kawase_design

河瀬大介デザイン事務所@kawase_design

929 ツイート 7 フォロー 3 フォロワー

モノや空間のプロデュースは、河瀬大介デザイン事務所が承ります。地域活性化イベントのサポートも行っています。

長野 長野市  nagablohp.com

新しい順に表示 古い順に表示

全て表示 返信等を除く ピクチャ

モノや空間のプロデュースは

2016年06月13日(月)

kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

あまり徒長枝は出さないけれども、やはり毎年剪定して形を整え、大きくしないほうがよい。

16:55:24
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

常緑樹で、ほうっておいても整型を保ちやすい木であるけれども、ふところ枝が枯れたり、枝葉の伸びにむらができると目だつので昔から丹念に手を入れている。

16:55:15
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

シノブヒバはサワラの変種で黄金シノブヒバは生垣によく使われる。

16:55:05
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

スイリュウヒバは、ヒバ類のうちでいちばん大木になる木であり、高さは10mにもなって新葉がシダレヤナギのように垂れ下がるのが特徴である。

16:54:55
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

クジャクヒバは葉が対生で枝がよく伸び、クジャクの尾に似ているのでこの名がある。

16:54:46
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

チャボヒバは、幹がまっすぐに立って円筒型になり、枝葉も密で古い庭によく使ってある。

16:54:37
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

感じがなんとなく古めかしく、都市公害にもあまり強くないので、近代的な庭園では遠慮されがちで、手入れもたいへんなことがこれに拍車をかけているようである。

16:54:27
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

ヒバは、ヒノキやサワラの園芸島種などを総称した名称で、たくさんの種類があり、昔は庭木としてよく利用されたものである。

16:54:12

2016年06月11日(土)

kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

いつまでもタケを残しておくと、若い元気のよいタヶが出なくなってしまうので、定期的に更新するとよく、冬のうちに伐採する。

14:48:24
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

普通は、枝葉をあまり切らずに放任するが、四年もたったような古タケは、かんがかっ色になって見苦しく病虫害にもかかりやすいので、根元から伐採して新しいタヶに更新する。

14:48:08
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

移植したときは、水上げをよくするために先のほうを切りもどすが、必ず節のところで止め、雨水がはいらないようビニールでおおっておく。

14:47:58
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

低湿地ではタケノコの出がよくないし、根元を踏み固めるようなところでは使えない。

14:47:48
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

春先に古葉を落として新葉を出し、5月の初めにはタケノコが勢いよく出て、その月のうちに伸びきってしまう。

14:47:38
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

モウソウチクは、観賞用のタケとしては大型で、かんの太さは20㎝、高さは10m以上にもなり、雪にも強い。

14:47:26
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

クリンギー~河瀬大介デザイン事務所のDesign keyword: youtu.be/KEww5CQU3y4?a@YouTube がアップロード

11:20:19

2016年06月10日(金)

kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

きのこは種類が明らかに分かっているものだけを食べることです。

16:58:11
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

自然毒食中毒ふぐは専門店で食べるようにすることと、興味半分に肝などを食べることはいけません。

16:58:04
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

古くなって缶詰めの缶が傷んでいるものは使用しないことです。

16:57:37
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

また、子どもがいたずらしない場所に保管し、無雑作に台所などに置くことは絶対いけません。

16:57:31
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

化学性食中毒-農薬や殺虫剤を、あきびんや缶などに入れるときはだれが見ても分かるような表示をすることです。

16:57:24
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

細菌性食中毒の多発時期(5~10月ごろ)は、生ものを避け、焼いたり、煮たりして火を通すようにします。

16:57:17
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

調理するときは手をよく洗い、手や指に傷があるときはできるだけ食品に触れないようにすることです。

16:57:11
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

ふきんの日光消毒、まな板の殺菌消毒をまめにしましょう。

16:57:05
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

調理用具はつねにきれいに洗い、よく乾燥させておきます。

16:56:59
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

ただし冷蔵庫を過信してはいけません。

16:56:52
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

保存しておくときはラップするなり、清潔な容器に入れて冷蔵庫へ。

16:56:45
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

買ったらできるだけ早く調理して食べるのがいちばんです。

16:56:39
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

食品管理のよい清潔な店から鮮度のよい食品を買うこと、です。

16:56:32

2016年06月08日(水)

kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

蔓性なので、棚仕立てにできるけれども、低木にしたり枯れ木にからませて、わびた感じを出すのもよい。

10:08:09
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

ツルウメモドキは日本中にある落葉低木であるが、ウメモドキとは全然別種のニシキギ科の花木で、雌雄異株である。

10:08:00
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

春になって萌芽伸長する枝は、5、6枚の葉を残して先をつめ、あまり勢いよく伸ばさないほうがよい。

10:07:54
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

太い枝はもろくて折れやすいので、無理してひっぱるとぼっきりと折れてしまう。

10:07:49
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

夏は伸びすぎた徒長枝を切り、冬の間に、伸びすぎた枝の切りもどし、小枝の間引きなどを行なってウメに似た枯淡な味を出すようにする。

10:07:43
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

いずれも小枝が密に出て、樹姿に拾てがたい味があるので、刈り込むのはよくない。

10:07:38
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

アンズの剪定もウメと同じ要領でよく、紅梅は小枝がたくさん出て樹型がこじんまりとなりがちだから、小枝を整理して元気のよい枝を出させるようにする。

10:07:34
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

夏の剪定は間引きを主とし、ウドンコ病の発生を防ぎ、日当たりや風通しをよくして、花芽分化をよくするのが目的であるが、冬季剪定では整姿が主眼点になり、不要な徒長枝の剪定、伸びすぎた枝の切りもどし、小枝の整理などを1~2月の候に行なう。

10:07:30
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

ウメは15㎝ぐらいの短い枝に花がつきやすいので、小枝を大切にする。

10:07:22
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

春から梅雨期にかけて伸びた枝は、翌年の花芽をつける枝であるから、あまりこみすぎた枝は6月ごろに間引き、30㎝以上の長い枝は先をつめておく。

10:07:14

2016年06月07日(火)

kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

グラニー・バッグ~河瀬大介デザイン事務所のDesign keyword: youtu.be/aRu__kd0_fA?a@YouTube

14:44:01
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

スジコ(筋子)はサケ(鮭)やマス(鱒)の卵であるが、ではイクラは何の卵かといえば、やはり同じサケ、マスのそれである。

10:21:39
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

鋭いので刺されれば痛いが、毒はもっていない。

10:21:33
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

バリの長さは長いもので5センチもある。

10:21:28
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

さてハリセンボンのバリの数だが、1000本というのはいささかオーバーで、実際には375本前後だといわれている。

10:21:23
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

ただ、いったん敵にのみ込まれてしまうと、鋭いバリも役に立たず、あっけなく相手の胃で消化されてしまう。

10:21:17
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

ふくれた体にバリが無数に立っている姿は異様で、敵にとって脅威なのだろう、そこで、襲撃をあきらめ、さっさと引きあげるというわけだ。

10:21:10
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

ハリセンボンはフグ目の魚で、敵を威嚇するために、バリを突き立てるほか、フグのように食道をふくらませる。

10:21:05
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

ところが敵などに出あうと、バリを突然直角に立たせ、武器として使う。

10:21:00
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

ふだんはこのバリも体にそってねかせてある。

10:20:54
kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

ハリセンボン(針千本)は、その名からもわかるように体中にバリ(棘)をもっている魚である。

10:20:47

2016年06月04日(土)

kawase_design

河瀬大介デザイン事務所 @kawase_design

アイレット・レースー~河瀬大介デザイン事務所のDesign keyword: youtu.be/qvHgo0SMoQ0?a@YouTube

11:06:22
4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
このページをシェアする

ツイート検索 @kawase_design

このページをツイートする