kotentann

古典たん(古文漢文)@kotentann

42,046 ツイート 6,066 フォロー 5,516 フォロワー

古典たんです!受験に役立つ古文漢文、大学以降でも使える日本古典中国古典の知識をツイートする「学術たん」だよ!webページ(調整中)に「5分間古典講座」あります。ヘッダーは鈴木丁さんに、アイコンはマーケティングたん(@MarketingTan)に頂きました。日本美術史や仏教も好き。

平安京,大学寮紀伝道(史学文学部) 

新しい順に表示 古い順に表示

全て表示 返信等を除く ピクチャ

受験に役立つ古文漢文

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年02月26日(日)

kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【アドバイス】対句、累句:同じような形をした2個や3個以上のフレーズのこと。現代語訳が求められたときにはちゃんとこれらに沿って丁寧に訳さないと減点されちゃう可能性もあるから要注意だよ!

10:22:19
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【語彙】ゆゆし : 基本となる意味は、「不吉」だよ。でも、そこから転じて、「不吉なほど凄い」という意味も持ったんだね。この場合は、プラスの意味でもマイナスの意味でも使うんだよ♪

08:22:35
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文常識】被枕:枕詞のかかる語をこう呼ぶことがあるよ。例えば、「ぬばたまの夜」であれば、「夜」が被枕にあたるね。 脱線するけれど、「被」は漢文では受け身の字だよね!

07:21:50
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

おはようございます! 辰ひとつです!

07:00:43
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【アドバイス】和歌:和歌を解釈する上で、ほっとんど例外なく「一番初めに行うべき」行動があるよ。・・・そう、句切れを確認すること。この時、係結び、終止形or命令形、終助詞などに注目すれば結構うまくいくよ。ただ、余韻や余情を残すために、体言止めや連体形で終える和歌もあるから注意!

06:22:00
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文発展】巻軸歌:歌集の或る巻の最後の和歌を指してこのように呼ぶことがあるよ!巻物の構造を考えてみれば、名前の由来がわかるね。

05:21:53
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文常識】春の夜の夢:これは、和歌なんかで使われると、「儚いもの」転じて「恋」が連想されるかも。もちろん例外はあるんだけど(ex.ただ春の夜の夢のごとしin平家物語)、和歌攻略の糸口にはなるんじゃないかな!

03:21:49
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【アドバイス】単語を覚えたければ、音読、書き取りは勿論のこと、「実際に使う」のがとても有効だよ!さぁ、みんなも古作文をしよう!

02:22:08
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文書】そうろう:文の切れ目、或いは語調を整える役目として出てくるよ。アルファベットのnに似た形が特徴的だね。とても重要な字だから要チェック! pic.twitter.com/dMdPqP5FsB

01:21:50
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文発展】和歌式:歌学書のことだよ。歌経標式、喜撰式、孫姫式を和歌三式と言い、石見女式(いわみのじょしき)を加えて和歌四式とも言うよ♪

00:22:12
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

おやすみなさい、子みっつですよ。

00:00:51

2017年02月25日(土)

kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【語彙】いとほし:これも現代語と意味が異なる形容詞として有名だね。メインの意味は「可哀想、気の毒」だよ。あっ、でも「いとしい」という現代と同じ意味も一応単語帳に載ってるから覚えておくといいかも。

23:22:10
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文発展】元禄の三文人:元禄期の三人の文人をこう呼ぶことがあるよ。すなわち、浮世草子の井原西鶴、人形浄瑠璃の近松門左衛門、俳諧の松尾芭蕉だね。

22:22:22
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文常識】上田秋成:江戸中期~後期の国学者、歌人だね。本居宣長との論争でも知られるね。代表作は『雨月物語』だけど、その他にも『春雨物語』『胆大小心録』『癇癖談(くせものがたり)』『藤簍冊子(つづらふみ)』を覚えておくといいかも。

21:22:05
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文発展】切り継ぎ:勅撰集を作成する際、草稿から精撰への段階で歌を追加・削除することだよ。削除することを切り出し、追加することを切り入れと言うよ。

20:22:35
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文発展】自讃歌:自分で認めた自信作、代表作のことを言うよ。おもて歌とも言うけれど、おもて歌には歌集の中の代表的な歌という意味もあるね。

19:22:07
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文発展】平懐:歌を非難して言う言葉で、詞や発想が平凡で、感動的でないことだよ。

18:22:21
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【活用】上二段活用:画像参照。「上二段は"起く"、き・き・く・くる・くれ・きよ!」と唱えて覚えよう! pic.twitter.com/srSXi09JnV

17:22:08
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【漢文常識】墨家:儒家の仁を、身近な人だけを愛する「別愛」であると批判して、全てのひとを愛する「兼愛」を主張したよ。彼らのポリシーである「墨家十論」はどれも面白いけれど、取り敢えず、侵略戦争を否定する「非攻」も覚えておこう。代表的な思想家は墨子だよ。

16:22:23
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【助動詞】なり・たり:活用は両方とも形容動詞型。意味は両方断定(「なり」は存在も)だね。「なり」の上には割と何でもかんでも付くけれど、「たり」の上には主に漢語が来るよね。「宰相たり」とかよく使うじゃない?

15:22:05
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文発展】平頭:第1句と第4句の頭の音が同じになってしまう歌病だね。但し、大した難ではないとされることもあるよ。

14:22:30
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【アドバイス】漢文学習:漢文学習は、まず返り点をマスターすることから始めてね。返り点が無い漢文を読む機会があるかもしれないけれど、返り点があるのと比べて、とっても難しいでしょ?

13:22:05
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文発展】日本刀の美術品登録:日本刀は美術品として登録される必要があるんだよ。だから、若し蔵等から古い未登録の日本刀が出て来たら、すぐ警察署に持って行って発見届を行い、登録審査を待とう!因みに模造刀はこの対象外だから安心してね。

12:22:23
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【漢文常識】九流十家:儒家、道家、陰陽家、法家、墨家、名家、縦横家、雑家、農家、小説家のことだよ。班固の記した『漢書』芸文志に於いて分類されているんだ。

11:22:09
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文常識】保元物語 : 鎌倉前期に成立した、保元乱について記した軍記物語のひとつだね。この時中心に描かれたのは、弓の名手である豪傑、鎮西八郎為朝(ためとも)だったことも少し覚えておくと便利かも?

10:22:22
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【語彙】いかん : 「いかん」の、如何と何如には違いがあるって知ってた?前者は「どうしようか(ex.如若何(なんぢをいかんせん、お前をどうしようか))」、後者は「どのようだ」なんだね。ちなみに「いかんぞ」と言ったら、理由を問う疑問詞になるよ。

09:22:03
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【漢文常識】三教:3つの大切な○○教、と言ったら、儒教、道教、仏教だよ! このうち輸入されたものは・・・そう、仏教だね。儒教と道教はMade in Chinaだよね。  あ、そういえば「China」っていうのは「秦」が語源という説もあって云々云々・・・←話題が脱線

08:22:35
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【アドバイス】博物館:実際に博物館に足を運んで、展示されている原本やレプリカを見るのも大切だよ!活字になった文章を読むだけで終わらせてしまうと、古典の魅力は半減しちゃうよ。

07:21:49
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

おはようございます! 辰ひとつです!

07:00:35
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文発展】源氏釈:建礼門院右京大夫の父、藤原伊行による、現存最古の源氏物語注釈書だよ。
出典は分からないけれどこの書物には残っている和歌として「ある時はありのすさびに憎かりき亡くてぞ人は恋しかりける」というのがあるんだ♪

06:21:59
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【識別】なむ:1、「死なむ」等、他の語の一部。2、係助詞の「なむ」。3、未然形+願望の終助詞の「なむ」。4、連用形+強意の「な」+推量などの「む」(確述用法)。 まず1や2である可能性を考えて、そうでなれけば前の動詞を見て3か4か識別すればいいね!

05:21:54
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【助動詞】る・らる:(下二段活用) 受け身(~される)、自発(~られる、上に来るのは知覚動詞がほとんどだね)、可能(~できる)、尊敬(~なさる、軽い敬意)の4つの意味があるよ!4段動詞、ナ変動詞、ラ変動詞なら「る」、それ以外なら「らる」を使います。

04:22:01
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【語彙】うやむや:漢字では「有耶無耶」と書くけれど、書き下すと「ありやなしや」、意味は「あるのか無いのか」。そこから、「はっきりしない」という意味になったよ。
「耶」の字の他に、「や」「か」と読む疑問の終字として、乎・哉・邪・也・与・歟が使われるから、覚えておこう!

03:21:50
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【識別】なむ : 1.願望の終助詞(未然形接続!) 2.強意+推量(連用形接続!) 3.係助詞(上には種々の語!)4.ダミー(ナ変動詞の語尾とか) 1と2は、下二段とかだと見分け付かないよね。そんな時には、「文末なら終助詞」が原則だよ♪

02:22:07
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文常識】藤原俊成:彼は、かの有名な藤原定家のお父さんだね。歌人としてその名声はなのめならぬものがあったんだよ。千載集の撰者をつとめたり、私家集の長秋詠藻を著したり、歌論の古来風躰抄を著したり♪ 長寿でも有名で、90歳を後鳥羽院が祝うエピソードが建礼門院右京大夫集にあるんだよ!

01:21:50
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【語彙】今:当然、nowという意味もあるんだけど、「ところで」の意味もあるんだよ! ちょこっと気を付ければ、他の受験生と差がつけられるかも?

00:22:05
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

おやすみなさい、子みっつですよ。

00:01:03

2017年02月24日(金)

kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【語彙】かる:「離る」ならば「離れる、途絶える」、「枯る、嗄る」ならば「草木が枯れる」という意味になるよ。和歌の掛詞としても頻出だね!あと、ちょっと細かい知識だけど「離れ離れなり」は「途絶えがちだ」、「枯れ枯れなり」は「枯れそうだ」、「嗄れ嗄れなり」は「声が嗄れている」だよ。

23:22:09
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文常識】仏教:仏教には3つの時勢があるよ。「正法(しやうばう)」...釈迦入滅後500年を指し、仏教はちゃんと機能する。「像法」...その後1000年、仏教の力は少し衰える。「末法」...その後10000年、仏教の力は失墜する。ちなみに西暦1050年頃から末法だったんだよ!

22:22:22
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文発展】似絵:鎌倉時代以降流行した、人々の表情に現実感を持たせたスタイルだよ。このスタイルは、なんと牛馬にまで広がったんだって!(例:《駿牛図》)

21:22:27
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【句形】疑問・反語:文末に「や」「か」を付けるタイプと、疑問詞を付けるタイプがあるよ。「や」「か」と読む漢字は、乎哉也邪耶歟与など。普通は「連体形+か」だけど、「不」が付いてたり疑問詞を使う場合には「終止形+や」でも読むね。反語は白文は疑問と一緒で。読み方だけ「~んや」になるよ。

20:22:48
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

@kotentann もっというなら、古文常識として、こういう「〜なもの」というのは例えばなんという平安時代の随筆にあって、その作者は誰で、いつ頃の人で、誰に仕えてた女房で、さらに、こういう「ものづくし」は何的章段と謂うのか、あたりは覚えておきたいですね。

@kotentann への返信
19:49:37
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

@kotentann この古文(?)は、格助詞「の」の使い方と、呼応の副詞「つやつや」と、助動詞「まほし」、の3つがきちんもわかれば、あとは簡単ですね

@kotentann への返信
19:46:44
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

許しがたきもの。
iPhone📱の、タップして3秒待てども、つやつや反応無き。
はっ倒さまほしきものなり。

19:28:20
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文書】も:茂という漢字を使っているけれど、意味としては単に「AもBも」の「も」と同じ、添加の意だね。 pic.twitter.com/Uox9vf2fsm

19:22:04
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文発展】尊卑分脈:研究に重宝する、かなり古くまで遡ることができる系図だよ!正式名称は『新編纂図本朝尊卑分脈系譜雑類要集』、長いね・・・!

18:22:24
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【漢文発展】荘子:『荘子』は、内篇と外篇と雑篇の3つに分かれているよ。このうち、荘子本人の著したのは内篇だけだと言われているよ。更に、内篇7篇のうち、最初の「逍遥遊篇」「斉物論篇」の2篇だけが本人によるものだという説もあるみたい。

17:22:07
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【漢文常識】九流十家:儒家、道家、陰陽家、法家、墨家、名家、縦横家、雑家、農家、小説家のことだよ。班固の記した『漢書』芸文志に於いて分類されているんだ。

16:22:22
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【古文発展】重代:代々、勅撰歌人を輩出してきた家柄のことだよ。重代歌人たちの権威は大きく、中古の晴れの歌会や歌合では判者の条件として重代歌人であることが挙げられることも!

15:22:04
kotentann

古典たん(古文漢文) @kotentann

【活用】上二段活用:画像参照。「上二段は"起く"、き・き・く・くる・くれ・きよ!」と唱えて覚えよう! pic.twitter.com/srSXi09JnV

14:22:32
1 2 3 4
このページをシェアする