eizoseiki

映像の世紀のあの言葉@eizoseiki

35,704 ツイート 968 フォロー 3,047 フォロワー

95年に大反響を呼んだNHKドキュメンタリー「映像の世紀」内で流れた言葉、会話等をつぶやくbotです。140字に収まらない言葉は、意図が間違って伝わらないように気をつけつつ途中を略している場合もあります。ご了承ください。自動返信機能あり。glooth.com/eizo/←お世話になりましたm(_ _)m。

新しい順に表示 古い順に表示

全て表示 返信等を除く ピクチャ

95年に大反響を呼んだNHKドキュメンタリー「映像の世紀」内で流れた言葉

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年03月26日(日)

eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「戦場で兵士を待ち受けていたのは意外な武器でした。新式の機関銃です。戦争の始めには僅かな数しか配備されていなかったこの機関銃が、大きな威力を発揮しました。(中略)機関銃はたった一台で一つの部隊に匹敵するほどの威力を持っていました。しかし兵士達は昔ながらの突撃を命令されました」

14:03:04
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「中国の弱体化は今急に始まった事ではない。為政者は姑息にして、民衆は無知蒙昧。遠く将来のことを考える者は少ない。今や列強は虎視眈々と我が国を取り巻き豊かな資源を狙っている。我が国が列強の為に分割にされる危機は目前に迫っている。国民を苦しみから救い、国家の滅亡を防ごう」(孫文)

13:03:29
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「これは1921年に撮影されたロシア難民です。(略)共産党政権による農業政策の失敗は多くの難民を生み出しました。彼らを更に追い詰めたのはロシアを襲った記録的な大寒波でした。三千万人に及ぶロシア人が餓死の危機に直面しました。この時世界は初めて難民問題の深刻さを知ったのです」

12:03:07
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「1920年代のパレスチナです。ここには国家を持たない二つの民族が共生していました。アラブ民族とユダヤ民族です。(略)この二つの民族の間に立ちパレスチナを統治していたのが第一次大戦後に進駐したイギリスでした」

11:03:23
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

スターリン「いや、我々としちゃ、その馬がくるりと向きを変えてこっちを蹴ったりしないように監視してなくちゃならないんでね」(ヤルタ会談より 5/5)

10:50:06
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

チャーチル「そうかもしれん。が、しかしドイツという馬に馬車を引かせようと思ったら、馬草くらいは残してやらなくっちゃあ。空きっ腹じゃあ馬は動きませんぞ」(ヤルタ会談より 4/5)

10:45:06
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

スターリン「なるほどヴェルサイユは失敗した。しかしあれは、あなた方が現金払いを要求したからだ。我々は生産財や原料といった現物を要求しているのだ」(ヤルタ会談より 3/5)

10:40:05
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

チャーチル「イギリスの世論は賠償という考え方には反対です。第一次大戦後ドイツに巨額の賠償を課した結果、今度の戦争を引き起こしたことを忘れてはいないからです」(ヤルタ会談より 2/5)

10:35:06
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

スターリン「ドイツに賠償を支払わせる為に工場、機械設備、鉄道車両をドイツから撤去すべきです。ソ連は、ドイツの重工業および生産財の80パーセントを徴収します。いずれにせよドイツを解体し、孤立した弱小の小国の寄り合い所帯にしてしまわなくてはならない」(ヤルタ会談より 1/5)

10:30:06
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「これは1942年、イラクの砂漠地帯をゆくポーランド難民です。(略)同じ頃のポーランド、この国には第一次大戦後も数多くのドイツ人が暮らしていました。ヒトラーは彼らにかつてポーランド人が住んでいた家を分け与えたのです」

10:03:13
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「西ベルリンにはいろんな自由がありました。東にはない自由です。西では行きたい所へはどこにでも行けたし、考えることを自由に口に出せました。最後のチャンスでした。今日逃げなければ、一生ダメだと思ったんです。私は何も持たず、命の危険さえ顧みず、自由に向かって走り出していました」

08:03:10
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「大英帝国最大の兵器会社ビッカース社の機関銃です。発射数は一分間に745発。フランスのホッチキス社の機関銃です。この会社は機関銃の玉を送り出す仕組を利用して文房具も作っていました」

07:03:34
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「サッコとバンゼッティの有罪判決と不当逮捕は、全世界の知識人の間に強い抗議行動を巻き起こしました。(中略)サッコとバンゼッティは1927年8月電気椅子で処刑されました。二人への裁判が偏見と人種差別による冤罪であったことが認められるのは、実に50年後の1977年のことでした」

06:02:55
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「一方ヒトラーはその翌日、即座にズデーテン地方に進駐。ドイツ系住民から熱烈な歓迎を受けました。ヒトラーはミュンヘン会談を境に、ドイツの領土要求に対してイギリス・フランスが介入することはないという自信を深めます。そして、領土獲得計画を更に推し進める決意を固めるのです」

05:02:56
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「第一段階、日本は奥地まで攻め入ってくるが、経済的に行き詰るだろう。第二段階、日本は傀儡政権を作って対抗するが、我が方のゲリラ戦によって消耗するであろう。そして第三段階、十分な力を蓄えた我が方は、日本を追い出し、戦争は終わるであろう」(毛沢東)

04:02:56
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「株価を表示する黒板の前には、いつも人だかりが出来ていました。あまりに株価が乱高下するので、そこで卒倒する人もいた程です。でも、彼らはそう心配していませんでした。結局株価は上昇カーブを描き、実際みんな儲けているからますます買おうとする。実態は信用貸しでした」

03:03:11
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「ヒトラーが政権についている間、27万人ものユダヤ人がパレスチナへと逃れました。このことが過去から根深く続いていた二つの民族の軋轢を生み出すことになります」

02:03:07
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「肘の上までぴっちりと包む羚羊の手袋は左右それぞれ32個のボタンで留められていました。(中略)その後も恐るべき峠が続く…帽子の留めピンという峠、続いて宝石やアクセサリー(中略)果てしなく続くボタンを外してドレスが払いのけられると、現れるのは幾重にも重なるレースの花のペチコート」

01:03:11
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「ハーレムの住宅環境が悪いのは政府の責任だ。子供をかじるネズミ、人間の食料を横取りするゴキブリ、みんな政府の責任だ。まずい食料がものすごく高いのは政府の責任だ。全てはアメリカ政府が悪いのだ」(マルコムX)

00:02:50

2017年03月25日(土)

eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「昔はよき隣人だったのに、戦争によってユダヤ人は残虐な侵略者となりました。我々は、ただ戦争を避けるために一時的に逃げたのです。だから着の身着のままでした。誰もが、2~3日もすればまた村に帰れると思っていました。しかし、我々は二度と自分の家には帰れませんでした」

23:03:04
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「あくまで高くそびえる摩天楼は第一次世界大戦を境に急成長したアメリカの象徴でもあり、狭い土地を有効に利用する20世紀の都市の原型にもなりました。その一方で、あるイギリスの作家は摩天楼群について、どんな犠牲を払っても利益を追求する資本主義精神の強欲さの象徴であると記述しています」

22:03:22
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「蜂起当初の日々は、志願する兵士も続々とあり、高揚した雰囲気に満ちていました。誰も彼も、憎き侵略者と断固戦うのだという気概で高まっていました。(中略)武器は不足していましたが、それでも皆ドイツ軍の武器を奪いながら、激しく英雄的に戦いました」(ワルシャワ市民)

21:03:14
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「この国にはクロアチア人しか住むことはできない。私が神父の格好をしているからといって機関銃を乱射しないと思ったら大間違いだ。私はクロアチアに反するものは何でも殺してやる。それがたとえ7歳の少年であっても汚れたセルビアの血が流れているものは浄化しなくてならないのだ」

20:10:06
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「ゲリラ戦とはまず敵を精神的に追いつめることから始まる。平穏に食事をすることも、そして眠ることもできないように、昼夜を問わず攻撃を仕掛けるのだ。敵に休息を与えてはならない。どこにいても地雷を踏み、狙い打ちされる、そんな恐怖感を敵に植え付けるのだ」

20:03:06
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「終戦直後のパレスチナですイギリスは当時月に1500人という厳しい移住制限をしていました。これに対しユダヤ人は10万人の移民許可を求める運動を展開します。こうしたユダヤ人の動きに強く反発したのがアラブ人でした」

19:03:26
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「大衆は遂に数万人に達した。遥か向こうの角に幌馬車が現れると轟然たる万歳の絶叫が響き渡った。(略)群集はあらゆる戸口や窓から飛び出し、瞬く間にクルスク駅全てのプラットホームを埋め尽くす。(略)誰かが叫ぶ『もう100年生きて下さい!さようなら!』」文豪トルストイをモスクワに迎えて

18:03:04
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「戦争はまたもや起こった。見よ、一方は一切の殺生を禁じた仏教徒であり、一方は世界の人々の兄弟愛を公言するキリスト教徒であるというのに。今や極めて惨たらしい方法で互いに傷つけ合い、殺戮を重ねようとしている。陸に海に、野獣のごとく相手の隙を窺っているのだ」(トルストイ)

17:03:18
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「1937年に入ると、ヒトラーはオーストリア併合の機会を狙い活発な策略を開始します。これは首都ウィーンで(中略)街頭での騒乱などを頻繁に起こし、オーストリアのドイツへの併合を訴えています。ヒトラーの手口は併合を狙う地域にナチス勢力を作り、内部から切り崩していくというものでした」

16:03:14
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「彼らの関心は、アメリカ人の心の拠り所である聖書の教えが、進化論という科学によって否定されるかもしれないという事にありました。(中略)裁判はシカゴのWGN局によって全米に中継放送されました。これがアメリカでの裁判のマスメディア公開の先駆けとなりました」

15:45:06
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「宇宙を支配するために人類が作った手段が大成功を収めた。この啓示的な日に我々が忘れてならないのは、人類が必要とするものをよく認識し、人類自らを支配し律していくことである」(ローマ法王パウロ6世)

15:03:18
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「ロシア軍はロシア人最高の武勇を発揮している。しかし、それを攻撃する日本人はもっと偉大と言わざるを得ない。粘り強さ、機転、素晴らしい勇気、厳しい状況への知的な対応。今、世界中が興奮している。日本人は誇り高い西洋人と並び立つ列強であることを世界に示したのだ」イギリス・タイムス紙

14:03:04
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「進歩のない者は決して勝たない。負けて目覚めることが最上の道だ。日本は進歩ということを軽んじ過ぎた。(中略)敗れて目覚める、それ以外にどうして日本が救われるか。俺達はその先駆けとなるのだ。日本の新生にさきがけて散る、まさに本望じゃないか」(特攻隊員の言葉)

13:03:26
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「日本人は西洋の学問の成果を全て集めた。そして、西洋の成果を応用し、組み合わせて使いこなしている。この民族は我々の育んだ複雑な文明を、わずか一世代余りの内に習得したのだ」イギリス・タイムス紙

12:03:08
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「難民救済を国際舞台で訴える人物が登場しました。ノルウェーの極地探検家として知られていたフリチョフ・ナンセン、今もなお難民の父と語り継がれている人物です。(略)しかしこの救済活動には大きな障害がありました。欧米諸国の多くがこの時ロシアの共産党政権に対し経済封鎖をしていたのです」

11:03:19
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「愛の法則はひとたび抵抗という名の下での暴力が認められると、無価値となり、そこには権力という法則だけが存在します。ですから私は(中略)貴方の活動こそ、現在、世界で行われているあらゆる活動の中の最も重要なものと信じます」(トルストイが無抵抗主義のガンジーに宛てた手紙より)

10:03:29
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「当時ポル・ポトが子供達に掲げていたスローガンです。『我々は独自の世界を建設している。新しい理想郷を建設するのである。従って伝統的な形をとる学校も病院もいらない。貨幣もいらない。たとえ親であっても社会の毒と思えば微笑んで殺せ。今住んでいるのは新しい故郷なのである』」

09:03:18
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「生等もとより生還を期せず、在学学徒諸兄、また遠からずして生等に続き出陣の上は、屍を乗り越え乗り越え、邁往敢闘、もって大東亜戦争を完遂し、上宸襟を安んじ奉り、皇国を富岳の寿きに置かざるべからず。かくの如きは皇国学徒の本願とするところ、生等の断じて行する信条なり!」3/3

08:45:06
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「生等、今や、見敵必殺の銃剣を引つ提げ、積年忍苦の精神研鑚を挙げて悉くこの光栄ある重任に捧げ、挺身もって頑敵を撃滅せん」2/3

08:40:05
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「暴虐飽くなき敵米英は今やその厖大なる物資と生産力とを擁し、あらゆる科学力を動員し、我に対して必死の反抗を試み、決戦相次ぐ戦局の様相は日を追って熾烈の度を加え、事態ますます重大なるものあり」1/3

08:35:05
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「これが第一号のガスマスク。綿を詰めるだけのものから活性炭入りのマスクなど、わずか1年間で次々に改良されていきます。圧縮空気が入った背中のタンク。これは当時の地下鉄工事用に使われた空気ボンベに改良を加えたものです」

08:03:09
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「スターリンが帝国主義の敵を恐れた頃よりは我々は遥かに進歩した。(中略)今や我々の敵が恐怖に震え慄く番だった。勿論我々は最初に人工衛星を打ち上げた事実を最大限政治的に利用するつもりだった。アメリカの軍国主義者に圧力を加え、我々に対する扱いを改めさせようと思った」(フルシチョフ)

07:03:39
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「わが国における社会主義建設のために、世界の労働者階級の勝利のために、同志スターリン万歳!」(モスクワ地区書記時代のニキータ・フルシチョフ)

06:02:50
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「徒手空拳の労働者は数千人の犠牲者を出したが、ついに機関銃で鎮圧する軍隊に勝った。それからの革命は一瀉千里の勢いで、政府は脆くも一夜のうちに瓦解。もう市内には軒毎に赤旗がひらめくようになった」(ロシア2月革命を目撃した日本人商社マンの手記より)

05:02:55
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「リンドバーグ出発のニュースが伝わると、アメリカ中に興奮が沸き起こりました。誰もが無名の郵便パイロットであった一人の青年の冒険飛行が成功することを祈ったのです」

04:03:09
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「パリ郊外にあるフランス国防省資料部のフィルム保管庫。この資料部は第一次大戦を切欠に戦争の宣伝と記録を目的に作られました。摂氏15度に保たれた倉庫の中には(中略)第一次大戦を記録したフィルムはおよそ一千缶。時間にして150時間余りの映像記録です」

03:03:03
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「我々はフランスと対等な友人になりたい。かつてのように、我々を搾取し利用した支配者としてではなくフランスに良き助言者となって欲しいのです」(ホーチミン)

02:03:00
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「5つの民族が混在した多民族国家ユーゴ、その主要民族がセルビア人とクロアチア人でした。第一次大戦後、ユーゴは民族の平等と融和を掲げて誕生しました。しかしセルビア人とクロアチア人は宗教も文化も異なり、このことが民族対立の火種となったのです」

01:03:11
eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「この映像は(中略)パテ社の倉庫に保管されていました。(中略)パテ社で古いフィルムを扱っている担当者は、ニコライの一人おいて左にいる黒服の異様な男がラスプーチンでないかと示唆しました。しかし、こうして拡大してもこの男が果たしてラスプーチンであるか断定はできません」

00:02:50

2017年03月24日(金)

eizoseiki

映像の世紀のあの言葉 @eizoseiki

「女の子が大喜びするのは、一緒に映画を見終わった後で彼女をカフェに誘うことだ、などというのは、お話にならない古めかしさだ。今日では、彼女をドライブに連れて行くにも6気筒7人乗りのセダンが必要である」1920年代の新聞記事より

23:03:08
1 2 3 4
このページをシェアする