advancedgrammer

実用英文法bot@advancedgrammer

43,037 ツイート 0 フォロー 70 フォロワー

自分が間違えやすい英文法のポイントをbotにしてみました。

JAPAN 

限定用法の関係代名詞は省略されることがある

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年04月20日(木)

advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

限定用法の関係代名詞は省略されることがある。例)The garage I keep my car in is just around the corner.

05:35:39
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

叙述用法の形容詞の最上級が同一の人・物に関する比較である場合は、通例theをつけない。例)The lake is deepest at this point.(湖はこの地点が最も深い。)<−>The lake is the deepest in Japan.(日本一の深い湖)

05:05:36
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

要求・命令・提案を表す動詞を使う場合、および必然・当然・驚きを表す形容詞を使う場合は、原型動詞を用いる。例) It is imperative that everything in your room be put in order.

04:35:31
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

関係副詞 when, where, why, how の代わりに that を用いることができる。また、先行詞が最上級の形容詞や「唯一」を示す形容詞を伴う場合は、thatを用いる(省略可能)。

03:35:19
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

仮定法のifを省略すると、主語と(助)動詞の位置が逆の倒置構文になる。例)Had he been able to foresee that he was to lose everything, his will would not have been shaken.

03:05:16
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

"not possibly"は「おそらく〜ではない」ではなく、「まったく〜ない」の意味になる。例)I couldn't possibly change my fate. (私は自分の運命をまったく変えられなかった)

02:35:11
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

shouldを用いた仮定法の強調(万一〜した場合は)例)Report the action to be taken should a failure occur. / Should you change your mind, no one would blame you.

02:05:09
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

hear / hear of、know / know of の意味の違いに注意する。例)I know Mr. Smith(スミス氏と知り合いだ)I know of Mr. Smith. (スミス氏の噂を聞いたことがある)

01:35:04
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

通常は、「唯一の」という意味で不定冠詞がつく名詞も、一つの状態と言うことを示す場合は不定冠詞がつくことがある。 例)a blue sky

01:05:00
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

nor = and + not。norが先頭に来ると語順が変化する。and I cannot get -> nor can I get

00:34:55
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

“all”や”both”は、所有格や定冠詞の前から後の名詞にかかることができる形容詞。 例)all her books, all the books, both the computers

00:04:52

2017年04月19日(水)

advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

知覚動詞は目的補語として原型不定詞をとる。例)Tears rolled down her cheeks as she watched him go.

23:34:46
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

“many a + 単数名詞”は、意味は「多くの・・・」だが、文法上は単数。例)Many a man comes and goes.

23:04:42
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

名詞の複数形は、1)「回数、個数、頻度」を表す場合(例:references to the data『データの参照回数』)、2)「内容、箇所、事項」を表す場合(例:changes in the document『書類の変更内容』)がある。

21:34:32
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

when he will return. / We found her restaurant, where we had a late lunch.

21:04:29
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

"a few"は肯定的な意味で、"not a few"=「少なからぬ」、"quite a few"=「かなりの数の」の意味。"few"は否定的で、"quite few"や"quite little"といえば「ほとんどない」の意味になる。

20:34:26
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

直接話法に続く話者を示す節で倒置形をとれるのは、主語が代名詞ではない場合だけ。例)”I didn’t know it’s wrong”, said the student. (o) / , said he. (x) / , he said.(o)

19:04:16
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

総称表現:カテゴリー全体を「〜という種類、〜は全体として」という意味で示すときは、定冠詞がつく。例)The computer is one of the greatest inventions of the 20th century.

18:34:12
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

finish / admit / avoid / deny / enjoy / suggestは、不定詞ではなく動名詞のみを目的語にとる。例)I finished debugging the program.

18:04:08
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

agree / decide / expect / fail / hope / wantは、動名詞ではなく不定詞のみを目的語にとる。例)I agree to disagree with you on that matter.

17:34:02
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

文全体を修飾する場合には副詞は文頭や文末に置かれることが多い。動詞の直前やbe動詞の直後に置かれると、動詞を修飾することになる。副詞の位置には注意が必要。

16:33:51
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

data/family/class/staff/teamなどの集合名詞は、単数でも複数でも用いることができる。例)These data are wrong. This data is accurate.

15:03:46
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

否定の副詞が先頭に来る倒置形では、助動詞が主語の前に出る。 例)Never shall I forget his kindness.

14:33:43
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

"not possibly"は「おそらく〜ではない」ではなく、「まったく〜ない」の意味になる。例)I couldn't possibly change my fate. (私は自分の運命をまったく変えられなかった)

14:03:38
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

“help”を使役動詞として使う場合、不定詞のtoがつくことも、つかないこともある。例)Will you help me (to) translate this poem?

13:33:36
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

"Ten to one he will win." は、「彼は十中八九勝つだろう」の意味。「10対1」の比率という意味。逆の意味にとりやすいので注意。

13:03:32
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

限定用法の関係代名詞は省略されることがある。例)The garage I keep my car in is just around the corner.

12:33:29
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

通常は、「唯一の」という意味で不定冠詞がつく名詞も、一つの状態と言うことを示す場合は不定冠詞がつくことがある。 例)a blue sky

12:03:24
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

needを助動詞として使うのは、否定文と疑問文の場合だけ。過去形や未来形では用いない。例)You need not retweet this post.

11:33:23
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

数量表現の基本形:通常は不可算の物理量を表す名詞でも、具体的な数値を示す場合は可算名詞として不定冠詞がつく。 例)a voltage of 120V ( = 120volts of voltage )

11:03:21
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

"must have + p.p."は「〜したに違いない」という意味だが、"should have + p.p."は「〜するべきであった」の意味になる。

10:33:16
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

softwareやhardwareは、不可算名詞なので複数形にはならない。例)run a piece of software

10:03:15
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

動詞compriseは能動態でも受動態でも使われるが、意味は同じ。例)The machine is comprised of these parts. = The machine comprises these parts. (この機械はこれらの部品からなる。)

09:33:11
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

who、whose、whomのうちで、whoseだけは「物」を先行詞に取ることができる。例)We mended the chairs whose legs were broken.

09:03:08
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

不定冠詞には条件的ニュアンスが含まれることがある。 例)A skilled engineer can fix the problem. (腕のいいエンジニアならその問題を解決できる)Draw a square using a pencil.(鉛筆を一本用意して四角形を描きなさい)

08:33:03
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

“all”や”both”は、所有格や定冠詞の前から後の名詞にかかることができる形容詞。 例)all her books, all the books, both the computers

08:02:58
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

“many a + 単数名詞”は、意味は「多くの・・・」だが、文法上は単数。例)Many a man comes and goes.

07:32:57
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

the way, the reason, timeなどが先行詞の場合には、関係副詞の省略が可能。例)Is that the reason you have been so cross with me?

07:02:55
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

物理量を表す不可算名詞(temperature, voltage, pressure, speed, etc.)は、具体的な数値を考える場合は可算名詞扱いになる。例)a voltage of 240V

06:32:52
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

契約書や仕様書などで法的義務を示す場合には、shall(〜するものとする、〜しなければならない、〜すること)が良く用いられる。法的権利を示す場合には、may(〜することができる)を用いる。この場合、shallはmustよりも、mayはcanよりも強く、法的強制力がある。

06:02:50
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

when he will return. / We found her restaurant, where we had a late lunch.

05:32:44
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

最上級でも、相対的な意味合いで程度の大きさを示す場合は、不定冠詞がつく、例)I bought a most popular smart phone.

05:02:37
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

"one-half"は"a half"と同じ意味で「半分」。"one and half"と言えば、「1.5」という意味。

04:02:28
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

時と条件の副詞節のなかでは単純未来の代わりに現在形を使う。例)He’ll phone me when he gets there.

03:02:24
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

叙述用法の形容詞の最上級が同一の人・物に関する比較である場合は、通例theをつけない。例)The lake is deepest at this point.(湖はこの地点が最も深い。)<−>The lake is the deepest in Japan.(日本一の深い湖)

02:32:23
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

コロン(:)には、順接、逆接、例示、対比、言い換え、説明、因果関係などの用法がある。強さは、ピリオド(.)>コロン(:)>カンマ(,)>セミコロン(;)の順。

01:32:18
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

動詞succeedは、succeed toで「〜を相続する」、succeed ~ingで「〜に成功する」の意味となる。

01:02:13
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

仮定法のifを省略すると、主語と(助)動詞の位置が逆の倒置構文になる。例)Were I in his position, I would decline with thanks.

00:32:08
advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

通常は、「唯一の」という意味で不定冠詞がつく名詞も、一つの状態と言うことを示す場合は不定冠詞がつくことがある。 例)a blue sky

00:02:03

2017年04月18日(火)

advancedgrammer

実用英文法bot @advancedgrammer

「未来形+in 〜 years」の形は「〜年後に」の意味で、「〜年以内に」なら"within"を用いる。例)He will graduate the university in two years. (2年後に卒業する)

23:31:58
このページをシェアする