b_book_bot

始まり@b_book_bot

8,064 ツイート 4 フォロー 50 フォロワー

いつか絵本で見た白い鳩のようなものだ

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年03月02日(木)

b_book_bot

始まり @b_book_bot

わたしには、恋は、いつか絵本で見た白い鳩のようなものだ
(ほんものの白い鳩/江國香織)

02:07:30

2017年03月01日(水)

b_book_bot

始まり @b_book_bot

来客を告げるベルが鳴った。
(訪問者/恩田陸)

23:08:22
b_book_bot

始まり @b_book_bot

確かにつぐみは、いやな女の子だった。
(TUGUMI/吉本ばなな)

20:08:37
b_book_bot

始まり @b_book_bot

ずいぶん前に床屋の主人が、髪の毛に興味なんてないよ、と私に言ったことがある。
(死神の精度/伊坂幸太郎)

17:08:17
b_book_bot

始まり @b_book_bot

たぶんこれは、一枚の写真についての物語なのだろう。
むろん、ある男の死を巡る謎についての物語でもあるし、山の話でもあるはずだ。
(木漏れ日に泳ぐ魚/恩田陸)

14:08:50
b_book_bot

始まり @b_book_bot

彼のことを、私と息子は博士と呼んだ。そして博士は息子をルートと呼んだ。
(博士の愛した数式/小川洋子)

11:07:38
b_book_bot

始まり @b_book_bot

わたしには、恋は、いつか絵本で見た白い鳩のようなものだ
(ほんものの白い鳩/江國香織)

08:08:01
b_book_bot

始まり @b_book_bot

チリンのすずで 
おもいだす
やさしい 
まつげを 
ほほえみを

チリンのすずで
おもいだす
このよの
さびしさ
また
かなしみ
(チリンのすず/やなせたかし)

05:07:20
b_book_bot

始まり @b_book_bot

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。
(雪国/川端康成)

02:07:29

2017年02月28日(火)

b_book_bot

始まり @b_book_bot

森は生きている、というのは嘘だ。
(黒と茶の幻想/恩田陸)

23:07:51
b_book_bot

始まり @b_book_bot

意識の奥というか、何かのよどみの底の下から、生きた声がする。
(最後の命/中村文則)

20:08:32
b_book_bot

始まり @b_book_bot

そのロボットは、うまくできていた。女のロボットだった。人工的なものだから、いくらでも美人に作れた。
あらゆる美人の要素をとり入れたので、完全な美人が出来上がった。
もっとも、少しツンとしていた。だが、つんとしていることは、美人の条件なのだった。
(ボッコちゃん/星新一)

17:07:45
b_book_bot

始まり @b_book_bot

一番欲しいものは手に入らないと気づいたのは、いつの頃だったろう。
(王国/中村文則)

11:07:41
b_book_bot

始まり @b_book_bot

或曇った冬の日暮である。私は横須賀発上り二等客車の隅に腰を下して、ぼんやり発車の笛を待っていた。
(蜜柑/芥川龍之介)

08:08:12
b_book_bot

始まり @b_book_bot

メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した。
(走れメロス/太宰治)

05:07:13
b_book_bot

始まり @b_book_bot

意識の奥というか、何かのよどみの底の下から、生きた声がする。
(最後の命/中村文則)

02:07:28

2017年02月27日(月)

b_book_bot

始まり @b_book_bot

それらの夏の日々、一面に薄の生い茂った草原の中で、お前が立ったまま熱心に絵を描いていると、私はいつもその傍らの一本の白樺の木陰に身を横たえていたものだった。
(風立ちぬ/堀辰雄)

23:07:47
b_book_bot

始まり @b_book_bot

他の男のことは知らないが、ぼくの場合、女性から手を差し伸べられたときは、その手を取る。
(あわせ鏡に飛び込んで-あなたをはなさない-/井上夢人)

20:08:02
b_book_bot

始まり @b_book_bot

僕は生まれたときから十四歳だった。
(獣の樹/舞城王太郎)

17:07:44
b_book_bot

始まり @b_book_bot

新しい季節は、いつだって雨が連れて来る
(ユージニア/恩田陸)

14:07:56
b_book_bot

始まり @b_book_bot

夢には足音がある。
(娼年/石田衣良)

11:07:35
b_book_bot

始まり @b_book_bot

幸せな家族はどれもみな同じように見えるが、不幸な家族にはそれぞれの不幸の形がある。
(アンナ・カレーニナ/トルストイ)

08:08:00
b_book_bot

始まり @b_book_bot

半年前から、玄関で寝ている。
(流れ星が消えないうちに/橋本紡)

05:07:16
b_book_bot

始まり @b_book_bot

そのロボットは、うまくできていた。女のロボットだった。人工的なものだから、いくらでも美人に作れた。
あらゆる美人の要素をとり入れたので、完全な美人が出来上がった。
もっとも、少しツンとしていた。だが、つんとしていることは、美人の条件なのだった。
(ボッコちゃん/星新一)

02:07:34

2017年02月26日(日)

b_book_bot

始まり @b_book_bot

「あの子の心を、治してください」
その女性が、膝で両拳を握った。
(聖者は夜に還る/山田宗樹)

23:07:44
b_book_bot

始まり @b_book_bot

人がひとり、世界から姿を消すことなんてかんたんなのではないか
(紙の月/角田光代)

20:08:00
b_book_bot

始まり @b_book_bot

ぼくは昔からずっと、クモが好きで好きでたまらなかった。
(ダレン・シャン/ダレン・シャン)

17:07:38
b_book_bot

始まり @b_book_bot

鳥獣戯画という素敵な絵を社会科の教科書で見たことがあります。先生が黒板に私の名前を書いています。きしきしと音がして、私の名前は、もう既に、先生のはくぼくに踏みにじられました。
(風葬の教室/山田詠美)

14:08:03
b_book_bot

始まり @b_book_bot

チリンのすずで 
おもいだす
やさしい 
まつげを 
ほほえみを

チリンのすずで
おもいだす
このよの
さびしさ
また
かなしみ
(チリンのすず/やなせたかし)

11:07:40
b_book_bot

始まり @b_book_bot

私はその人を常に先生と呼んでいた。
だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。
(こころ/夏目漱石)

08:07:56
b_book_bot

始まり @b_book_bot

ところで、きみは鳩について考えたことがあるだろうか?
(ねじの回転/恩田陸)

02:07:24

2017年02月25日(土)

b_book_bot

始まり @b_book_bot

「とにかく困った。何しろ正気の沙汰とは思えん。狂ってるよ、全く・・・なに、昔から気まぐれなたちはたちなんだ。しかし今度のことは、気まぐれだなんてすましていられない何かがある。それがおれには怖いんだ。
(夜歩く/横溝正史)

23:07:42
b_book_bot

始まり @b_book_bot

意識の奥というか、何かのよどみの底の下から、生きた声がする。
(最後の命/中村文則)

20:08:31
b_book_bot

始まり @b_book_bot

ある人の姿を思い浮かべる時、いつもその時刻は夕暮れ時だ。
(黄昏の百合の骨/恩田陸)

17:07:37
b_book_bot

始まり @b_book_bot

あれはたしか終戦直前だった。正確な日付は覚えていない。しかしあのゼロだけは忘れない。悪魔のようなゼロだった。
(永遠の0/百田尚樹)

14:07:56
b_book_bot

始まり @b_book_bot

夜は若く、彼も若かった。が、夜の空気は甘いのに、彼の気分は苦かった。
(ウィリアム・アイリッシュ/幻の女)

11:07:35
b_book_bot

始まり @b_book_bot

あたしですか、あたしはこれから人を殺しにいくんです。
(おやすみ、こわい夢を見ないように-このバスはどこへ-/角田光代)

08:08:02
b_book_bot

始まり @b_book_bot

一番好きな花はなにかと訊かれたら、ためらうことなく桜と答えるが、花を追いかけて旅をするほどの趣味は持ち合わせていなかった。
(さくら伝説/なかにし礼)

05:07:15
b_book_bot

始まり @b_book_bot

それらの夏の日々、一面に薄の生い茂った草原の中で、お前が立ったまま熱心に絵を描いていると、私はいつもその傍らの一本の白樺の木陰に身を横たえていたものだった。
(風立ちぬ/堀辰雄)

02:07:26

2017年02月24日(金)

b_book_bot

始まり @b_book_bot

夢には足音がある。
(娼年/石田衣良)

23:07:47
b_book_bot

始まり @b_book_bot

ぼくは昔からずっと、クモが好きで好きでたまらなかった。
(ダレン・シャン/ダレン・シャン)

20:07:56
b_book_bot

始まり @b_book_bot

似ている、という言葉について考えはじめると、私はとても混乱する。
(絵本を抱えて 部屋のすみへ/江國香織)

17:07:39
b_book_bot

始まり @b_book_bot

実家に忘れてきました。何を?勇気を。
(モダンタイムス/伊坂幸太郎)

14:08:02
b_book_bot

始まり @b_book_bot

新しい季節は、いつだって雨が連れて来る
(ユージニア/恩田陸)

11:07:39
b_book_bot

始まり @b_book_bot

幸せな家族はどれもみな同じように見えるが、不幸な家族にはそれぞれの不幸の形がある。
(アンナ・カレーニナ/トルストイ)

08:08:02
b_book_bot

始まり @b_book_bot

来客を告げるベルが鳴った。
(訪問者/恩田陸)

05:08:05
b_book_bot

始まり @b_book_bot

あれはたしか終戦直前だった。正確な日付は覚えていない。しかしあのゼロだけは忘れない。悪魔のようなゼロだった。
(永遠の0/百田尚樹)

02:07:34

2017年02月23日(木)

b_book_bot

始まり @b_book_bot

あたしですか、あたしはこれから人を殺しにいくんです。
(おやすみ、こわい夢を見ないように-このバスはどこへ-/角田光代)

23:08:37
b_book_bot

始まり @b_book_bot

わたしには、恋は、いつか絵本で見た白い鳩のようなものだ
(ほんものの白い鳩/江國香織)

20:09:19
b_book_bot

始まり @b_book_bot

彼のことを、私と息子は博士と呼んだ。そして博士は息子をルートと呼んだ。
(博士の愛した数式/小川洋子)

17:08:15
このページをシェアする