Shelk_Shelk_

シェルク@Shelk_Shelk_

1,595 ツイート 3,451 フォロー 3,418 フォロワー

シェルクです。気がつくと、いつも綺麗なものを探しています。絵を描いたり、写真を撮ったりします。カフェ巡り、美術館、アロマが趣味です。 ドールやアンティーク家具、紅茶が好きです。中世ヨーロッパや古代オリエントの歴史・神話に興味があります。コインや鉱石を収集しています。どうぞお気軽にフォローしてくださいね。とても喜びます。

ふかふかミニソファー 

ガリア人やゲルマン人に体格で劣るローマ人は

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年10月14日(土)

Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

@178_honey はじめまして。
そうおっしゃっていただけて幸いです♪
励みになるお言葉です。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします(*´∇`*)

@178_honey への返信
23:08:29
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

@kayou_wing 資格というとどうしてもそれを活かさなければという風潮がありますが、資格を取るための学びそれ自体が楽しい、だから勉強をするという純粋な気持ちだけでもいいではないかと思います。一般教養や専門科目では身につけられ… twitter.com/i/web/status/9…

@kayou_wing への返信
22:07:03
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

@library3065 本来学問に優劣はなく、比べるものではないのかもしれません。ですが、やはり利益に結びつきやすい分野があるのも確かな事実ですよね。しかし、私は歴史を知ったことで、それまで通りすぎてしまっていたものに何か“重み… twitter.com/i/web/status/9…

@library3065 への返信
21:59:36
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

@library3065 そうおっしゃっていただけて幸いです。歴史は何かの役立つのか?もしかしたら、役立たないのかもしれません。学ぶことで明日何かができるようになるのか?と言われても回答に困ってしまいます。ただ、自分たち人間とはい… twitter.com/i/web/status/9…

@library3065 への返信
20:07:14
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

ガリア人やゲルマン人に体格で劣るローマ人は、身体を大きく見せるため兜に装飾を施しました。自分たちのコンプレックスを華やかな装飾をもって克服したのです。そして、ローマ人は見事彼らとの戦いで勝利を重ね、大帝国を築きます。コンプレックス… twitter.com/i/web/status/9…

19:52:56
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

@kidotakayosi74 リツイートありがとうございます。こちらこそよろしくお願いいたします♪

@kidotakayosi74 への返信
19:22:49
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

「自分のことは自分が一番よく知ってる。私は人と付き合うことをわざと避けてきたんだと思う。クールだと思われてるかもしれないけど、本当は単に臆病なだけなのよ。みんないつかは私の元から離れてしまいそうでそれがただ怖かった」
「自分で思っ… twitter.com/i/web/status/9…

11:48:06
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

即戦力にならないものは必要ない。そんな今の時代、文系は必要のないものとして扱われ、歴史学などその極みかもしれません。ですが、ただ知りたいから学びたい。それでいいじゃないか。そんな時代が来ることを願います。現実にそんな綺麗事は通りませんが、せめてこの場で仲間が増えることを願います。

09:46:28
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

でも、大切なのは大学へ行くことでも、就職することでもないんじゃない?本当に大事なことは学ぶことでも、働くことでもない。学んで何をするのか、働いて何をするのか、どんな生き方をするのか、それを自分で決めることなんじゃないかな。焦らない… twitter.com/i/web/status/9…

09:45:25
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

「けれど、大学に行く以外にやることがないですし。もちろん、大学に行けることがどれだけ恵まれたことなのかはわかっています。でも、大学に行って何をしたらいいのかわからないんです」
「私だってそうだった。何をすればいいのかわからなかった… twitter.com/i/web/status/9…

09:45:10
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

「先生は大学に行って何をしてましたか?」
「遊んでた」即答だった。「なんでそんなこと聞く?」
「将来についてちょっと考えてて」
「大学に行くんじゃないの?」
「それが、やっぱり当たり前なんですよね」
「そんなことはないさ」 pic.twitter.com/rS73w5bHyI

09:41:16

2017年10月13日(金)

Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

アレクサンドロス大王/ゼウス
裏面にはフィリッポス3世の名が刻まれています。彼はアレクサンドロスの異母兄でした。ディアドコイ(後継者)戦争に巻き込まれ、大王の部下たちに暗殺されます。部下たちはアレクサンドロスの息子も葬り、大帝国を… twitter.com/i/web/status/9…

23:09:12

2017年10月12日(木)

Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

オデュッセウスは愛する妻ペネロペイア、生まれた日に別れた息子テレマコスと再会の喜びを分かち合い、本物語は幕を閉じます。以上が『オデュッセイア』でした。本作は『イリアス』の後日談を描いており、圧倒的に不利な状況下にもかかわらず、オデュッセウスが頭脳戦で勝利していく姿が頼もしいです。

14:59:29
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

驚きのあまり皆が静まり返りました。すると、老人の変装をといたオデュッセウスが、今ここに帰った!私はイタカの王、オデュッセウスである!と名乗りました。愛用の武器であった弓矢を手にしたオデュッセウスは、王座を狙う求婚者たちを一人残らず矢で射ました。無事イタカの平和が取り戻されました。

14:59:06
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

求婚者たちはこぞってこれに挑戦しますが、失敗に終わります。その弓はオデュッセウスにしか扱えない特別なものだったからです。そんな騒動の最中、老人に扮したオデュッセウスが現れました。私にも挑戦させてくれないか?求婚者らはこの老人を笑いました。しかし、老人は弓矢を放つことに成功します。

14:58:45
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

トロイア戦争で10年、終戦後の漂流で10年、あわせて20年も不在であったため、富裕層の権力者たちが身勝手な振る舞いをし、自ら王を勝手に名乗っていたのです。しかし、オデュッセウスは権力者らが優勢な今の状態下で帰還したことを明かせば確実に命を狙われると察し、老人に変装して潜入ました。

14:54:53
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

オデュッセウスは持ち前の頭脳で困難を切り抜けていきますが、故郷イタカにたどり着いた時には部下を全員失っていました。自分の至らなさにひどく嘆くオデュッセウスでしたが、自分の国に戻るとさらに追い討ちをかけるような出来事が待っていました。いったいイタカでは何が起こっていたのでしょうか?

11:46:44
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

ポセイドンは激しく怒り、嵐を起こしてオデュッセウスらが搭乗する船を漂流させました。漂流した先では様々な試練が待ち受けていました。一つ目の人食い巨人サイクロプス、美しい歌声で人を惹いて溺死させるセイレン、人を動物に変える魔女キルケなど、イタカへの帰還を妨げる者たちが続々と現れます。

11:43:23
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

トロイア戦争では毎日のように多くの戦士たちが命を落としていきました。この事態を収集するため、オデュッセウスはトロイアの木馬を考案し、ギリシア連合軍側を勝利に導きます。英雄として賞賛されたオデュッセウスでしたが、その結果調子に乗り過ぎてしまい、海神ポセイドンを侮辱してしまいました。

11:42:58
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

これを断ることは裏切り行為であり、家族や国民を守るため出陣を決心しました。愛する妻と我が子を残し、必ず帰還することを誓ってオデュッセウスは戦場に向かいます。しかし、トロイア戦争は十年間に渡る激しい戦いでした。トロイア軍とギリシア連合軍の勢力はほぼ互角で、なかなか決着が着きません。

11:42:30
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

オデュッセウスがトロイア戦争に出陣したのは、妻ペネロペイアとの間にできた長男が誕生した日でした。できれば戦場に赴きたくないオデュッセウスでしたが、彼はギリシアの小国家イタカの王であったので、ギリシア連合軍に加わるようにとの命令を受ければ、従わないわけにはいきませんでした。

11:41:32

2017年10月11日(水)

Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

明日は、英雄オデュッセウスに焦点が当てられた物語『オデュッセイア』をお話しいたします。

14:05:53
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

これによりトロイアは陥落。長きに渡った争いはようやく終焉します。しかし物語はここで終わりません。アキレウスの死後、主役はオデュッセウスに移され彼の長く辛い旅が始まります。これがオデュッセイアです。勝利の歓喜も束の間オデュッセウスは帰還中漂流し、故郷到着まで10年の歳月を要しました

14:05:36
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

そこで、まず巨大な木馬をつくり降伏したフリをして、和平の証としてトロイアに贈呈。トロイア軍は喜び、城壁の門を開けて木馬を城内に入れました。しかし、この木馬の中にはオデュッセウスらが身を潜めていたのです。夜、皆が寝静まった時に木馬から次々に兵士が舞い降り、眠った都に夜襲を仕掛けます

14:05:12
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

トロイア戦争勃発からすでに10年、数多くの戦士の命が消えてきました。これ以上味方を失うわけにはいかないと考えたギリシア連合軍の戦士オデュッセウスは、敵軍の最強の防衛ラインである分厚い城壁を突破し、一気に都を堕とす作戦を企てます。しかし、今の兵力ではこの城壁を崩すことはできません。

14:02:05
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

イリアスの外伝にその後が綴られています。アキレウスは復帰後、パトロクロスを死に追いやったヘクトルに勝負を挑み、彼を破ります。最強の戦士ヘクトルを失ったトロイア軍は追い込まれました。しかし、アキレウスはヘクトルの弟パリスにアキレス腱を弓矢で射抜かれ、意外にも呆気なく死を遂げます。

14:00:48
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

親友の死を深く嘆き、部隊から離脱したことを後悔するアキレウス。自分が側にいれば、パトロクロスは死なずに済んだのに。怒りに燃えたアキレウスは、戦場への復帰を決意。パトロクロスの葬儀をもって、本物語は幕を閉じます。では、その後アキレウスはどうなったのでしょうか?トロイア戦争の行方は?

10:27:09
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

アキレウス離脱による危機を重く見た親友パトロクロスは、ある日アキレウスの兜と鎧を身につけて出陣します。アキレウスの復帰を装い、敵を脅すためです。パトロクロスの活躍で再びギリシア連合軍が優勢となりました。しかし、パトロクロスはトロイアの王子で最強の戦士ヘクトルに敗れ命を落とします。

10:26:44
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

しかし、大将アガメムノンに約束であった報酬を横取りされ、憤ったアキレウスは部隊から離脱します。アキレウスが抜けた途端、ギリシア連合軍側は劣勢となりました。アキレウスの復帰をオデュッセウスをはじめとする多くの兵士たちが幾度も懇願しました。しかし、アキレウスは首を横に振り続けます。

10:25:56
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

ギリシア最古の文学作品は、盲目の吟遊詩人ホメロスの叙事詩『イリアス』と『オデュッセイア』と言われています。イリアスは、ギリシア一の美女ヘレネを巡ったトロイア軍とギリシア連合軍の戦争のエピソードです。主人公は瞬足で有名な英雄アキレウス。彼は多くの敵を打ち倒し、功績を残していきます。

10:24:40

2017年10月10日(火)

Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

クレオパトラは自国の王位継承問題を収束するため、任務でエジプトの地を訪れたカエサルを利用しました。しかし、彼が暗殺され早くも後ろ盾を失います。次に彼女が目をつけたのは、カエサルの部下アントニウスでした。初めは彼を政略のツールとして… twitter.com/i/web/status/9…

19:03:06
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

当初はカエサルと共に部下のアントニウスも暗殺されるはずでしたが、あまりにも強靭な肉体を持つため暗殺失敗が予想され、計画は実行されずに終わりました。アントニウスはヘラクレスの息子アントンの末裔であることを自称していましたが、あながち… twitter.com/i/web/status/9…

17:47:37

2017年10月09日(月)

Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

自分にやられて嫌なことは人にやってはいけない。自分にしてほしい思うことを相手にもしてあげなさい。という言葉をよく聞きますが、実はこの一般的な教えも、イエスの教えからきています。気づかぬうちに、私たちの心の中にもイエスがいるのです。

08:20:11
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

「イエス」という名は、旧約聖書に登場するヨシュアと同じく「救いは神にある」という意味を持っています。「キリスト」はギリシア語で、もとは「救い主」を意味するヘブライ語の「メシア」に由来しています。「イエス」も「キリスト」もどちらも「救い」を示す意味を持っているということになります。

07:57:32
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

それまでの契約内容では、ヘブライの民のみが救済の対象でした。しかし、新しい契約では民族の壁が取りはからわれ、万人に救われる権利が与えられました。また、物的な犠牲を捧げなくとも、神を心から愛し信ずれば、誰もが救済されることになりまし… twitter.com/i/web/status/9…

07:55:42
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

イエスは世の悪を焼き払い、人類を救済するために遣わされたといいます。青年期はダヴィデ王の血筋を引く養父ヨセフの大工仕事を手伝いますが、やがて伝道の旅に出て各地で伝説を残します。最期は自ら磔刑に処せられました。自身を犠牲に捧げ、神と… twitter.com/i/web/status/9…

07:49:22
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

新約聖書のカナの婚礼の場面では、マリアの心優しさが垣間見られます。婚礼のワインがなくなり、宴が進行できなくなると察した彼女は息子イエスにそれを告げました。イエスは水をワインに変え、宴は無事に継続されました。イエスの死後は十二使徒のヨハネと小アジアのエフェソスで暮らしたといいます。

07:39:48
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

テタルテロンノミスマ金貨
ビザンティン帝国 コンスタンティノポリス 1059-1067年発行

イエス・キリストの母マリアが表されています。マリアは英雄ダヴィデの血筋を引く王家の家系でした。天使ガブリエルによって精霊による懐妊を告… twitter.com/i/web/status/9…

07:26:57
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

テタルテロンノミスマ金貨
ビザンティン帝国 コンスタンティノポリス 1059-1067年発行

コンスタンティノス10世の姿が打刻されています。彼は財政改善を試み、元老院議員の議席や官職職を販売しましたが、国内の統治力や軍事面は衰… twitter.com/i/web/status/9…

07:21:56

2017年10月08日(日)

Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

@ayameyuuki ご参考になれば幸いです。

@ayameyuuki への返信
18:49:42
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

@ayameyuuki W2です。

@Shelk_Shelk_ への返信
18:35:12
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

@ayameyuuki こちらは、蓋のついた香油壺を示しています。
香油につく決定詞として使われますが、表音ですとbȝs(バアス)です。 pic.twitter.com/vWbekBKO6U

@ayameyuuki への返信
18:31:26
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

@ayameyuuki Badgeは2つの壺込みの例は挙げていませんが、添付した画像のものを決定詞にした例は挙げています。Bridget Mcdermott か Bill Manleyの書籍で、この2つを決定詞として読んでいたと記… twitter.com/i/web/status/9…

@ayameyuuki への返信
18:23:13
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

@ayameyuuki ご連絡ありがとうございます。熱心に取り組んでいただけて嬉しい限りです。こちらの2つの壺でしょうか。これらはメレフト(香油)を示す決定詞ですので、発音はせず意味も持たせていません。参考資料としてBudgeのヒ… twitter.com/i/web/status/9…

@ayameyuuki への返信
17:56:09
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

@shousatreasure 人気はやはりギリシア・ローマに集まりますが、私も好きです。薄いですが大きさもあり、鑑賞していて楽しいですよね。クルアーンの一節に込められた、当時の人々の想いも伝わってきます。

@shousatreasure への返信
16:58:03
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

他の者たちはあまりにもストレート過ぎたのです。特にカエサルは真っ直ぐな人物であったため、それが裏目に出て暗殺されます。また、能力があるため行動すると目立ち過ぎました。アウグストゥスは目立つことなく巧みに帝政の準備を進めました。タイミングを待つ忍耐とその見極めこそが最大の武器でした

11:06:08
Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

アウグストゥスの成功は、演技力の高さとタイミングを待つ忍耐にありました。権力を独占しないことを常に強調し、あくまでも共和政を支持するフリをして元老院の顔色をうかがいました。大権を掌握してもすぐには皇帝を名乗らず、機会を待ちました。焦りたいところを踏み止まる自制心に長けていたのです

10:59:14

2017年10月07日(土)

Shelk_Shelk_

Shelk @Shelk_Shelk_

アウグストゥスは私の最も好きな人物です。知性ではカエサルに劣り、体力ではアントニウスに劣り、軍才ではポンペイウスに劣り、政界ではレピドゥスに劣り、戦闘は専ら友アグリッパに頼りきり。病弱で若く経験に乏しいそんな青年がローマの歴史を変… twitter.com/i/web/status/9…

23:20:44
このページをシェアする

ツイート検索 @Shelk_Shelk_

このページをツイートする