンダメンタルバリューを算定し、割安な銘柄をポートフォリオに組み込む方法。問題点として、特定業種やセクターに偏在する傾向がある。

10:11:18
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※転換社債が社債より低い利回りで発行できる理由は、転換価格より株価が高くなったときに社債を株式転換することでキャピタルゲインを得るオプション(甘味剤)がある。普通社債にはないので多少利回りが低くとも投資家は転換社債を購入する

07:11:34
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※信用リスクモデルは大別すると、構造化モデルと誘導型モデルがある。構造型モデルではオプション理論を用いて社債を評価する。

04:11:02
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【国際フィッシャー関係】2国間の名目金利の格差は、実質金利の格差と期待インフレ率格差で表される

01:11:18

2016年12月17日(土)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【為替オーバーレイ】外貨建て資産の為替部分だけを切り離し、専門の運用会社に委託し一元管理する方法。

22:11:11
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※金利が上がると債券価格は下がるため、デュレーションは小さくする。金利が下がると債券価格は上がるため、デュレーションは大きくする。

19:11:18
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※外貨建て財務諸表の場合、資産・負債は決算日レート(CR)、資本は取得時レート(HR)で換算する。収益・費用は原則として期中平均レート(AR)、例外として決算時レート。

16:11:14
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【インプリメンテーション・ショートフォール法】IS法。取引コストにおける代表的手法。取引コストを次の4つに分解する。①タイミングコスト②スプレッドコスト③マーケット・インパクト④機会コスト

13:11:23
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【ダイナミックヘッジ②】デルタは時間の経過とともに変化するため適正なヘッジのための原資産売買数量は逐次変化する。この変化に対応して先物を使ってヘッジ資産(原資産)のポジションを調整していくことをダイナミックヘッジと呼ぶ

10:11:11
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【カバー付き金利パリティ】為替レートの直物と先物の差は2国間名目金利に等しい

07:11:27
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※行動ファイナンスは、非合理的な投資家の存在(行動バイアス)と、裁定取引の限界の2つにその基礎をおき、市場は 非効率的であるとする説である。

04:10:56
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※外貨建て財務諸表の場合、資産・負債は決算日レート(CR)、資本は取得時レート(HR)で換算する。収益・費用は原則として期中平均レート(AR)、例外として決算時レート。

01:11:06

2016年12月16日(金)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※自己資本比率が上昇し、財務レバレッジが低下するとβ値は低下する

22:11:25