hihi_1985

hihi@hihi_1985

58,053 ツイート 4,362 フォロー 4,024 フォロワー

肉体改造と旅が大好きな29歳。現在ジャカルタで働いています。
中国・マカオ・香港・フィリピン・ワシントンでも働きました。
若者の働き方にプチ革命を。
脱いんぐりつしゆ。
ameblo.jp/kotega/

jakarta  ameblo.jp/kotega/

新しい順に表示 古い順に表示

全て表示 返信等を除く ピクチャ

肉体改造と旅が大好きな29歳

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年04月21日(金)

hihi_1985

hihi @hihi_1985

「say what?」=「何か言ったの?」what?だけだとエッ?!何?!!ってちょっと強い感じ。sayを足すとやんわり感が出ます。

17:10:07
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「that was close!」=「危なかったぁ!」失敗を免れたときに使います。closeには近いって意味もあって、危険に近かったってニュアンスです。closeで近いはよく使うので覚えると得。

16:40:09
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「i'll have to decline」=「せっかくだけどお断りします」declineは拒否するって単語。ただnoと言うより格段にステキ。i'll have toでこれまた残念感が出て遠慮がちに断れます。

16:10:09
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「thanks for waiting」=「お待たせ~」待ってくれてありがとう。サンクス ファ ウェイリン。これが許されるのはせいぜい5分の遅刻まで。それ以上はi'm sorry。

15:40:07
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「you bet」=「もちろん」喜んで。もちろんシリーズその2。辞書的には強調している同意の表現らしいです。

15:10:02
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「yoo-hoo」=「お~い」ユーフー。人に呼びかけるときに。英語って響きがステキ。なんか楽しくなっちゃう。

14:10:14
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「if you like,」=「良ければ~」日本人っぽい表現です。文頭に付けるだけなので簡単です。グッと相手を考慮した会話に。

13:10:05
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「don't play hard to get」=「じらさないで」男女間でよく使われます。女性はもったいつけるの上手ですから。

12:40:08
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「i owe you one」=「恩に着るよ」ひとつこれで借りができた。oweは借りがあるって意味。アイオウユ ワン。

12:10:06
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「i'll have this」=「これ下さい」買い物での決まり文句。i'll take itも使えます。this one,pleaseとかもうやめて~。どうせ英語使うならスマートに。

11:40:04
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「odd,isn't it?」=「変じゃない?」オッドではないです。それおかしくない?思ったらすぐに使って。質問しないと、会話はどんどん進んじゃいます。外国では会話の腰を折ってなんぼです。アッ イズニッ。

11:10:08
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「happens all the time」=「よくあるよくある」フラれたりクビになったり、悩んでるのは本人だけだったり。もう何が起こってもよくあること。そんな世の中になりました。ヘプンズ オール ザタイ。

10:40:10
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「never better」=「最高さ」i have never felt better in my lifeなどの略です。英語は反射力。

10:10:05
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「it`s on you」それはあなたの上にある=「あなたに任せるわ。あなた次第よ。」本当によく使います。ランチで何か注文するときとか、デートで行く場所やら、自分で考えたくないときはもう全てit`s on you!!あなた決めてよみたいな。便利です。

09:40:05
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「don't let it eat your heart out」=「くよくよすんなよ」最後がtばっかり。つづりだけ見ると長いけど、実際は一言。あっという間。ドウン レレッ イーチュア ハーラウ。れっといっといいと・・・とかやめて下さい。だいたい単語最後のtは発音しません。

09:10:01
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「not bad」=「まぁまぁかな」悪くないよ。短いし簡単だしよく使うけど、ど日本語の発音じゃぜ~んぜん通じません。脱ノットバッド。ナッベッ。

08:40:06
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「i wish i could」=「できればそうしたいけど」断るときに便利。行きたい気持ちはあるけど行けないって意味になります。日本人は断り下手だからね~。仮定法だから・・・とか考えずどんどん使って。

08:10:14
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「my pleasure」私の喜び=「どういたしまして」thank youと言われたら使ってください。いっつもyou are welcomeばっかり使っていません?もうそれ飽きましたよ。たまには違う返しを。

07:40:03
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「cut it out!」=「やめてってば!」かなりどストレートな言い方です。stop!よりもっとやめて感が出ます。女性なら是非覚えてもらいたい言葉。相手がしつこいとき、これで撃退です。

07:09:57
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「so what?」=「だから何よ」言いたいことは何なの。すぐに返すのが会話のコツ。英語は特にそう。日本で重んじられる間も英語ではそんなに重んじられません。ソワッ。

06:40:08
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「i need some change」=「ちょっと小銭がいるんです」お釣りをこまかいのでもらいたいときに。このsomeがすっごく大事。i need changeだけだと不自然です。someを入れるだけで「ちょっと感」が出て、ちょっと遠慮がちに伝わります。

06:09:56
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「look who's talking」=「あんたに言われたくないよ」誰が言ってんのか見てみろ。ルッ フーズ ターキン。こんなことサラっと言えるとステキでしょ。

05:40:03
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「i'm perspiring」=「汗かく~」汗はsweat?不正解ではないけど、部活後ダラダラ男子の汗って感じ。perspireだと汗ばんでるイメージ。

05:09:59
hihi_1985

hihi @hihi_1985

のぞいてみれば?
ameblo.jp/kotega/
除いちゃいやよ。

04:40:10
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「say no more」=「任せて」それ以上言わなくても大丈夫。頼まれごとをしたときに使うと快諾した感じ。嫌味っぽく言うと「しつこい」って意味にもなるのでご注意を。

04:09:57
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「everything sucks」=「全部クソったれ」お下品な表現でごめんなさい。でも結構使うのね~これが。いやなことが多い世の中だから。せめてあなただけはおクソにならないで。

03:40:03
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「i owe you big」=「すっごく助かる」あなたに大きな借りがある。よく使うけどなかなか聞き取れない表現の一つ。アイオウユ ビッ。

03:09:56
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「my brain doesn't seem to be working」=「なんか頭が冴えないみたい」seemを使うと断定せずに控え目な表現に。ミスの言い訳なんかにどうぞ。

02:40:07
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「we'll see」=「様子見よっか」返事をごまかしたいときに使います。子供にねだられたときのwe'll seeはまた今度ねって意味。NOってこと。大人はズルイわね。ウィルスィー。

02:10:00
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「that's part of the job」=「これも仕事のうち」遊んでるのか仕事してんのか。そんな状態が理想です。バタバタ営業、パチパチPCって味気ない。ザ パーラヴ ザジャ。

01:40:03
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「come closer」=「もっと近づいて」閉めるじゃないですよ。ささやかれたらドキっとしちゃう?命令でもないですよ。

01:09:55
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「i'm in the pink」=「元気ハツラツ」pinkには極みって意味があります。in the pinkで絶好調だぜぇみたいな。ピンクって便利でステキ。

00:40:07
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「it's simply lovely」=「とにかくかわいい」simple使うとすごくってニュアンスが出ます。veryみたいにベリーベンリです。

00:09:56

2017年04月20日(木)

hihi_1985

hihi @hihi_1985

「do we have to pay?」=「有料ですか?」ドゥウイ ハフタペイ。payの後にfirstを付けると「前払いですか?」って意味。応用できます。簡単簡単。

23:40:06
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「you're so business-like」=「あんたってドライだね」ドライってニュアンスを伝えたいときはbusiness-like。dryを使うと退屈なって意味になっちゃいます。和製英語って恐ろしや~。

23:10:09
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「so am i」=「わたしも~」me tooと同じ使い方。日本人は同意するときだいたいme tooだよね。なんか変。so am iの方が大人っぽいのに。ビジネスで使うならこっち。

22:40:10
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「i wasn't born yesterday」=「そんなにバカじゃないよ」昨日産まれたわけじゃないんだから。しゃれた言い回し。いかにも英語っぽいです。

22:10:07
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「the girl is plump」=「彼女ポチャだね」fatはギリギリ過ぎます。ケンカになるかも。plumpだとふくよかでふっくらな感じ。

21:40:05
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「i need some help」=「お願いがあるんだけど」失礼ではない言い方。ちょっとストレートです。wantは子供っぽい。使わないで。アイニー サムヘル。

21:10:04
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「be on time」=「遅れないで」命令っぽいですが、友達との約束ならこれで充分。時間通りにねって意味です。ビアンタイム。

20:40:07
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「you have a lot of nerve」=「図々しいなぁ」神経って意味の他に厚かましいって意味があります。映画観てたらそれはもうよく出てきます。

20:10:12
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「gotta minute?」=「ちょっと待って」ちょっとの定義ってあいまい。30分待たされることなんてザラです。そんなザラなガラ メネ。

19:40:04
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「what's the price on this?」=「おいくらかしら」how much?より印象がいいです。どうしてもhow much?使いたいならhow much is this?にするとグー。

19:10:02
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「it's no picnic to work」=「簡単じゃないね」picnicは愉快なコトって意味。ピクニックのイメージのまんま。使うときはだいたい否定文で。

18:40:10
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「i don't care for television」=「テレビは苦手で・・・」i don't likeはストレートで気持ちいいけど、ハッキリし過ぎて子供っぽい印象になるかも。not care forだとだいぶ大人な表現です。

18:10:06
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「never mind」=「なんでもない」心配ない。ネヴァマイン。このタイトルでめちゃめちゃ売れたアルバムがありましたね。

17:40:02
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「she's got your head」=「彼女イカれてる」くれぐれもイカしてる、ではないです。イカれてる。もちろん悪い意味です。

17:10:04
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「so what?」=「だから何よ」言いたいことは何なの。すぐに返すのが会話のコツ。英語は特にそう。日本で重んじられる間も英語ではそんなに重んじられません。ソワッ。

16:40:07
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「that's gross!」

=「キモ~い」

吐き気がする。

臭いとか見た目が気持ち悪いときにも使うし、人にも使います。

これ言われたら日本人じゃなくても傷付くって。

16:10:05
hihi_1985

hihi @hihi_1985

「i need some change」=「ちょっと小銭がいるんです」お釣りをこまかいのでもらいたいときに。このsomeがすっごく大事。i need changeだけだと不自然です。someを入れるだけで「ちょっと感」が出て、ちょっと遠慮がちに伝わります。

15:40:10
1 2 3 4
このページをシェアする

ツイート検索 @hihi_1985

このページをツイートする