kawase_design

河瀬大介デザイン事務所@kawase_design

894 ツイート 7 フォロー 3 フォロワー

モノや空間のプロデュースは、河瀬大介デザイン事務所が承ります。地域活性化イベントのサポートも行っています。

長野 長野市  nagablohp.com

新しい順に表示 古い順に表示

全て表示 返信等を除く ピクチャ

モノや空間のプロデュースは

2016年08月04日(木)

kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

手に入らない場合は、身近な大根の葉や三つ葉、ほうれんそう、小松菜などを代用するとよいでしょう。

11:02:52
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

七草を全部そろえることは、むずかしいでしょうが、デパートやスーパーなどでセット売りされているところもあります。

11:02:45
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

ビタミン補給の意味もあります。

11:02:38
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

白いおかゆと、美しい緑色の七草の組み合わせは、見た目にも風情があり、こってりしたお正月料理にも飽きてきた時期にぴったりのものといえるでしょう。

11:02:25
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

正月7日には、七種類の春の草、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろをたきこんだ七草がゆを食べて祝います。

11:02:17
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

火が高く上がるほど書き初めの字が上手になるといういい伝えがあります。

11:02:10
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

燃やした煙で歳神が天にもどっていくと信じられていました。
小正月の行事で、15日に行なうところが多いのですが、もう少し早い時期に行なうところもあり地方によって変わります。

11:02:01
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

神社や寺、また町内や村の一か所に正月の飾りに使った門松やしめ飾り、書き初めなどを集めて燃やす行事です。

11:01:24
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

歴史は古く、鎌倉時代に武士などが"天下泰平"や"四海静波"などのめでたい文字を書いたといわれ、その行事が民間に広まったのは、寺子屋が普及した江戸時代とされます。

11:01:17
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

新年の抱負や縁起のよい言葉を正月に初めて書くもので、文字だけでなく絵を書くことも書き初めといいます。

11:01:08

2016年08月02日(火)

kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

昔は正月のみでなく、ほかのめでたい場でも食べてお祝いしたものでした。

14:13:25
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

その名のとおり雑煮は、いろいろなものを入れて煮ますが、餅以外には、大根、人参、ごぼう、里イモ、三ツ葉などの野菜や、コンブ、タイ、エビ、イクラ、ハマグリなどの海産物、またきじ肉やあん入りの丸餅を入れる地方もあります。

14:13:18
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

大きく分けてみると、関東、九州、中国地方はすまし汁仕立て、京都を中心に関西地方は白味噌仕立て、九州の一部と山陰、山陽地方にみられる小豆をつかった雑煮があります。

14:13:11
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

雑煮は、地方によって、また家庭によって調理法や材料に特色があります。

14:13:04
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

できれば、各家独得のおせちメニューで、子どもから、孫へと伝えたいものです。

14:12:53
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

四段の重箱に、一の重には黒豆や田作り、卵、かまぼこなどの祝い肴、二の重には、焼き物中心でさわらやいか、ぶり、三の重は煮物で、与の重には、酢の物といった形がメインとなりますが、現在は地方によってずいぶんメニューが異なっています。

14:12:46
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

正月三が日は、商店の休みも多いため、その間の保存食、ということと、日ごろいそがしい主婦が三が日ぐらいは料理をつくらなくてもよいようにといった古人の知恵がこめられています。

14:12:36
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

現在のようなおせち料理の形ができたのは江戸時代の後半といわれています。

14:12:26
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

おせち料理は、もともと正月だけでなく、暦の上での区切りでもある、1月7日(人日)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)、7月7日(七夕)、9月9日(重陽)の五節句に、神に供えた食物でしたが、現在は正月料理のことを示します。

14:12:12
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

ift.tt/2aEtzTP pic.twitter.com/bBS2iAX3LZ

11:01:35
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

ift.tt/2aEtzTP pic.twitter.com/ieWPEMc0Jq

11:01:28

2016年08月01日(月)

kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

このとき、参列者はいっせいに拍手をします。

13:57:43
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

二人で持った(新婦の手に新郎の手を添える)ナイフを形式的に入れますが、写真撮影の便宜のためにポーズをとります。

13:57:38
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

ウエディングケーキ入刀 もとは欧米の風習ですが、ほとんどの披露宴で行われています。

13:57:34
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

参列者一同もこれに唱和して乾杯し、新郎新婦、媒酌人夫妻、両家の家族は軽く会釈して杯に口をつけます。

13:57:26
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

○○君と××さんの門出を祝し、またご両家のご繁栄をお祈りして乾杯いたしますLという内容の挨拶に続いて、「おめでとうございます」と音頭をとります。

13:57:20
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

本日はまことにおめでとうございます。

13:57:15
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

「僧越ではございますが、ご指名により乾杯の音頭をとらせていただきます。

13:57:10
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

乾杯 祝辞を述べていない主賓、あるいは指名された来賓に音頭をとってもらいます。

13:57:06
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

一般招待客の祝辞も立って受けるのが本来の姿ですが、司会者の言葉により、以後は座ったまま受けます。

13:56:59
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

着席を促されてはじめて座りますが、その際も終わったときには立って一礼します。

13:56:54

2016年07月28日(木)

kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

もしまだおかしな持ち方をしている人がいたら、今日からでも、直すことをおすすめします。

09:55:04
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

毎日の生活が出てしまうだけあって、いちばん怖いところ。

09:54:58
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

箸の持ち方は習慣です。

09:54:03
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

緊張していたから、あがっていたから、ついうっかり、といった弁解は通用しません。

09:53:57
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

そんな暗黙の取り決めがあるのが、箸の持ち方と使い方。

09:53:51
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

食べ方のマナーで、これだけは間違いが許されない。

09:53:45
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

箸の使い方は要チェック

09:53:37

2016年07月22日(金)

kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

お見舞いをいただいた人にお礼をしたい場合は、内祝いの品とともに、お礼状を書きましょう。

16:52:30
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

紅白の結び切りの水引きに「快気内祝」と表書きをします。

16:52:25
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

また、内祝いとして、赤飯などささやかなものを配ります。

16:52:21
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

内祝いをすることもありますが、これは健康が回復したことを周囲の人に伝えるものです。

16:52:16
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

病気のお見舞いに対しては、お返しをしないのが一般的です。

16:52:12
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

快気祝いは、あくまでも内輪の祝いです。

16:52:06
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

長期にわたった場合は、医師や看護婦にそれぞれお礼をすることがあります。

16:52:01
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

病院関係へは、一週間前後の入院の場合は、お礼のあいさつですませます。

16:51:56
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

また、いくら外見が元気そうでも、病人が疲労しないように、早めに帰るのも礼儀のひとつといえます。

16:51:51
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

病室では、病人はふだんより敏感になっていますから、病人の気にさわるような話題は避け、しつこく症状をたずねたりするのは、タブーです。

16:51:46
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

病院に見舞いに行く場合でも、眠っているときや、安静にしなければならないときなどは、見舞いの品を付き添っている家族の人に渡すようにします。

16:51:38
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

容体が回復期に向かい、安定した時期がよいでしよう。

16:51:30
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
このページをシェアする

ツイート検索 @kawase_design

このページをツイートする