FP2bot

FP2bot@FP2bot

64,777 ツイート 2 フォロー 303 フォロワー

ファイナンシャル・プランナー2級取得を目指す、非公式Botです。問題を出す予定は今のところありません。間違っているところ、分かりにくいところ、法改正のあったところなど教えていただけると助かります。公式を流します。

新しい順に表示 古い順に表示

全て表示 返信等を除く ピクチャ

プランナー2級取得を目指す

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年06月04日(日)

FP2bot

FP2bot @FP2bot

デビットカードは現金で支払う代わりに金融機関の預貯金口座のキャッシュカードで代金の支払いが行えるサービスです。即時払いです。

00:55:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

クレジットカードはキャッシングカードローンといった無担保小口の借入が出来るものもありますが、金利が高めに設定されています。

00:50:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

クレジットカード裏面のサインには不正利用されることを防止する役割があります。また、本人であれば登録されている自分の情報を個人信用情報機関から確認する事が出来ます。

00:45:17
FP2bot

FP2bot @FP2bot

リボルビング払いとは、カード会社との契約により利用限度額を設定し利用残高に関わらず毎月一定額返済していく方法です。月々の返済額が変わらないので使いすぎても認識できずに残高がいつの間にか増えるケースもあります。

00:40:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

クレジットカードの支払方法は契約によりますが1回払い、ボーナス一括払い、分割払い、リボルビング払いから選択する事が出来ます。(3回以上の分割、リボルビング払いは手数料が発生します)

00:35:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

クレジットカードはカード会社から利用者に「信用」が供与され発行されるもので、利用者は後日利用代金を支払います。

00:30:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

任意後見制度は、将来の判断能力の低下に備え、本人があらかじめ契約により代理人(任意後見人)を選任しておく制度です。締結は必ず「公正証書」で行わなければなりません。

00:25:17
FP2bot

FP2bot @FP2bot

法定後見制度は、現に判断能力が不十分な状態にある人に対して、一定の申立権者からの後見・保佐・補助開始の審判の申立により家庭裁判所が成年後見人・保佐人・補助人を選任する制度で、後見・保佐・補助の3つの制度があります。

00:20:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

成年後見制度には「法定後見制度」と、新たに創設された「任意後見制度」があります。

00:10:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

高齢者の住まいについてはいくつか選択肢があります。バリアフリー住宅、二世帯住宅、シルバーハウジング、シニア賃貸住宅がそれで、また老人ホームや地方滞在、海外滞在、移住なども考えられます。

00:05:17
FP2bot

FP2bot @FP2bot

公的制度のリバースモーゲージには、生活福祉資金貸付制度(不動産担保型生活資金)というものもあり、利用できるのは一定の住居用不動産(土地)を所有する65歳以上の低所得世帯で、住居人は配偶者と親に限定されます。

00:00:21

2017年06月03日(土)

FP2bot

FP2bot @FP2bot

リバースモーゲージとは、自宅の土地・建物を担保に、そこに住み続けながら年金形式または一時金で生活資金を借り入れ、死亡した後にその担保物件を売却する事により借入金として利息を返済するというものです。

23:55:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

年金担保貸付は年金を受け取る権利を担保とし、融資限度は年金支給額のうち指定した額(定額で1万円単位)の15倍以内、返済方法は1万円単位の定額を年金のうちから指定し返済します。

23:50:17
FP2bot

FP2bot @FP2bot

公的年金の受給権を担保にすることは、福祉医療機構が行う年金担保貸付以外では国民年金法等で禁止されています。

23:45:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

年金担保貸付を利用して貸付を受けると、返済が終了するまで年金の一部を受け取ることが出来なくなるため、借入後の生活に困らないように慎重に計画を立てることが必要です。

23:40:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

高齢者向け融資制度には年金担保貸付、リバースモーゲージがあります。

23:35:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

高齢者等向け金融商品には、シルバー定期預金(年金定期預金)、ニュー福祉定期貯金があります。

23:30:19
FP2bot

FP2bot @FP2bot

年金払積立傷害保険は、積立中、受取中も傷害死亡・後遺障害の補償があります。受取方法については、確定と保証期間付有期はありますが、終身年金はありません。

23:25:17
FP2bot

FP2bot @FP2bot

老後資金のために損害保険会社が取り扱っている年金商品には、「年金払積立傷害保険」があります。

23:20:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

変額年金保険では一般的に複数の運用先(特別勘定)があり、加入者が自己責任で運用先を選択、その成果によって将来の年金額が変動します。

23:15:19
FP2bot

FP2bot @FP2bot

生命保険会社が取り扱っている変額年金保険は、定額型の個人年金保険では基本年金額が保障されているのに対し、基本年金額が保障されていないのが一般的です。

23:10:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

一定の要件を満たす個人年金保険契約の保険料は所得税、住民税の個人年金保険料控除の対象です。

23:05:17
FP2bot

FP2bot @FP2bot

生命保険会社の取り扱う年金の一種で、夫婦のいずれかが生きている限り年金が受け取れる「夫婦年金」という商品もあります。

23:00:22
FP2bot

FP2bot @FP2bot

基本年金額等が同じであれば、有期年金の保険料<確定年金<終身年金と保険料が高くなっていきます。

22:55:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

生命保険会社の取り扱う個人年金保険の受取方法については終身年金(生きている限り)、確定年金(生死にかかわらず決められた期間)、有期年金(生きているうちの決められた期間)の3つがあります。

22:50:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

生命保険会社の取り扱う個人年金保険は予定より上回る利率や運用益が得られた場合、それぞれ増額年金・増加年金が加算されます。

22:45:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

生命保険会社の取り扱う個人年金保険の受取金額については、定額型(一定)、逓増型(一定率もしくは額ずつ増加)、前厚型(当初の一定期間多い)等があります。

22:40:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

かんぽ生命を含む生命保険会社が取り扱う年金商品には個人年金保険と変額年金保険があります。

22:35:17
FP2bot

FP2bot @FP2bot

公的年金や企業年金の受給開始までのつなぎ年金としてかんぽ生命を含む生命保険会社や損害保険会社、銀行、証券会社等の金融商品を使うこともあります。

22:30:17
FP2bot

FP2bot @FP2bot

国民年金基金や個人型確定拠出年金の場合には拠出した資金は原則として年金等を受け取るまでには任意に引き出すことができません。

22:25:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

自営業者等が老後の資金を準備する為に利用できる制度には国民年金基金、小規模企業共済、個人型確定拠出年金などがあり、いずれも税制優遇メリットがあります。

22:20:17
FP2bot

FP2bot @FP2bot

個人型確定拠出年金は拠出する掛け金が所得控除の対象となり、積立期間中の運用益は非課税、将来年金等を受け取る時にも税金が優遇されるなどメリットがあります。

22:15:17
FP2bot

FP2bot @FP2bot

個人型確定拠出年金は、加入者が拠出した掛け金を加入者自らが選択した方法により運用し、その成果によって将来の年金額が変動します。

22:10:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

個人型確定拠出年金は、サラリーマン家庭の専業主婦や公務員等は加入する事が出来ず、原則60歳以降で年金を受け取るまでは任意に引き出すことはできません。

22:05:17
FP2bot

FP2bot @FP2bot

個人型確定拠出年金は、勤務先で企業年金制度や企業確定拠出年金を実施していない場合、その本人のみ加入できます。

22:00:21
FP2bot

FP2bot @FP2bot

財形年金貯蓄も財形住宅貯蓄と一緒で、60歳以降5年以上20年以内の期間にわたる定期的な年金受取以外の目的で払い出した場合は過去にさかのぼって利子等課税されます。

21:50:17
FP2bot

FP2bot @FP2bot

財形年金貯蓄は貯蓄型と保険型に分かれており、貯蓄型は財形住宅と合算して550万円まで、保険型は払込み保険料累計額385万円までかつ財形住宅貯蓄とあわせて払込み保険料累計550万円までです。

21:45:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

財形年金貯蓄は1人1契約で契約者は55歳未満、積立期間は5年以上で一定の要件を満たす契約であると利子等が非課税になるメリットがあります。

21:40:17
FP2bot

FP2bot @FP2bot

老後資金の準備としてサラリーマンが利用できるものに、財形年金貯蓄と個人型確定拠出年金があります。

21:35:17
FP2bot

FP2bot @FP2bot

高校の無償化等も平成22年度から徐々に始まりますが、大学の学費をどうにかしてもらいたいものですね。

21:30:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

子ども手当は、平成21年まで支給されていた児童手当(所得制限あり、小学校卒業までの子どもに対して)が、所得制限がなくなり、中学卒業までに伸びたようなものです。

21:25:17
FP2bot

FP2bot @FP2bot

平成22年からできた日本学生支援機構奨学金制度の「応急予約採用」予約採用募集終了後に家計急変のため緊急に奨学金の予約が必要になった場合に応募できるものです。(第二種奨学金)

21:20:17
FP2bot

FP2bot @FP2bot

日本学生支援機構のの奨学金は比較的金利が低く設定されており、また申込みについては「予約採用」「在学採用」「緊急採用・応急採用」「応急予約採用」があります。

21:15:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

日本学生支援機構の奨学金制度には第一種奨学金(無利子)のものと、第二種奨学金(有利子)のものがあります。有利子であっても、在学中は無利子で毎月貸与されます。

21:10:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

奨学金にも様々公的なものや民間のものが存在します。特に有名なものは日本学生支援機構のものです。

21:05:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

民間の教育ローンは金融機関によって融資条件が大きく異なっています。しかし目的別ローンといって、目的を教育資金に限定する代わりに金利が安かったりという特徴があります。

21:00:19
FP2bot

FP2bot @FP2bot

財形教育融資には教育一般貸付と違い、年収に制限がありません。また、財形貯蓄残高の5倍以内450万円まで融資を受けることが出来ます。返済期間は最長10年です。

20:55:17
FP2bot

FP2bot @FP2bot

財形教育融資は雇用・能力開発機構が行っている融資制度で、融資条件は申し込み日において財形貯蓄残高があることです。

20:50:18
FP2bot

FP2bot @FP2bot

教育一般貸付の限度額は学生・生徒1人あたり300万円までで、返済期間は原則最長15年、在学期間中は元金の返済を据え置くことが出来ます。

20:45:17
FP2bot

FP2bot @FP2bot

国の教育ローン(教育一般貸付)の融資対象は高校以上の学校で、入学金授業料だけでなく受験費や入学に伴う下宿費、教科書代にも充てることが出来ます。

20:40:17
1 2 3 4
このページをシェアする

ツイート検索 @FP2bot

このページをツイートする