「ガーデニング」「何がガーデニングだ

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年05月17日(水)

fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「ガーデニング」「何がガーデニングだ! タイタニックと海に沈めばいいんだ! 忘れちまえばいいんだ、ソファのことも、ストリンの緑の縞柄も!」(タイラー)

03:40:10
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

"Free and Clear"

03:10:21
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「洗濯物が残ってるよ――売るのか?」「ええ、売るのよ」(マーラ)

02:40:11
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

気泡入りのガラス皿も買った。“職人の手作り品”だという証拠の気泡だ。皿の形も不ぞろい。

02:10:19
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

今日はシアトル、次の日はシスコ、ロス。シカゴ空港で目覚め、ダラス空港、ボルチモア空港へ。時差の1時間を、足したり、引いたり。

01:40:14
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

彼が言い訳を考えた。 「階段から落ちたんだ」「そう、階段から落ちた」

01:10:20
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

待て、話をもっと前へ戻そう。

00:40:18
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「僕のおやじは――僕が6つの時、お袋を捨てて――別の女と家庭を持った。それを6年ごとに各地で繰り返してた」「全国規模の家庭チェーンか」

00:10:13

2017年05月16日(火)

fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

ボブは女の乳房を持ってた。

23:40:12
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「マーラ、待てよ! ――電話番号の交換を」「どうして?」「曜日を変える場合が……」

23:10:21
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

愛しているから人を傷つけるとはよく言うが、傷つけたから愛せるとも言える。

22:10:17
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

僕はカタログをめくって考える。どんなダイニング・セットが僕にふさわしいだろうかと。

21:10:16
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「なんで酸素マスクをつけると思う? ……酸素でハイにするのさ。乗客はパニックで、大きく息をする。酸素の作用でハッピーになり、運命を受け入れる。――これを見ろよ。これが時速千キロで海面に不時着するときの表情か?」(タイラー)

20:40:10
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「じゃあどこがいいんだ!」「感染症」「血液の感染症だけだぞ」「脳の感染症も」「じゃ、血液は僕。それと脳性痴呆症」「それもあたし」「脳を全部?」「あなたは4つ。あたしは2つ?」「分かった――両方の感染症を譲る。それで3つずつ」(マーラ)

20:10:19
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「今夜は閉店だ! 皆、帰ってくれ!――音楽を切れ。ドアに鍵を」

19:40:11
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「それでなんか得したか?」「それ?」「頭のサエさ」「――もちろん」「そのまま磨きをかけろ」(タイラー)

18:40:10
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「殺人、犯罪、貧困。誰も気にしない。それより、アイドル雑誌にマルチ・チャンネルTV。デザイナー下着、毛生え薬、インポ薬、ダイエット食品。」(タイラー)

18:10:17
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

自分は死ぬ運命、それがマーラの哲学だ。死なないことが彼女の悲劇らしい。

17:10:18
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「諸君、ファイト・クラブへようこそ」

16:40:10
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

ボブは、僕にも睾丸がないと思い込んで、僕を愛してくれた。彼の胸の谷間に顔を埋めて、心ゆくまで泣く。至福の時間だった。

16:10:16
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「これで、お別れね」「友好的に別れよう」「何が友好的よ!」(マーラ)

15:40:10
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

ファイトのために、髪と爪を短く切った。

15:10:17
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「パーフェクトを目指すことなんかない。頭を切り替えて――自然な生き方を。おれはそう思うが、お前には悲劇か」(タイラー)

14:40:11
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

僕が黙っていると、症状が重いせいだと思われた。周りが泣くほどに、僕も泣けた。

14:10:19
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

えらく元気だな。カフェインの浣腸でもしたのかよ?

13:40:09
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

生きてることを実感できた。でも、それは実際にファイトをしてる間だけ。すばらしいファイターが――よそではまるで別人。あそこにいる時の面影はない。

13:10:16
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

今の若者は、ポルノ雑誌よりブランド買い。

12:40:09
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

見知らぬ他人の告白は、僕の心を揺さぶった。

12:10:16
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「単刀直入に言ったらどうだ?」「――それって迷惑かな?」「“それ”って何だ?」「きみんちに泊まってもいいかな?」「ああ!」(タイラー)

11:40:10
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「有名人と闘うなら?」「生きてる奴?」「死んだ奴でもいい」「――ヘミングウェイ。お前は?」「ウィリアム・シャトナーだな」

11:10:20
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「感じますか、洞窟を満たしている癒しのエネルギー――あなたの動物はどこに?」「……滑って。」(マーラ)

10:40:09
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「チェックインまで2時間です」 ――こうして人生の時間が減ってゆく。

10:10:16
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

あちこち旅行しても、ちっぽけな人生。砂糖もミルクも1回分、バターも1回分。ままごとのような機内食。リンスの要らないシャンプー。1回分のうがい液、1回分の石けん。

09:40:10
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「僕のと同じカバンだね」

09:10:16
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

ボブは女の乳房を持ってた。

08:40:09
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

自分でも思いがけず――堰が崩れた。沈黙と忘却の暗黒の世界に身を投じて、自由を見つけた。絶望の果てに、自由がある。――赤子のように眠った。

08:10:18
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

大抵の観客は映写機の切り替えなど気づかない。 「つまらない仕事だろ?」 ただし彼には楽しみが……

07:40:09
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

第1のルール、“クラブのことを口外するな”。続いて第2のルール、“クラブのことを口外するな”。

06:40:09
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

僕はカタログをめくって考える。どんなダイニング・セットが僕にふさわしいだろうかと。

05:40:08
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「また来週やろうぜ」「来月だ」「――次はアーヴィンとそこの新入り」

05:10:14
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「……先生、睡眠薬を出してください」 赤と青のツイナール、口紅の赤のセコナールだ! 「いや、自然な眠りがいいんです」「……。」

04:40:09
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

"Free and Clear"

04:10:12
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「先週、彼女は出産した。生まれたのは女の子――彼女の新しい夫の子だ。彼女のために、本当によかった――これで彼女も……」 ……「「「ありがとう、トーマス」」」

03:40:08
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「君は見物人――隠してもムダだ。皮膚がんの会、結核の会、睾丸がんの会でも見かけた」「練習したのね? ――そのセリフよ、考えた通りに言えた? ルパート」()マーラ

02:10:15
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

愛しているから人を傷つけるとはよく言うが、傷つけたから愛せるとも言える。

01:40:08
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

なぜ彼に電話したのか…… 自分でもわからない。 「はい?」『誰だよ』「タイラー?」

01:10:12
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「じゃあ、礼儀の質問だ。前を失礼する。ケツと息子、どっち向けようか?」(タイラー)

00:40:09
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

周囲は無人の倉庫と製紙工場。ムカつく蒸気と、おが屑のにおい。

00:10:12

2017年05月15日(月)

fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「さっき電話したんだけど、出なかったよ? 今、公衆電話からなんだ」『いつも自動コールバック方式でね。――それで?』(タイラー)

23:40:09
fightclub_bot

『ファイト・クラブ』(1999) @fightclub_bot

「日曜日が残ってるわよ。大腸がんをもらうわ」 この女、よく調べてる。 「よせよ、大腸がんは僕だ」「――こっそり行く気だったの?」(マーラ)

23:10:20
このページをシェアする

ツイート検索 @fightclub_bot

このページをツイートする