Cashmerenyanko

Cashmere nyanko@Cashmerenyanko

38,086 ツイート 0 フォロー 19 フォロワー

ⅱ公益上の理由による裁量的開示をしようとする場合

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年04月18日(火)

Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

ⅱ公益上の理由による裁量的開示をしようとする場合 は、必ず意見書の提出の機会を与えなければならない。これは、必要的意見聴取と称される。任意的意見聴取と必要的意見聴取とでは、通知の方法および内容の点で異なる取扱いがされている

08:16:57

2017年04月17日(月)

Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

第三者に意見書の提出の機会を与えるかどうかは、原則として、行政機関の裁量に委ねられるが、ⅰ人の生命、健康、生活または財産を保護するために公にすることが必要な情報を開示しようとする場合

23:46:53
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

当該第三者の意見を聴くことが適当な場合もあることから、行政機関の長は、当該第三者に対し、意見書の提出の機会を与えることができるとされている。これは、任意的意見聴取と称される。

23:16:56
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

開示請求に係る行政文書に第三者に関する情報が記録されている場合、行政機関の長は、個人識別情報等の不開示情報に該当するかどうかを判断することになるが、その判断にあたっては、

22:46:58
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

裁量的開示が適切に行われたかどうかについては、裁量的開示は処分性がある以上不服申立が可能あであり、また、裁量権の逸脱または濫用にあたる場合には司法審査が可能である。

22:16:58
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

この規定による裁量的開示は、不開示情報とすることで保護される利益と開示による公益とを行政機関の長において比較して判断されることになるが、もとより、恣意的に裁量権を行使することは、認められない。

21:47:00
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

行政機関の長の判断により、不開示情報であっても開示決定をすることができるとされている。

21:16:52
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

不開示情報は、私人の権利利益や公益の保護を理由に開示対象とされない情報として位置づけられている。しかし、不開示情報とすることで保護しようとする権利利益や公益を上回る公益が存在する場合には

20:46:56
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

ただし、不開示情報や個人識別情報を除いた部分に有意の情報が記録されていないと認められるときは、当該部分についても開示する必要はない。

20:17:02
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

行政機関の長は、不開示情報が記録されている部分とその他の部分につき開示しなければならないこととされている。また、個人識別情報を除けば個人の権利利益が害されるおそれがないときも、同様とされている。

19:46:54
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

1つの行政文書であっても、そこにはさまざまな種類の情報が記録されていることが多くあり、したがって、開示情報と不開示情報とが混在している場合がある。政府の説明責任を全うする趣旨から、できる限り開示情報を開示することが求められるため、

19:16:51
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

非開示決定・行政文書を開示しない旨・行政文書を開示しない理由・非開示決定について不服申立ができる旨

18:46:52
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

通知内容 開示決定・行政文書を開示する旨・開示の実施方法・手数料の額・開示可能日、時間、場所・写しの送付等による開示の場合の準備日数

18:16:53
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

開示請求に係る行政文書が存在する場合には、行政機関の長は、これを情報公開・個人情報保護審査会に提出しなければならない。

17:46:51
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

これを「グローマー拒否」という。グローマー拒否に不服がある者は、行政不服審査法による不服申立が可能であり、情報公開・個人情報保護審査会による審理においてはインカメラ審理が認められているため、

17:16:52
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

非開示決定は、通常、理由を示して行うこととされているが、開示請求に係る行政文書の存否を明らかにするだけで、不開示情報を開示する結果となり、保護すべき権利利益が侵害されるおそれがあるような場合には、当該行政文書の存否を明らかにせずに、非開示決定をすることができる。

16:46:52
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

非開示決定をするときはその旨に加えて不開示決定とした理由および不服申立ができる旨の教示を、それぞれ書面で通知する。

16:16:54
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

行政機関の長は、開示請求者に対し、開示請求に係る行政文書に関しその全部または一部につき開示決定するときは開示する旨および開示の実施方法、手数料その他の必要事項を、

15:46:51
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

この場合、60日以内にすべて開示決定等ができない理由、残りの行政文書の開示決定等の期限等を書面で通知しなければならない。

15:16:49
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

さらに、開示請求に係る行政文書が著しく大量であるため事務の遂行に著しい支障が生ずるおそれがある場合には、60日以内に開示請求に係る行政文書の相当部分につき開示決定等をし、残りの行政文書については相当期間内に開示決定することが認められている。

14:46:51
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

行政機関の長は、開示請求日から原則として30日以内に、開示、部分開示または非開示の決定をしなければならない。事務処理上の困難その他正当な理由があるときは、延長後の期間および延長理由を書面で通知した上で、30日に限り期限の延長が認められる。

14:16:53
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

ただ、行政機関個人情報保護法により、本人情報の開示請求権が認められたため、現在では、情報公開法に基づく本人開示を認める必要性はなくなっている。

13:46:50
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

本人に対する情報開示の範囲、方法等について十分なシステムが確立されていないこと等の理由から、情報公開法では、本人開示は認められていない。

13:16:51
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

情報公開法上、個人識別情報であったとしても、本人から開示請求(本人開示)があった場合には、認められるだろうか?本人開示は、個人の権利利益の保護のための制度であり、個人情報保護法制の下で自己情報開示の問題として処理すべきであること、

12:46:50
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

ただし、①と同様に、人の生命、健康、生活または財産を保護するため公にすることが必要な情報については、不開示情報から除かれる。

12:16:54
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

②については、法人等の権利、競争上の地位または正当な利益を保護する観点から、原則として不開示であり、また、法人等から非公開とするとの条件で任意に提供された情報も含まれる。

11:46:51
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

ただし、ⅰ法令の規定または慣行により公にされている情報ⅱ人の生命、健康、生活または財産を保護するために公にすることが必要な情報ⅲ公務員等の職務遂行に係る情報のうち公務員等の職および職務遂行の内容に係る部分 については、不開示情報から除かれる。

11:16:49
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

ここにいう「個人」には、生存する個人だけに限られず、死亡した者も含むものと考えられている。

10:46:50
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

①については、個人情報保護の観点から、原則として不開示であり、また、個人識別情報ではないものの、開示されると個人の権利利益を害するおそれのある情報(例えば、カルテ)も含まれる。

10:16:51
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

⑤行政機関の内部・相互間の審議および検討に関する情報で、率直な意見交換や意思決定の中立性を害し、不当に国民を混乱させ、または特定の者に不当に利益・不利益を与える情報⑥行政機関の事務・事業の適正な遂行に支障を及ぼす情報 を意味する。

09:46:50
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

不開示情報とは①特定個人を識別できる情報(=個人識別情報)②法人等の正当な利益を害する情報③国の安全、諸外国や国際機関との信頼関係等を損なう情報④公共の安全と秩序の維持に支障を来たす情報

09:16:50
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

開示請求があった場合、不開示情報が記録されている場合を除き、行政文書を開示しなければならない。

08:46:50
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

形式上不備のある開示請求につき補正を求めるときは、参考となる情報の提供に努めることとされている。なお、開示請求に当たって、請求理由や行政文書の利用目的を問われることはない。

08:16:56

2017年04月16日(日)

Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

しかし、開示請求者にとって行政文書を特定することが困難なことも予想されるため、行政機関の長は、行政文書の特定に資する情報提供その他開示請求者の利便を考慮した適切な処置を講ずることとされているとともに、

23:46:51
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

「行政文書を特定するに足りる事項」とは、行政機関の職員の合理的判断において、開示請求に係る行政文書が個別具体的に特定できる程度の情報(行政文書の表題、作成年月日等)を意味する。

23:16:51
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

開示請求は、行政機関の長に開示請求書を提出することにより行う。開示請求書には、開示請求者の氏名、住所等および行政文書を特定するに足りる事項が記載される。

22:46:50
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

なお、この開示請求に関する権利は、一身専属的なものであると考えられることから、開示請求に対する処分に関し訴訟が提起された場合には、原告の死亡により訴訟は当然に終了することになる。

22:16:51
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

「何人」も、行政文書の開示請求をすることができることとされている(3条)。したがって、個人であるか法人(法人格のない団体を含む)であるか、日本人であるか外国人であるか、成人であるか未成年者であるかを問わず、開示請求をすることができる。

21:46:51
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

行政文書は、原則開示されるが、一定の情報に関する行政文書は、不開示となる。こうした開示請求等に関しては、情報公開法上、一連の手続が定められている。

21:16:51
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

・各開示方法に応じて必要な範囲内において利用が可能であり、その場合には、複製権、演奏権、口述権、上映権、頒布権等を侵害したことにはならないこと

20:46:50
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

②①以外の著作物については、・著作者名を表示するときや、個人識別情報を除いて部分開示をする場合において著作者名の表示を省略するときは、著作者に対し氏名表示権の規定の適用は認められないこと

20:16:53
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

・公益上特に必要のある場合および人の生命、身体、財産等を保護するため必要な場合においては、著作者に対し公表権の規定の適用は認められないこと

19:46:51
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

①著作物で未公表のものについては、・開示決定までの間に別段の意思表示をしない限り、著作者は、情報公開制度に従い行政機関の長が著作物を公衆に提供することにつき、同意をしたものとみなすこと

19:16:48
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

開示請求に係る行政文書が第三者の著作物である場合において、その著作者の承諾を得ずに当該行政文書を開示するときには、著作権法との定職(例えば、公表権、複製権等)が生ずるおそれがある。そこで、次のような整理がなされている。

18:46:49
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

したがって、国会や裁判所については、情報公開法の適用はない。また、独立行政法人や特殊法人等が保有する文書については、「独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律」に基づき、情報公開が実施されることになっている。

18:16:51
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

③省、委員会、庁④内閣府および宮内庁に置かれる施設等機関および特別の機関(警察庁)⑤省庁に置かれる施設等機関および特別の機関(検察庁)⑥会計検査院をいう。

17:46:49
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

ここにいう「行政機関」とは、①内閣に置かれる機関および内閣の所轄の下に置かれる機関(内閣官房、人事院等)②内閣府、宮内庁、内閣府の外局(公正取引委員会、国家公安委員会、金融庁)

17:16:49
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

①については、情報公開の対象としなくても、購入または図書館等での閲覧が可能であること、②は、貴重な資料の保存や学術研究への寄与等の観点から、別途定められる手続に委ねられるべきであることを理由とする。

16:46:48
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

ただし、①官報、白書、新聞、雑誌、書籍等の市販物②公文書館等で、歴史的・文化的な資料または学術研究資料として特別の管理がされているものは、対象外とされる。

16:16:53
Cashmerenyanko

Cashmere nyanko @Cashmerenyanko

さらに、紙ベースの文書だけでなく、図面や電磁的記録も対象となる。

15:46:49
このページをシェアする