ff7_ct_bot

クラウドとティファ@ff7_ct_bot

18,475 ツイート 904 フォロー 790 フォロワー

ファイナルファンタジー7のクラウドとティファに関係する本編及び関連作品の台詞Botです(非公式)他キャラからのクラウドとティファに対しての台詞もあります。2時間毎に呟く設定です。現在フォロー返しは自動です。台詞追加のリクエストやご意見等ございましたら、リプかDMをお送り下さい。

セブンスヘブン/エッジ 

世の中はきびしいからな…

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年01月16日(月)

ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「世の中はきびしいからな…。お宝はいただく」「クラウドったら!!チョコボ頭のくせに!」

04:35:31
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「……5年前、俺はニブルヘイムに帰った。魔晄炉調査が任務だった。16歳だった。村は全然変わっていなかった。俺は何をした?そうだ……。母さんに会った。村の人たちに会った。そう、ティファの部屋にはいったんだ。そこで俺は……。ピアノを弾いた!タンスをしらべた!机の上の手紙を読んだ!」

02:35:32
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「あ 私ティファ。あなたも コスモスの戦士よね?」「いや 違う。俺は カオスの戦士だ」「じゃあ仲間と戦ったの?どうして?」「気まぐれだ」「気まぐれ?変なの。気まぐれで敵まで助けたりしちゃうの?」「まあな」

00:35:29

2017年01月15日(日)

ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「おまえを助けるためにクラウドがあらわれると思っていたが……」(ルーファウス)

22:35:30
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「マリンとデンゼルとティファ、いつも俺を助けてくれたよな。俺はずっと誰かに守られてきた。今度は俺の番だな」

16:35:31
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「ティファの声がライフストリームの意識の海から俺を呼びもどしてくれたんだ。約束したもんな。ティファになにかあったらかならずかけつけるって」

14:35:31
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「ティファは言ってくれただろ?『クラウド、ひさしぶりね』って。ティファのその言葉がいつでも俺をささえてくれる。だからティファ……そんなにおびえないでくれ。誰のどんな言葉よりもティファのその態度に俺は……」

12:35:28
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「あ 私ティファ。あなたも コスモスの戦士よね?」「いや 違う。俺は カオスの戦士だ」「じゃあ仲間と戦ったの?どうして?」「気まぐれだ」「気まぐれ?変なの。気まぐれで敵まで助けたりしちゃうの?」「まあな」

10:35:29
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「世の中はきびしいからな…。お宝はいただく」「クラウドったら!!チョコボ頭のくせに!」

08:35:30
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「星がとってもきれいな夜、クラウドと私。ふたり、給水塔でお話した……。だから私は、どんなときでもあなたは本当のクラウドだって思っていたの」

06:35:30
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「なにも心配しなくていいのよ、クラウド……。私がきっと、安全なところまで連れていってあげる!」

02:35:32

2017年01月14日(土)

ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「ティファは言ってくれただろ?『クラウド、ひさしぶりね』って。ティファのその言葉がいつでも俺をささえてくれる。だからティファ……そんなにおびえないでくれ。誰のどんな言葉よりもティファのその態度に俺は……」

22:35:31
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「さっきは本当にありがとう。突然現れて あいつを追い払ってくれて。すっごく かっこ良かったよ。ピンチに陥った女の子を救ってくれるヒーローみたいだった」

20:35:31
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「おはよう!クラウド!よく、眠れた?」「ティファがそばにいたから…」「それどういう意味かしら」

18:35:30
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「……ふたりきりだと飛空艇、ひろすぎるね。やっぱり、ちょっとだけさびしいな」「心配するな。だいじょうぶだ。俺がみんなのぶんも大騒ぎしてやる」

16:35:30
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「……悔しかった。……認めてほしかったんだ。強くなれば認めてもらえる、きっと……」「認めてほしい……?……誰に?」「……誰に、だって?……わかるだろ?……ティファに……だよ」

14:35:32
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「…………ふうじこめられたひそかな……ねがい……。大切な想いは……だれにも知られることなく……」

12:35:29
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

『給水塔にティファを呼びだしたあの夜も俺は考えていた……。ティファはきっと来てくれない……こんな俺のことなんか嫌ってるって』

10:35:29
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「……来てくれてたのね。……約束、守ってくれたのね。ピンチの時にちゃんと来てくれたんだ!」「ごめん……行くのが……少し遅れた……」「いいのよ……クラウド」

08:35:29
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「おまえを助けるためにクラウドがあらわれると思っていたが……」(ルーファウス)

06:35:30
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「……5年前、俺はニブルヘイムに帰った。魔晄炉調査が任務だった。16歳だった。村は全然変わっていなかった。俺は何をした?そうだ……。母さんに会った。村の人たちに会った。そう、ティファの部屋にはいったんだ。そこで俺は……。ピアノを弾いた!タンスをしらべた!机の上の手紙を読んだ!」

02:35:36

2017年01月13日(金)

ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「ティファ……やっとまた……会えたな……」

22:35:36
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「星がとってもきれいな夜、クラウドと私。ふたり、給水塔でお話した……。だから私は、どんなときでもあなたは本当のクラウドだって思っていたの」

20:35:33
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「……ふたりきりだと飛空艇、ひろすぎるね。やっぱり、ちょっとだけさびしいな」「心配するな。だいじょうぶだ。俺がみんなのぶんも大騒ぎしてやる」

18:35:32
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「……クラウドがいればね、全部解決するような気がする。クラウドがね……いつもそうしていたみたいにちょっと気取ったポーズで言ってくれるの。だいじょうぶだよ、ティファって」

16:35:34
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「ティファの声がライフストリームの意識の海から俺を呼びもどしてくれたんだ。約束したもんな。ティファになにかあったらかならずかけつけるって」

14:42:21
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「さっきは本当にありがとう。突然現れて あいつを追い払ってくれて。すっごく かっこ良かったよ。ピンチに陥った女の子を救ってくれるヒーローみたいだった」

00:35:33

2017年01月12日(木)

ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

『給水塔にティファを呼びだしたあの夜も俺は考えていた……。ティファはきっと来てくれない……こんな俺のことなんか嫌ってるって』

22:35:34
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

『あのときは……ニブル山へ行ったときティファがガイドだったよな』「ああ……おどろいたな」『でも、それ以外、ティファはどこにいたんだろ?』「……さあな」『せっかく久しぶりに会えるチャンスだったのに』「……そうだな」『どうして二人きりで会えなかったんだろう?』

20:35:33
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

『そっちこそ、こんなとこで遊んでていいのかい? いつでも頭かかえてれば問題が解決するとでも思ってる? 遠くからながめてるだけじゃなにも変わらないって気づいたんだろ』

16:35:36
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「あ 私ティファ。あなたも コスモスの戦士よね?」「いや 違う。俺は カオスの戦士だ」「じゃあ仲間と戦ったの?どうして?」「気まぐれだ」「気まぐれ?変なの。気まぐれで敵まで助けたりしちゃうの?」「まあな」

14:35:33
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「……ふたりきりだと飛空艇、ひろすぎるね。やっぱり、ちょっとだけさびしいな」「心配するな。だいじょうぶだ。俺がみんなのぶんも大騒ぎしてやる」

12:35:30
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「あら?お花なんてめずらしいわね。スラムじゃ、めったにさかないのよ。でも……プレゼントに、お花なんてクラウド、そうなんだ~」「そんなんじゃないさ。ティファ、あげる」「ありがとう、クラウド。ん~、いいかおり!お店を花でいっぱいにしちゃおうかな」

10:35:33
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

『俺は 消えるのか 調和の神コスモス この声が聞こえたらどうか 頼む 俺の大事な仲間を   “ティファ”』

08:35:33
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「彼女、ほんとに一生懸命あなたのことを看病してくれたんだから。大切にしてあげないとバチがあたるわよ。きっとよ」(ミディールの看護婦)

06:35:37
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「でも、新しい人生が始まると考えたことは何度かあったなと思ったら、おかしかった」「どうして?」「全部失敗した」「笑えないよ」「……今度は大丈夫だと思うんだ。ティファと一緒だからな」「ずっと一緒だったじゃない」「明日からの話だ」

04:35:37
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「ティファは言ってくれただろ?『クラウド、ひさしぶりね』って。ティファのその言葉がいつでも俺をささえてくれる。だからティファ……そんなにおびえないでくれ。誰のどんな言葉よりもティファのその態度に俺は……」

02:35:32
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

『記憶が戻ってしまったらおまえもきっと戦えなくなる。だから。そうなる前に 俺は――』

00:35:32

2017年01月11日(水)

ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「血は繋がっていないけど、家族。そっちと同じだ」

16:35:36
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

『給水塔にティファを呼びだしたあの夜も俺は考えていた……。ティファはきっと来てくれない……こんな俺のことなんか嫌ってるって』

14:35:32
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

『あのときは……ニブル山へ行ったときティファがガイドだったよな』「ああ……おどろいたな」『でも、それ以外、ティファはどこにいたんだろ?』「……さあな」『せっかく久しぶりに会えるチャンスだったのに』「……そうだな」『どうして二人きりで会えなかったんだろう?』

12:35:31
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「なにも心配しなくていいのよ、クラウド……。私がきっと、安全なところまで連れていってあげる!」

10:35:35
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「……7番街は遠いのか?ティファの店に行きたいんだ」「ティファって……女の人?」「ああ」「彼女?」「彼女?そんなところだ」

08:35:32
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「さっきは本当にありがとう。突然現れて あいつを追い払ってくれて。すっごく かっこ良かったよ。ピンチに陥った女の子を救ってくれるヒーローみたいだった」

04:35:37
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「だが心には私の影が焼きついている。また会おう クラウド。おまえがおまえでいる限り何度でもな」「余計なお世話だ。俺が本当に会いたいのは──」

02:35:32
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「でも、新しい人生が始まると考えたことは何度かあったなと思ったら、おかしかった」「どうして?」「全部失敗した」「笑えないよ」「……今度は大丈夫だと思うんだ。ティファと一緒だからな」「ずっと一緒だったじゃない」「少し、意味が違うんだ」

00:35:32

2017年01月10日(火)

ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

『あのときは……ニブル山へ行ったときティファがガイドだったよな』「ああ……おどろいたな」『でも、それ以外、ティファはどこにいたんだろ?』「……さあな」『せっかく久しぶりに会えるチャンスだったのに』「……そうだな」『どうして二人きりで会えなかったんだろう?』

22:35:33
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「血は繋がっていないけど、家族。そっちと同じだ」

20:35:32
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「あ 私ティファ。あなたも コスモスの戦士よね?」「いや 違う。俺は カオスの戦士だ」「じゃあ仲間と戦ったの?どうして?」「気まぐれだ」「気まぐれ?変なの。気まぐれで敵まで助けたりしちゃうの?」「まあな」

18:35:32
ff7_ct_bot

クラウドとティファ @ff7_ct_bot

「もうすこしだけ……このままでいさせて……。二度とこない、この日のために……。せめて、いまだけは……」「ああ……いいよ。これは、俺たちふたりにゆるされたさいごの時間かもしれないから……」

16:35:37
このページをシェアする

ツイート検索 @ff7_ct_bot

このページをツイートする