CMA_level2_bot

CMA_level2_bot@CMA_level2_bot

48,735 ツイート 1 フォロー 272 フォロワー

証券アナリスト試験二次レベル対策向けに作成した自習用のBOTです。記載内容は間違っている可能性がありますのでその点ご了承のうえフォローください。ご指摘事項があればいただけると助かります。

※金利が上がると債券価格は下がるため

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2016年12月29日(木)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※金利が上がると債券価格は下がるため、デュレーションは小さくする。金利が下がると債券価格は上がるため、デュレーションは大きくする。

19:41:05
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【全面時価評価法】子会社の資産及び負債の全てを支配獲得日の時価によって評価する方法。※2010年4月よりこの評価法を採用しなければならない

16:41:13
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※負債を利用して自社株買いを行うと、増えた負債ぶんの節税効果がもたらされ、企業価値(株価)は上昇する。

13:41:17
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※回帰係数(アルファやベータ)の仮説検定における検定統計量はt統計量は t=(推定値-仮説値)÷標準誤差 で計算する。

10:41:14
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【デュレーション・マッチング(イミュニゼーション)】債券パッシブ戦略のひとつ。年金債務のデュレーションと債券ポートフォリオのデュレーションを一致させ、サープラスを金利の変化から免疫化(安定化)させる戦略。通常、負債と資産の金額デュレーションを一致させる。

07:41:03
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※年率から月率に直すとき、期待値については12で割る。標準偏差については√12で割る。

04:41:13
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※効率的な市場とは、すべての証券の市場価格が常にその投資価値に等しい市場であるという

01:41:00

2016年12月28日(水)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【貨幣乗数】マネーストック÷マネタリーベース。m=M/H

22:41:16
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※ブレイクイーブンインフレ率は通常の国債と物価連動国債との利回りの差(国債の利回り - 物価連動国債の利回り)。市場が期待しているインフレ率を表す。この値がプラスならインフレ、マイナスならデフレを市場が期待している

19:41:07
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※有価証券の分類において、その他有価証券は会計上は時価評価、税務上は原価で評価されるため税効果会計を適用する必要がある。評価損は繰延税金資産、評価益は繰延税金負債。

16:41:09
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【資本コスト】投資家が期待する最低限の要求収益率。企業にとっては必要利益率である。資本コスト=リスクフリーレート+リスクプレミアム

13:41:06
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【デルタヘッジ③】日経平均11,000円のプットオプション10単位を持っている場合、これをヘッジするためにはプットオプションのデルタ×10単位の日経平均先物を買い建てすればよい。この買い建て単位は、オプションの保有枚数より少なくなる(デルタは0~1の間の数値をとるため)。

10:41:18
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【VaR】バリューアットリスク。一定期間に一定確率で発生する最大損失想定額。金額ベースである。

07:41:04
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【EVAと残余利益の違い】ともに利益から資本コスト金額を引いて計算されるが、誰を資本提供者と考えるかという点が異なる。EVAは株主と債権者を合わせて資金提供者としており、残余利益は株主のみとしている。

04:41:13
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【時間軸政策(コミットメント)】中央銀行将来にわたる金融政策運営の方向性を現時点でアナウンスし、約束する政策のこと。

01:40:59

2016年12月27日(火)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【無担保・翌日物コールレート】金融機関どうしの日単位の取引金利。日銀の金融市場調節のターゲット金利となっている

22:41:33
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【EVAによる企業価値評価】投下資本(短期借入金+固定負債+自己資本)+MVA(将来のEVAの期待値の現在価値)。

19:41:05
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※回帰係数(アルファやベータ)の仮説検定における検定統計量はt統計量は t=(推定値-仮説値)÷標準誤差 で計算する。

16:41:13
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【デットエクイティレシオ(%)】有利子負債÷自己資本×100 ※分子に純有利子負債(有利子負債―現金及び現金同等物)を使うこともある

13:41:05
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※バリュー株は一般にPBRが低い企業だが、株価が上昇した場合、バリュー株からグロース株へスタイルが変化することもあるため、リバランスが必要になる。

10:41:18
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【EVAによる企業価値評価】投下資本(短期借入金+固定負債+自己資本)+MVA(将来のEVAの期待値の現在価値)。

07:41:02
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※債券のバーベル型運用とブレット型運用どちらが有利かについて、一般的にはブレット型のほうが利回りが高いため、イールドカーブが変化しない場合はブレット型のほうが有利。逆に大きく変化する場合はコンベクシティの大きいバーベル型が有利と考えられる。

04:41:10
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【トップダウン・アプローチ】アクティブ運用の手法の一つ。マクロ経済の現況や動向について分析し、将来のシナリオを策定する手法。このシナリオに基づき、業種などのセクターごとにウェイトづけをおこない組み入れる銘柄を選定する。

01:41:01

2016年12月26日(月)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【CAPM】資本資産評価モデル。r=rf+β(rM-rf)

22:41:17
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【逆選択】取引の契約前において、売り手と買い手の間で情報に格差があることため、高品質の財より低品質の財が多く市場に出回ること。

19:41:04
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【PBR(倍)】株価純資産倍率。株価÷一株あたり純資産額(BPS。純資産÷株式数)。一般にPBRが1倍であるとき、株価が解散価値と等しいとされ、それ以下だと割安株として扱われる。

16:41:14
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※フォーワード(為替先渡)のメリットは、流動性が高いことによる柔軟なヘッジが可能であること、低コストがある。デメリットとして、原資産価格の変化に伴ってデルタも変化するためポジションの調整が必要。大幅な価格変化にポジション調整が追いつかず損益を悪化させることがある。

13:41:05
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【インフレーション・ターゲッティング】中央銀行が最終目標としての目標インフレ率とその達成時期を設定し、それを明示して金融政策を実施することをいう。問題点として目標インフレ率をどうやって設定するのか(完全な物価指数が存在しない)や、物価指数のみで金融政策を行う危険、などがある

10:41:17
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※自己資本比率が高い企業は財務レバレッジが低い状態なので、景気が良くなると純利益の増加率は低くなる。このため株価の上昇も低くなる。

07:41:02
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【正味現在価値】NPV。投資決定の手法。投資プロジェクトや事業が生み出す将来キャッシュフローをそのリスクに見合った適当な割引率で割り引いた現在価値から、投資額の現在価値を差し引いたもの。正なら投資、0以下なら辞退。

04:41:11
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※年率から月率に直すとき、期待値については12で割る。標準偏差については√12で割る。

01:41:09

2016年12月25日(日)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【バイアウト】成長過程にあったり、停滞した企業の全体、または部門を買収し、経営陣をバックアップしながら買収企業の企業価値を高めて高いリターンを狙う手法。既発行株式を既存株主から買い取る形で投資する

22:41:18
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※企業規模に関して中立とは、ベンチマークと同じ特性を持つようにすること。エクスポージャーをベンチマークと等しくすることで実現可能

19:41:04
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【スクリーニング】情報劣位にある側が、工夫して情報を収集し、ふるいにかけること。

16:41:15
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【コングロマリット・ディスカウント】M&Aにおいて多角化を目的とした場合、往々にして株価は低下するという説。シナジー効果はマイナス。

13:41:06
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【ホーム・バイアス】自国バイアス。国際分散投資を前提としていながら、投資家が自国資産に大きく偏ったポートフォリオを保有しがちな現象。明確な理由はないが、情報の内外格差、為替リスク、インフレヘッジ行動ファイナンス的要因などが考えられる

10:41:17
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※リアル・オプションの例として①プロジェクト実施のタイミングを遅らせる延期オプション。②生産物や原材料、生産方法を切り替えるオプション。③事業の拡大、縮小、一時休業、撤退等のオプションなどがある

07:41:03
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※負債利用のメリットは、負債利子は損金に算入され法人税が課税されないことによる節税効果があることだが、法人税率が下がると節税効果が小さくなる。負債利用のデメリットは倒産コストがあること。

04:41:12
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【財務諸表分析におけるフリーキャッシュフロー】営業CF+投資CF+利息の支払い×(1-T)※企業価値としては利息の支払いを控除するべきではないため

01:41:02

2016年12月24日(土)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※バリュー株は一般にPBR(株価純資産倍率)で定義されるが、これには株価自体が含まれており、首尾よく組み入れたバリュー株が大きく上昇した場合、もはやバリュー株ではなくなることもあるためリバランスをする必要がある

22:41:20
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※企業価値とは株式価値と負債価値の合計で表される

19:41:05
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※有意確立(p値)とは、帰無仮説の分布の下で検定統計量の計算値よりも裾側の確率をいう

16:41:12
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【ダイナミックヘッジ①】オプションのポジションを保有している際にそのオプションのリスクをヘッジするためにデリバティブ対象原資産(先物)を購入または売却するヘッジ(デルタヘッジ)を随時行っていくヘッジ方法のこと

13:41:07
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【バイアウト】成長過程にあったり、停滞した企業の全体、または部門を買収し、経営陣をバックアップしながら買収企業の企業価値を高めて高いリターンを狙う手法。既発行株式を既存株主から買い取る形で投資する

10:41:21
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【モラルハザード】取引の契約後において、売り手と買い手のどちらかが裏切ることにより、契約前に想定していた状況が通用しなくなること。

07:41:02
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【デルタヘッジ②】ある原資産のコールオプション10単位の買いを保有する場合、デルタが0.3の場合、0.3×10=3となる。この場合3単位の原資産の売りポジションを持つ事で、オプションの価格変動リスクをゼロにすることができる。

04:41:26
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※株式は企業価値を原資産、行使価格を社債額面、満期を社債の満期時点とするヨーロピアンタイプのコールオプションと見なすことができる

01:41:15

2016年12月23日(金)

CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

※市場の効率性が高すぎるとファンダメンタルが常に市場価格に織り込まれる。低すぎるとファンダメンタルが市場価格に反映されずどちらもアクティブ運用で超過収益をあげる余地がないため「市場はほどほどに効率的」が望ましい

22:41:26
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【標準誤差】アルファやベータなどのパラメータに対する推定量の標準偏差をいう。この値が小さいほどパラメータの推定の精度が高いと言える。

19:41:04
CMA_level2_bot

CMA_level2_bot @CMA_level2_bot

【マーケット・ニュートラル】ヘッジファンドの投資スタイルのひとつ。定量分析に基づき、割安と判断した資産のロング(買い持ち)と、割高と判断した資産のショート(売り持ち)を組み合わせた投資スタイル。株式ロング・ショートよりも厳密に中立化を図る

16:41:11
このページをシェアする

ツイート検索 @CMA_level2_bot

このページをツイートする