FP2bot

FP2bot@FP2bot

68,164 ツイート 2 フォロー 303 フォロワー

ファイナンシャル・プランナー2級取得を目指す、非公式Botです。問題を出す予定は今のところありません。間違っているところ、分かりにくいところ、法改正のあったところなど教えていただけると助かります。公式を流します。

住宅ローンには財形住宅融資などの公的融資と

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年01月07日(土)

FP2bot

FP2bot @FP2bot

住宅ローンには財形住宅融資などの公的融資と、銀行などが行っている民間融資があります。民間金融機関の中には、住宅金融支援機構と提携した「フラット35」を取り扱っているところもあります。

18:28:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

住宅ローン控除の適応を受けるためには確定申告をしなければなりませんが、年末調整で申告・納税が完了する給与所得者の場合、適応を受ける2年目以降については確定申告は必要なく、年末調整で控除を受けることができます。

18:23:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

もちろん、住宅ローン控除の控除額が所得税額を上回った場合にはその所得税全額が控除額となります。

18:18:47
FP2bot

FP2bot @FP2bot

住宅ローン控除を受けるにはいくつか要件があり、年末に借入残高があること、適用を受ける年の合計所得金額が3000万円以下であること等があります。

18:13:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)は、住宅の購入や増改築のために借り入れた一定の要件を満たす住宅ローンがある場合に所得税から一定額控除されるものです。

18:08:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

住宅取得資金に係る相続時精算課税制度の特例は2500万円まで贈与税がかからないというものでそれ以上については一律20%の贈与税がかかります。また、平成23年12月31日までは1000万円非課税枠に上乗せされます。

18:03:52
FP2bot

FP2bot @FP2bot

また、住宅取得資金の贈与を受ける場合もあると思います。その際には相続時精算課税制度の特例として親の年齢制限がありません。

17:58:47
FP2bot

FP2bot @FP2bot

財形住宅貯蓄は、住宅取得の目的以外で支払いをした場合、非課税となっている利子等について、貯蓄型なら過去5年、保険型なら積み立て開始時点までさかのぼって課税されます。

17:53:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

財形制度には、財形住宅貯蓄・財形年金貯蓄・一般財形貯蓄の3種類があります。融資は要件を満たしている人であれば誰でも利用できます。

17:48:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

財形住宅貯蓄の契約は1人1契約、貯蓄型商品の場合には合計550万円まで、保険型商品の場合には払い込み保険料の累計額550万円までです。(共に財形年金貯蓄と合算して)

17:43:47
FP2bot

FP2bot @FP2bot

自己資金の準備方法に財形住宅貯蓄があります。これは、住宅取得を目的とする一定の要件を満たす契約であれば積立金から発生する利子等が非課税になるメリットがあります。

17:38:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

また、住宅取得のためには諸経費(印紙税・不動産取得税・登録免許税など)がかかります。新築の場合は物件価格の3~7%、中古の場合6~10%ほどです。

17:33:50
FP2bot

FP2bot @FP2bot

住宅を購入する場合、融資限度額は購入する物件価格の8割程度に設定されるのが一般的です。そのため、物件価格の2割の頭金が必要ということになります。

17:28:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

人生の3大資金は、住宅資金・教育資金・老後資金です。

17:23:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

必要保障額とは万一のことがあった場合、残された家族のために準備しておかなければならない必要な保障の額です。【必要保障額=遺族の生涯支出-遺族の生涯年収】

17:18:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

バランスシートの左側には「資産」を、右側には「負債」と「純資産」を記入します。【純資産=資産合計-負債合計】

17:13:49
FP2bot

FP2bot @FP2bot

純資産の割合が大きいほど健全なバランスシートと言え、純資産がマイナスであると「債務超過」であると言えます。

17:08:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

個人のバランスシートを記載する時には、「取得価格(薄価)」ではなく「時価」で記載します。

17:03:57
FP2bot

FP2bot @FP2bot

バランスシートとは、ある時点の資産と負債の状況が記載された表であり、貸借対照表とも言います。

16:58:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

【受け取り年金額[年間返済額]=保有資金額[借入金額]×資本回収係数】

16:53:47
FP2bot

FP2bot @FP2bot

この資本回収係数は元利均等返済のローンにおいて、返済額を計算する場合にも利用できます。

16:48:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

資本回収係数は、現時点で保有している金額を一定の割合で複利運用しながら、所定の期間で年金として取り崩していく場合、毎年いくら受け取ることが出来るか計算するための係数です。【資本回収係数=(利率/{(1+利率)^期間-1})+利率】

16:43:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

【必要な年金原資=将来の必要年金額×年金現価係数】

16:38:47
FP2bot

FP2bot @FP2bot

年金現価係数は、一定の利率で複利運用しながら一定金額を年金として受け取るには、受け取り開始時点でいくら元本が必要か計算するための係数です。【年金現価係数={(1+利率)^期間-1}/{利率×(1+利率)^期間}】

16:33:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

【毎年の必要積立額=将来の必要金額×減債基金係数】

16:28:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

減債基金係数は、一定の利率で複利運用しながら所定の期間後に○円欲しいとき、毎年いくらずつ積み立てればいいか計算するための係数です。【減債基金係数=利率/{(1+利率)^期間-1}】

16:23:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

【将来の総積立(元利合計)額=毎年の積立額×年間終価係数】

16:18:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

年金終価係数は、一定の利率で複利運用+一定金額を積み立てたとき、将来いくらになるかを計算するための係数です。【年金終価係数={(1+利率)^期間-1}/利率】

16:13:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

【現在必要な元本=将来の必要金額×現価係数】

16:08:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

現価係数は、一定の利率で複利運用した時、所定期間後に○円欲しい。その為には今いくら元本が必要か計算するための係数です。【現価係数=1/{(1+利率)^期間}】

16:03:52
FP2bot

FP2bot @FP2bot

【将来得られる金額=現在の金額×終価係数】

15:58:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

終価係数は、ある元本を所定の期間にわたり一定の利率で複利運用した場合、将来いくらになるかを計算するための係数です。【終価係数=(1+利率)^期間】

15:53:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

便利な係数に、終価係数・現価係数・減債基金係数・資本回収係数・年金終価係数・年金現価係数、の6つがあります。

15:48:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

【貯蓄残高=前年末の貯蓄残高×(1+運用利率)+当年の年間収支】年間支出がマイナスであれば、貯蓄残高から取り崩すことになります。

15:43:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

現在の価格は現価係数を利用して計算することもで出来ます。

15:38:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

ちなみに、将来価格から現在価格を求めることもできます。【現在の価格=○年後の金額÷(1+物価上昇率)^○年】

15:33:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

変動率は全て同じ率である必要はなく、実態にあわせてそれぞれ設定します。また、保険料や住宅ローン等変動率の考慮が必要ないものもあります。

15:28:49
FP2bot

FP2bot @FP2bot

将来の価格は終価係数を利用して計算することも出来ます。

15:23:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

一般的にキャッシュフロー表に記載する将来の収入や支出は将来の価値で記載します。【○年後の予想額=現在の金額×(1+変動率)^○年】

15:18:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

キャッシュフロー表は1年という単位で記載を行います。年収や税額が把握しやすいため1/1~12/31が一般的ですが、教育費などのように4/1~にした方が分かりやすい場合もあります。

15:13:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

キャッシュフロー表を制作するにあたっての必須項目は年間収入、年間支出、年間収支、貯蓄残高の4つです。

15:08:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

キャッシュフロー(表)とは、現在の収支状況や今後のライフプランを元に、将来の収支状況や貯蓄残高を予想し表形式にまとめたもののことです。

15:03:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

【年間収支=年間収入ー年間支出】これで求められる年間収支は年間貯蓄額とも言います。

14:58:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

経常的支出を把握した後、こちらも試験には出ていませんが、比較的大きな支出も把握しておきましょう。【生計費(消費支出)=経常的支出ー(住居費+教育費+保険料)】

14:53:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

試験には出ていないようですが、将来のキャッシュフローを予測するために経常的支出を求めることは重要です。【経常的支出=年間支出総額ー一時的支出】

14:48:47
FP2bot

FP2bot @FP2bot

【年間支出総額=可処分所得ー年間貯蓄額】

14:43:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

自営業者の場合もサラリーマンと基本的に同じで、給与収入金額が総収入金額(事業収入)に、給与所得控除が必要経費になり、課税所得んお算出ができます。

14:38:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

住民税所得割額にかかる税率は一律10%で、内訳は道府県民税4%、市町村民税6%です。

14:33:49
FP2bot

FP2bot @FP2bot

税額が算出されてようやく可処分所得の計算が出来ます!【可処分所得=年収-(所得税+住民税+社会保険料)】

14:28:48
FP2bot

FP2bot @FP2bot

【税額=課税所得金額×税率-控除額】

14:23:48
このページをシェアする

ツイート検索 @FP2bot

このページをツイートする