FP2bot

FP2bot@FP2bot

67,166 ツイート 2 フォロー 302 フォロワー

ファイナンシャル・プランナー2級取得を目指す、非公式Botです。問題を出す予定は今のところありません。間違っているところ、分かりにくいところ、法改正のあったところなど教えていただけると助かります。公式を流します。

※平成23年分以後は扶養控除の見直しが行われ

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年01月07日(土)

FP2bot

FP2bot @FP2bot

※平成23年分以後は扶養控除の見直しが行われ、一般扶養家族が16歳以上19歳未満、23歳以上70歳未満となり、特定扶養家族は19歳以上23歳未満となります。

14:18:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

扶養控除は、一般扶養家族なら38万円、16歳以上23歳未満なら特定扶養家族として63万円、老人扶養家族(70歳以上)のうち同居していれば58万円、していなければ48万円です。

14:13:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

配偶者控除は、70歳未満なら38万円、70歳以上なら老人控除対象配偶者として48万円、です。また配偶者特別控除は、最高額38万円控除されます。

14:08:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

基礎控除は一律38万円です。

14:03:49
FP2bot

FP2bot @FP2bot

「人的控除」には、誰でも控除される基礎控除、配偶者がいる場合に控除される配偶者控除、扶養家族がいる場合に控除される扶養控除があります。

13:58:47
FP2bot

FP2bot @FP2bot

所得控除には「人的控除」と「物的控除」があり、家族や支払った保険料額などにより異なります。

13:53:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

【サラリーマンの課税所得=給与所得金額-所得控除】

13:48:49
FP2bot

FP2bot @FP2bot

給与所得控除額とは、給与所得者に認められているみなし必要経費のことで、年収により異なります。

13:43:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

【サラリーマンの給与所得金額=給与所得金額[税込、額面金額]-給与所得控除額】

13:38:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

今後は高齢者が増加し、保険料を払う若い世代が減少するため、保険料は段階的に上限付きで引き上げられ、給付水準は引き下げられる予定です。

13:33:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

年収に占める民間サラリーマンの社会保険料負担割合は一般的に13%~14%前後です。

13:28:47
FP2bot

FP2bot @FP2bot

可処分所得は手取り収入と言い換えることもできますが、実際には持ち株やその他保険料で天引きされている事があるため異なる場合があります。

13:23:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

顧客の収入は可処分所得で把握します。【可処分所得=年収-(所得税+住民税+社会保険料)】

13:18:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

今日はライフプランニングについてのツイートです。基本的な流れと大まかな制度・サービスを掴みましょう。

13:13:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

おはようございます!今日も学びのある素敵な1日でありますように。

13:03:52

2017年01月06日(金)

FP2bot

FP2bot @FP2bot

おはようございます!今日も学びのある素敵な1日でありますように。

13:03:48

2017年01月05日(木)

FP2bot

FP2bot @FP2bot

おはようございます!今日も学びのある素敵な1日でありますように。

13:03:48

2017年01月04日(水)

FP2bot

FP2bot @FP2bot

おはようございます!今日も学びのある素敵な1日でありますように。

13:03:55

2017年01月03日(火)

FP2bot

FP2bot @FP2bot

おはようございます!今日も学びのある素敵な1日でありますように。

13:03:48

2017年01月02日(月)

FP2bot

FP2bot @FP2bot

おはようございます!今日も学びのある素敵な1日でありますように。

13:03:52

2017年01月01日(日)

FP2bot

FP2bot @FP2bot

①非課税貯蓄申告書を提出した場合、財形住宅、財形年金を合わせて550万円までの元利にかかる利子は非課税となります。

16:28:49
FP2bot

FP2bot @FP2bot

①非課税となる預貯金や公債等の限度額は、それぞれ350万円です。

16:23:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

①遺族基礎年金を受け取ることが出来る妻、寡婦年金を受け取ることが出来る妻、身体障害者手帳の交付を受けている人などは、あらかじめ金融機関等に「非課税貯蓄申告書」を提出した場合、一定の預貯金や公債にかかる利子などについては非課税になります。

16:18:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

①日本国内において利子等の支払いを受ける場合には源泉分離課税で一律20%(所得税15%、住民税(利子割)5%)の税率により税金が差し引かれます。(海外の金融機関から利子を海外で受け取った場合は総合課税の対象)

16:13:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

①【利子所得の金額=収入金額】

16:08:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

①利子所得とは、公社債の利子、預貯金の利子、合同運用信託の収益分配金、公社債投資信託の収益分配金のことを言います。

16:03:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

10種類(利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、譲渡所得、一時所得、雑所得、山林所得、退職所得)に分類される所得を一つ一つ見ていきましょう。

15:58:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

課税所得とは、課税標準から所得控除を控除した税額計算の基となる金額のこと。

15:53:49
FP2bot

FP2bot @FP2bot

総所得金額等とは合計所得金額から純損失または雑損失の繰越控除などを適用した後の金額のこと。

15:48:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

課税標準とは、総所得金額、山林所得金額、退職所得金額、分離課税される長期譲渡所得金額・短期譲渡所得金額、株式等にかかる譲渡所得金額及び先物取引にかかる雑所得等の金額のこと。

15:43:47
FP2bot

FP2bot @FP2bot

合計所得金額とは、純損失・雑損失の繰越控除をしていない総所得金額、山林所得、退職所得、分離長期譲渡所得、分離短期譲渡所得、株式等にかかる譲渡所得、先物取引にかかる雑所得等の合計額のこと。源泉分離課税所得は含まない。

15:38:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

損益通算可能な長期譲渡所得は、一定要件を満たした所得期間5年超のものです。

15:33:49
FP2bot

FP2bot @FP2bot

最後に、【(算出税額-税額控除)-源泉徴収税額=納付すべき税額[申告納税額]】で、算出完了です。(源泉徴収税額:源泉徴収によりすでに納付済みの税額)

15:28:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

その後、税額控除(配当控除や住宅借入金等)の適応がある場合には、その定められた控除額を求めます。

15:23:47
FP2bot

FP2bot @FP2bot

[1]と[2]を合計し、算出税額を求めます。

15:18:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

分離課税されるものにもそれぞれ定められた税率を乗じて税額を求めます。[2]

15:13:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

課税総所得金額に対してようやく超過累進税率を乗じ総合課税部分の税額を求めることが出来ます。[1]

15:08:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

【総所得金額-所得税控除=課税総所得金額[課税対象額]】この課税総所得金額がマイナスになってしまった時は、分離課税される所得金額から引きます。

15:03:54
FP2bot

FP2bot @FP2bot

次に生命保険料控除や配偶者控除、扶養控除などの所得控除額を計算します。

14:58:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

次に、総合所得するものと、分離課税するものに区別します。特に総合課税の所得を合計したものを総所得金額と言います。

14:53:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

損益通算の後、「総合課税される長期譲渡所得」と「一時所得」については所得金額を1/2にします。

14:43:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

所得税計算のためにはまず個人の1年間の所得を10種類に分類し、それぞれの所得について「所得金額」を算出するところから始まります。

14:33:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

年末調整において、雑損控除、医療費控除および寄付金控除の3つの所得控除は適用できません。

14:28:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

その年の給与所得の金額合計が2000万円を超える場合には年末調整の対象外なので確定申告をしなければなりません。

14:23:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

年末調整とは、毎月支払っていた所得税の合計と、年末にその1年間の合計所得にかかる所得税との差額を精算し納税を完了させることです。

14:18:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

源泉徴収とは給与等の支払者(源泉徴収義務者)がその支払いの際所定の所得税を徴収し、法定納期限までに国に納める制度のことです。

14:13:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

所得税は納税者が自ら申告し納税する申告納税制度を採用しています。

14:08:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

現在の所得税率は、5%、10%、20%、23%、33%、40%の累進税率となっています。

14:03:53
このページをシェアする

ツイート検索 @FP2bot

このページをツイートする