EreEre_bot

エレエレbot@EreEre_bot

36,120 ツイート 175 フォロー 130 フォロワー

進.撃.の.巨.人、非公.式腐向けbot/エレン×エレンという特殊嗜好、特殊CPbot/金緑だったり緑金だったり/ちょこちょこ会話の中に調.査.兵.団のメンバーの名前が出てきますが会話はしません/お別れはブロリムご自由に/アイコン募集中

調.査.兵.団 

(눙_눙)人(눙_눙)<えれえれだぞ

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年10月22日(日)

EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

(눙_눙)人(눙_눙)<えれえれだぞ

16:04:09
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

(눙_눙)人(눙_눙)<時代はエレエレだよな?

15:34:11
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

(〃눙_눙(눙_눙〃)<エレエレがおやつを催促しています。3時です。

15:00:36
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「大変な事が起きた」「どうした?」「オレの服が女用にすり替えられてる」「やったのオレだけどな(それは大変だな)」「本音出てる」

14:04:10
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「これやるよ、食え」「…お前は腹減らねえの?」「お前の為ならなんだって」「…お前もいい加減、自分が幸せになることを考えろ」「…オレはお前が幸せならそれで十分だ」

13:34:15
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「ほら、お前が大嫌いなオレはもういなくなる」「…!」「オレは約束を破った、だから殺される」「…行くな、よ」「やっとオレから離れられるんだぞ?笑ってくれよ」

13:04:05
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「お前絶対ヘアピンとか似合うって」「んー?そうか?…おい何してんだ」「じゃーん。ほら似合う」

12:34:18
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

あぁ、あいつ。**の事が好きなんだ。ええ、そんな事知っていましたよ、知っていましたとも。「…はは、虚しいな」『あなたが違う人を見てるのは知っていた』

12:04:10
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

(〃눙_눙(눙_눙〃)<エレエレが正午をお知らせします

12:00:36
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「…離れろ」「うるさいな、お前は黙ってオレに愛されてりゃいいんだよ」

11:34:12
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「お前の指ほっそいよなー…」不意にこいつがそんな事を言った。「そうか?…つかお前もオレと同じ体だろ」「お前だからだよ」そう言ってこちらに近付き、手を重ねる。「ほら、お前の方が細い」

11:04:08
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「お前なんか、嫌いだ」「嘘」「嫌い、大嫌い、…っひ…」「あーあ、素直にならないから、ほら、見てみなよ。顔に傷付いちゃったじゃん」「…痛、い…」「じゃあ、言ってごらん。君が愛してるのは誰?」

10:34:18
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「兵長ごっこしようぜ」「いいぜ、何やるんだ?」「兵長のマネ」「ほう…悪くない(ドヤァ…)」「ぶっ、それすげえ似て、…おい後ろ」

09:34:11
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

あいつは自分の本当の表情、感情をいつも隠している感じがする。ずっと一緒にいるオレには分かる。「ねぇ、オレの前でだけは」(本当の顔を見せてよ)

09:04:04
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「オレ、やっぱりいなくていいのかもな」「何言ってんだよ、お前は必要だ、お前の代わりになる奴もいない」「オレの代わりはいなくたって、オレの代わりがいなくても困らない人間は世の中に沢山居るよ。……違う?」「…少なくともオレはお前が必要だ」

08:04:14
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「エレンの寝顔…す、少しだけ…少し…」

01:30:30

2017年10月21日(土)

EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「あ、エレン!オレと寝ようぜ!」「はいはい分かったよ…お前床な」「酷いな」

23:00:30
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「なぁ、何でこんな事するんだよ…!いい加減出してくれよ!」「だってお前は見てないとすぐ逃げるだろ?」「逃げねぇよ、逃げないから、だから…ッ」「ほら、そうやってオレから離れてくんだろ?」「ちが、」「まだそんなこと言うんだ。教育、し直してあげようか。」

22:34:21
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

(눙_눙)人(눙_눙)<時代はエレエレだよな?

21:34:11
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「…おい、いい加減起きろ。訓練に遅れちゃうだろ」「…んん」「…っつか、オレまで巻き添えにされてるし。おーい、起きろー」「んー、……もうちょっと、このまま」

20:34:21
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「これは『ホシ』っていうんだぜ」「へぇ…初めて知った」それはそうだろう、生きてきて夜に空を見たことなんてないんだから。「綺麗だな」「お前には及ばないだろ」「…ッ馬鹿」

20:04:10
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「はは、どうして逃げるんだよ、」「お前が怖いからだ…!」「何で?こんなに好きなのに?ああ、ねぇ、お前の腕折ってもいい?」

19:34:14
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

あいつが死んだ?そんな筈無い。信じない、認めない。単なる作り話、オレとあいつが恋人なのに嫉妬してそういう噂を流しただけだ。信じない。そう決めたのに、あいつの同期の顔やあいつの羽織っていたモノの欠片を見て全てを悟った。『さよなら、私の愛した人』

18:34:16
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「ん、____っぐ!は、お前、いきなり何だよッ……!」何をされたかというと、飴玉のような物を口に放られた…というより押し込まれた。「いやまたパンの時みたいに喘「喘いでねえよ??!!」

16:34:22
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

あいつは自分の本当の表情、感情をいつも隠している感じがする。ずっと一緒にいるオレには分かる。「ねぇ、オレの前でだけは」(本当の顔を見せてよ)

16:04:09
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「兵長ごっこしようぜ」「いいぜ、何やるんだ?」「兵長のマネ」「ほう…悪くない(ドヤァ…)」「ぶっ、それすげえ似て、…おい後ろ」

15:34:13
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「だから兵長は関係ないって」「じゃあなんで兵長とばっかり話すんだよ」「事務会話だよ!」「気に入らない。やだ」「しょうがないだろ」「次会話したらお仕置きな」「いやそれはちょっと」

15:04:03
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

(〃눙_눙(눙_눙〃)<エレエレがおやつを催促しています。3時です。

15:00:34
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「オレ、やっぱりいなくていいのかもな」「何言ってんだよ、お前は必要だ、お前の代わりになる奴もいない」「オレの代わりはいなくたって、オレの代わりがいなくても困らない人間は世の中に沢山居るよ。……違う?」「…少なくともオレはお前が必要だ」

14:34:16
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「…恋人になって早一月、全く進展無し…か」オレ、エレン(金目)の悩みは、恋人のエレン(緑目)と恋人になったにも関わらず、全く進展が無いことである。緑エレンは未だに服の裾を掴む程度しかしてくれず、…いや、十分かわいいのだけど…

13:34:15
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「これやるよ、食え」「…お前は腹減らねえの?」「お前の為ならなんだって」「…お前もいい加減、自分が幸せになることを考えろ」「…オレはお前が幸せならそれで十分だ」

13:04:06
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「…痛、」「お前が暴れるからこうなるんだろ」「ここから出せ」「無理な話だ」「オレは外に出て巨人を駆逐するんだ」「そんな事しなくて良い」「…」「あぁ、…もう時間だね。…ばいばい。」

12:34:18
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「____ッた!…何だよ」突然こいつに噛み付かれた。「…別に。____お前が兵長と仲良さそうにするから、…所有権、というか」そう言いながらうつむくこいつの顎を上に上げながら一言、「それ、誘ってる?」と、笑みを浮かべて言った。

12:04:10
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

(〃눙_눙(눙_눙〃)<エレエレが正午をお知らせします

12:00:32
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「…離れろ」「うるさいな、お前は黙ってオレに愛されてりゃいいんだよ」

11:04:09
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「…寝てる」先程まで意気揚々と『今日中に書類片付けるぞ!』などと言っていたのは何処へ行ったのだろうか。…少しからかってやろうか。「好き。…聞こえた?」…なんて。普段言えないから、言ってみたくなるんだよな、こういうの。「あぁ、聞こえた」

10:34:22
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

その時オレは何故あいつの元へ行こうとしたのかわからない。目の前の事態にどうしていいか分からず咄嗟に走り出してしまった。あぁ、この距離じゃ多分届かない、助けられない。そう思いながらあいつを巨体の口から引っ張り出して、…あれ?何であいつは何かを叫んで

10:04:05
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「お前なんか、嫌いだ」「嘘」「嫌い、大嫌い、…っひ…」「あーあ、素直にならないから、ほら、見てみなよ。顔に傷付いちゃったじゃん」「…痛、い…」「じゃあ、言ってごらん。君が愛してるのは誰?」

09:34:10
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「あ、おいエレ…」「…っ」「…あ、そっか。今は敵……だったか。はは、」

09:04:04
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「お前絶対ヘアピンとか似合うって」「んー?そうか?…おい何してんだ」「じゃーん。ほら似合う」

08:34:17
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

あいつが、兵長、兵長、って。嬉しそうに話すのが嫌で。我慢出来なくなってあいつを乱暴にベッドに組み敷いて。こんな自分、最低だ。

08:04:14
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「エレンの寝顔…す、少しだけ…少し…」

01:30:31

2017年10月20日(金)

EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「オレ、やっぱりいなくていいのかもな」「何言ってんだよ、お前は必要だ、お前の代わりになる奴もいない」「オレの代わりはいなくたって、オレの代わりがいなくても困らない人間は世の中に沢山居るよ。……違う?」「…少なくともオレはお前が必要だ」

23:34:18
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「っ…!痛っ、釘で腕切った…」「エレン大丈夫か!?すぐ手当て…」「いや、大した怪我じゃないし…」「駄目だ、んっと…そうだ」「っ?!お、おい汚いからやめろよ!!!」「お前に汚いとことかねえよ」

23:04:15
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「あ、エレン!オレと寝ようぜ!」「はいはい分かったよ…お前床な」「酷いな」

23:00:32
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「うわー、寒いな」「お前がそんな軽装なのが悪い」「そうは言っても…これくらいしか気に入ってる服無いし」「…ほら、マフラー。一つしかないから二人で使うぞ」
……(〃눙_눙(눙_눙〃)

22:34:23
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「お前の指ほっそいよなー…」不意にこいつがそんな事を言った。「そうか?…つかお前もオレと同じ体だろ」「お前だからだよ」そう言ってこちらに近付き、手を重ねる。「ほら、お前の方が細い」

22:04:10
EreEre_bot

エレエレbot @EreEre_bot

「…寝てる」先程まで意気揚々と『今日中に書類片付けるぞ!』などと言っていたのは何処へ行ったのだろうか。…少しからかってやろうか。「好き。…聞こえた?」…なんて。普段言えないから、言ってみたくなるんだよな、こういうの。「あぁ、聞こえた」

20:04:15
このページをシェアする