gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot@gyoseishosi_bot

13,892 ツイート 0 フォロー 63 フォロワー

行政書士試験に向けたbotを作ってみようと思ったので作りました。随時更新していこうと思います。

成年被後見人とは精神上の障害によって物事の判断能力を欠く状況にある者で

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年10月12日(木)

gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

成年被後見人とは精神上の障害によって物事の判断能力を欠く状況にある者で、家裁で後見開始の審判を受けた者。
成年被後見人が単独で行った法律行為は原則取消可。※日常生活に必要な範囲の行為は、単独で有効に行えて取消不可。
保護者は成年後見人で取消権、追認権、代理権を持つ。法人も可。

12:27:53
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

未成年者が法定代理人の同意を得ないでした法律行為は取り消すことができる
※①単に権利を得、又は義務を免れる行為②処分を許された財産の処分③法定代理人によって許された一定の営業に関する行為をすることは取り消せない。
保護者は親権者又は未成年後見人で取消権、同意権、追認権代理権を持つ

11:27:48
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被保佐人とは精神上の障害によって物事の判断能力が著しく不十分な者で家裁で後見開始の審判を受けた者。
単独で法律行為をできる※重要な財産上の行為については保佐人の同意を得ずに行った法律行為は取り消すことができる。日常生活に必要な範囲については単独で有効に行うことができ、取消不可。

08:27:52
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

私権の享有は出生に始まる※胎児は不法行為に基づく損害賠償の請求、相続、遺贈については、すでに生まれたものとみなされる

03:27:36

2017年10月11日(水)

gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被保佐人の保護者を保佐人といい、取消権、同意権、追認権を有する。
裁判所によって被保佐人のために保佐人に代理権を与える審判ができる。
保佐人は法人でもなれる。保佐人が選任されている場合でもさらに保佐人を専任できる。

23:27:54
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

未成年者が法定代理人の同意を得ないでした法律行為は取り消すことができる
※①単に権利を得、又は義務を免れる行為②処分を許された財産の処分③法定代理人によって許された一定の営業に関する行為をすることは取り消せない。
保護者は親権者又は未成年後見人で取消権、同意権、追認権代理権を持つ

21:27:47
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

成年被後見人とは精神上の障害によって物事の判断能力を欠く状況にある者で、家裁で後見開始の審判を受けた者。
成年被後見人が単独で行った法律行為は原則取消可。※日常生活に必要な範囲の行為は、単独で有効に行えて取消不可。
保護者は成年後見人で取消権、追認権、代理権を持つ。法人も可。

20:28:00
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被補助人とは精神上の障害によって物事の判断能力が不十分な者で家裁で補助開始の審判を受けた者。
被補助人は単独で法律行為をできるが13条1項の行為の中から、被補助人の精神状態に応じて家庭裁判所が決めた法律行為は、被補助人は単独で行うことができず、補助人の同意を得なかった行為は取消可

16:27:53
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被保佐人とは精神上の障害によって物事の判断能力が著しく不十分な者で家裁で後見開始の審判を受けた者。
単独で法律行為をできる※重要な財産上の行為については保佐人の同意を得ずに行った法律行為は取り消すことができる。日常生活に必要な範囲については単独で有効に行うことができ、取消不可。

15:27:45
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

私権の享有は出生に始まる※胎児は不法行為に基づく損害賠償の請求、相続、遺贈については、すでに生まれたものとみなされる

07:27:38
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

未成年者が法定代理人の同意を得ないでした法律行為は取り消すことができる
※①単に権利を得、又は義務を免れる行為②処分を許された財産の処分③法定代理人によって許された一定の営業に関する行為をすることは取り消せない。
保護者は親権者又は未成年後見人で取消権、同意権、追認権代理権を持つ

06:27:39
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

成年被後見人とは精神上の障害によって物事の判断能力を欠く状況にある者で、家裁で後見開始の審判を受けた者。
成年被後見人が単独で行った法律行為は原則取消可。※日常生活に必要な範囲の行為は、単独で有効に行えて取消不可。
保護者は成年後見人で取消権、追認権、代理権を持つ。法人も可。

02:27:40
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被保佐人の保護者を保佐人といい、取消権、同意権、追認権を有する。
裁判所によって被保佐人のために保佐人に代理権を与える審判ができる。
保佐人は法人でもなれる。保佐人が選任されている場合でもさらに保佐人を専任できる。

01:27:39

2017年10月10日(火)

gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被補助人とは精神上の障害によって物事の判断能力が不十分な者で家裁で補助開始の審判を受けた者。
被補助人は単独で法律行為をできるが13条1項の行為の中から、被補助人の精神状態に応じて家庭裁判所が決めた法律行為は、被補助人は単独で行うことができず、補助人の同意を得なかった行為は取消可

22:27:59
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被保佐人とは精神上の障害によって物事の判断能力が著しく不十分な者で家裁で後見開始の審判を受けた者。
単独で法律行為をできる※重要な財産上の行為については保佐人の同意を得ずに行った法律行為は取り消すことができる。日常生活に必要な範囲については単独で有効に行うことができ、取消不可。

16:27:53
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

成年被後見人とは精神上の障害によって物事の判断能力を欠く状況にある者で、家裁で後見開始の審判を受けた者。
成年被後見人が単独で行った法律行為は原則取消可。※日常生活に必要な範囲の行為は、単独で有効に行えて取消不可。
保護者は成年後見人で取消権、追認権、代理権を持つ。法人も可。

12:27:52
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

未成年者が法定代理人の同意を得ないでした法律行為は取り消すことができる
※①単に権利を得、又は義務を免れる行為②処分を許された財産の処分③法定代理人によって許された一定の営業に関する行為をすることは取り消せない。
保護者は親権者又は未成年後見人で取消権、同意権、追認権代理権を持つ

11:27:48
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被保佐人の保護者を保佐人といい、取消権、同意権、追認権を有する。
裁判所によって被保佐人のために保佐人に代理権を与える審判ができる。
保佐人は法人でもなれる。保佐人が選任されている場合でもさらに保佐人を専任できる。

10:27:52
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被補助人とは精神上の障害によって物事の判断能力が不十分な者で家裁で補助開始の審判を受けた者。
被補助人は単独で法律行為をできるが13条1項の行為の中から、被補助人の精神状態に応じて家庭裁判所が決めた法律行為は、被補助人は単独で行うことができず、補助人の同意を得なかった行為は取消可

09:27:45
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

私権の享有は出生に始まる※胎児は不法行為に基づく損害賠償の請求、相続、遺贈については、すでに生まれたものとみなされる

07:27:39
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被保佐人とは精神上の障害によって物事の判断能力が著しく不十分な者で家裁で後見開始の審判を受けた者。
単独で法律行為をできる※重要な財産上の行為については保佐人の同意を得ずに行った法律行為は取り消すことができる。日常生活に必要な範囲については単独で有効に行うことができ、取消不可。

03:27:35

2017年10月09日(月)

gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被保佐人の保護者を保佐人といい、取消権、同意権、追認権を有する。
裁判所によって被保佐人のために保佐人に代理権を与える審判ができる。
保佐人は法人でもなれる。保佐人が選任されている場合でもさらに保佐人を専任できる。

21:27:56
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被補助人とは精神上の障害によって物事の判断能力が不十分な者で家裁で補助開始の審判を受けた者。
被補助人は単独で法律行為をできるが13条1項の行為の中から、被補助人の精神状態に応じて家庭裁判所が決めた法律行為は、被補助人は単独で行うことができず、補助人の同意を得なかった行為は取消可

20:27:58
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

未成年者が法定代理人の同意を得ないでした法律行為は取り消すことができる
※①単に権利を得、又は義務を免れる行為②処分を許された財産の処分③法定代理人によって許された一定の営業に関する行為をすることは取り消せない。
保護者は親権者又は未成年後見人で取消権、同意権、追認権代理権を持つ

18:27:54
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

成年被後見人とは精神上の障害によって物事の判断能力を欠く状況にある者で、家裁で後見開始の審判を受けた者。
成年被後見人が単独で行った法律行為は原則取消可。※日常生活に必要な範囲の行為は、単独で有効に行えて取消不可。
保護者は成年後見人で取消権、追認権、代理権を持つ。法人も可。

16:27:56
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

私権の享有は出生に始まる※胎児は不法行為に基づく損害賠償の請求、相続、遺贈については、すでに生まれたものとみなされる

14:27:51
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被保佐人とは精神上の障害によって物事の判断能力が著しく不十分な者で家裁で後見開始の審判を受けた者。
単独で法律行為をできる※重要な財産上の行為については保佐人の同意を得ずに行った法律行為は取り消すことができる。日常生活に必要な範囲については単独で有効に行うことができ、取消不可。

13:27:47
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

未成年者が法定代理人の同意を得ないでした法律行為は取り消すことができる
※①単に権利を得、又は義務を免れる行為②処分を許された財産の処分③法定代理人によって許された一定の営業に関する行為をすることは取り消せない。
保護者は親権者又は未成年後見人で取消権、同意権、追認権代理権を持つ

06:27:39
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被補助人とは精神上の障害によって物事の判断能力が不十分な者で家裁で補助開始の審判を受けた者。
被補助人は単独で法律行為をできるが13条1項の行為の中から、被補助人の精神状態に応じて家庭裁判所が決めた法律行為は、被補助人は単独で行うことができず、補助人の同意を得なかった行為は取消可

04:27:42
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被保佐人の保護者を保佐人といい、取消権、同意権、追認権を有する。
裁判所によって被保佐人のために保佐人に代理権を与える審判ができる。
保佐人は法人でもなれる。保佐人が選任されている場合でもさらに保佐人を専任できる。

03:27:37

2017年10月08日(日)

gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

成年被後見人とは精神上の障害によって物事の判断能力を欠く状況にある者で、家裁で後見開始の審判を受けた者。
成年被後見人が単独で行った法律行為は原則取消可。※日常生活に必要な範囲の行為は、単独で有効に行えて取消不可。
保護者は成年後見人で取消権、追認権、代理権を持つ。法人も可。

23:27:51
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被保佐人とは精神上の障害によって物事の判断能力が著しく不十分な者で家裁で後見開始の審判を受けた者。
単独で法律行為をできる※重要な財産上の行為については保佐人の同意を得ずに行った法律行為は取り消すことができる。日常生活に必要な範囲については単独で有効に行うことができ、取消不可。

22:27:58
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

私権の享有は出生に始まる※胎児は不法行為に基づく損害賠償の請求、相続、遺贈については、すでに生まれたものとみなされる

15:27:44
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

未成年者が法定代理人の同意を得ないでした法律行為は取り消すことができる
※①単に権利を得、又は義務を免れる行為②処分を許された財産の処分③法定代理人によって許された一定の営業に関する行為をすることは取り消せない。
保護者は親権者又は未成年後見人で取消権、同意権、追認権代理権を持つ

14:27:51
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被保佐人の保護者を保佐人といい、取消権、同意権、追認権を有する。
裁判所によって被保佐人のために保佐人に代理権を与える審判ができる。
保佐人は法人でもなれる。保佐人が選任されている場合でもさらに保佐人を専任できる。

13:27:47
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被補助人とは精神上の障害によって物事の判断能力が不十分な者で家裁で補助開始の審判を受けた者。
被補助人は単独で法律行為をできるが13条1項の行為の中から、被補助人の精神状態に応じて家庭裁判所が決めた法律行為は、被補助人は単独で行うことができず、補助人の同意を得なかった行為は取消可

10:27:52
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被保佐人とは精神上の障害によって物事の判断能力が著しく不十分な者で家裁で後見開始の審判を受けた者。
単独で法律行為をできる※重要な財産上の行為については保佐人の同意を得ずに行った法律行為は取り消すことができる。日常生活に必要な範囲については単独で有効に行うことができ、取消不可。

09:27:43
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

成年被後見人とは精神上の障害によって物事の判断能力を欠く状況にある者で、家裁で後見開始の審判を受けた者。
成年被後見人が単独で行った法律行為は原則取消可。※日常生活に必要な範囲の行為は、単独で有効に行えて取消不可。
保護者は成年後見人で取消権、追認権、代理権を持つ。法人も可。

07:27:39

2017年10月07日(土)

gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

私権の享有は出生に始まる※胎児は不法行為に基づく損害賠償の請求、相続、遺贈については、すでに生まれたものとみなされる

23:27:53
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被保佐人の保護者を保佐人といい、取消権、同意権、追認権を有する。
裁判所によって被保佐人のために保佐人に代理権を与える審判ができる。
保佐人は法人でもなれる。保佐人が選任されている場合でもさらに保佐人を専任できる。

20:27:56
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

未成年者が法定代理人の同意を得ないでした法律行為は取り消すことができる
※①単に権利を得、又は義務を免れる行為②処分を許された財産の処分③法定代理人によって許された一定の営業に関する行為をすることは取り消せない。
保護者は親権者又は未成年後見人で取消権、同意権、追認権代理権を持つ

19:27:55
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

成年被後見人とは精神上の障害によって物事の判断能力を欠く状況にある者で、家裁で後見開始の審判を受けた者。
成年被後見人が単独で行った法律行為は原則取消可。※日常生活に必要な範囲の行為は、単独で有効に行えて取消不可。
保護者は成年後見人で取消権、追認権、代理権を持つ。法人も可。

18:27:50
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被保佐人とは精神上の障害によって物事の判断能力が著しく不十分な者で家裁で後見開始の審判を受けた者。
単独で法律行為をできる※重要な財産上の行為については保佐人の同意を得ずに行った法律行為は取り消すことができる。日常生活に必要な範囲については単独で有効に行うことができ、取消不可。

17:27:45
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被補助人とは精神上の障害によって物事の判断能力が不十分な者で家裁で補助開始の審判を受けた者。
被補助人は単独で法律行為をできるが13条1項の行為の中から、被補助人の精神状態に応じて家庭裁判所が決めた法律行為は、被補助人は単独で行うことができず、補助人の同意を得なかった行為は取消可

16:27:55
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被保佐人の保護者を保佐人といい、取消権、同意権、追認権を有する。
裁判所によって被保佐人のために保佐人に代理権を与える審判ができる。
保佐人は法人でもなれる。保佐人が選任されている場合でもさらに保佐人を専任できる。

08:27:53
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

成年被後見人とは精神上の障害によって物事の判断能力を欠く状況にある者で、家裁で後見開始の審判を受けた者。
成年被後見人が単独で行った法律行為は原則取消可。※日常生活に必要な範囲の行為は、単独で有効に行えて取消不可。
保護者は成年後見人で取消権、追認権、代理権を持つ。法人も可。

05:27:41
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被補助人とは精神上の障害によって物事の判断能力が不十分な者で家裁で補助開始の審判を受けた者。
被補助人は単独で法律行為をできるが13条1項の行為の中から、被補助人の精神状態に応じて家庭裁判所が決めた法律行為は、被補助人は単独で行うことができず、補助人の同意を得なかった行為は取消可

03:27:37
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

未成年者が法定代理人の同意を得ないでした法律行為は取り消すことができる
※①単に権利を得、又は義務を免れる行為②処分を許された財産の処分③法定代理人によって許された一定の営業に関する行為をすることは取り消せない。
保護者は親権者又は未成年後見人で取消権、同意権、追認権代理権を持つ

01:27:41

2017年10月06日(金)

gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被保佐人とは精神上の障害によって物事の判断能力が著しく不十分な者で家裁で後見開始の審判を受けた者。
単独で法律行為をできる※重要な財産上の行為については保佐人の同意を得ずに行った法律行為は取り消すことができる。日常生活に必要な範囲については単独で有効に行うことができ、取消不可。

20:27:52
gyoseishosi_bot

行政書士試験用bot @gyoseishosi_bot

被補助人とは精神上の障害によって物事の判断能力が不十分な者で家裁で補助開始の審判を受けた者。
被補助人は単独で法律行為をできるが13条1項の行為の中から、被補助人の精神状態に応じて家庭裁判所が決めた法律行為は、被補助人は単独で行うことができず、補助人の同意を得なかった行為は取消可

14:27:49
このページをシェアする