niaes

農研機構 農業環境変動研究センター@niaes

8,593 ツイート 0 フォロー 4,714 フォロワー

農業環境技術研究所(農環研、NIAES)は農業と環境にかかわる研究や技術開発を行ってきましたが、2016年4月1日に農研機構(NARO)に統合されました。研究所ウェブサイトとツイッターは、農研機構 農業環境変動研究センター(農環研、NIAES)が引き継ぎました。

茨城県つくば市  naro.affrc.go.jp/niaes/

新しい順に表示 古い順に表示

全て表示 返信等を除く ピクチャ

農業環境技術研究所農環研

2017年03月16日(木)

niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

世界農業遺産への認定申請に係る承認及び日本農業遺産の認定を行う地域の決定について(農林水産省プレスリリース、3月14日)
maff.go.jp/j/press/nousin…
「大崎耕土」水田農業システム/静岡水わさび伝統栽培/にし阿波傾斜地農耕システムの世界農業遺産認定申請を承認

12:03:49
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

H2 疑似グライ土は、台地に多く分布し、緻密な下層をもつ排水の良くない土壌。台地、丘陵地および山地の水田での人為的湛水による灰色化土壌も含まれる。
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/… pic.twitter.com/x0gfcVXufX

11:58:21
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

「グライ」とは、地下水や停滞水によって土壌が還元状態(酸素が少ない状態)になり、土壌中に多く含まれる鉄が還元鉄となって青灰色から緑灰色を呈するようになったもの。
(参考) agrimesh.dc.affrc.go.jp/soil_db/image/…

11:57:23
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

H1 停滞水グライ土は、台地、丘陵地、山地にある排水不良な土壌。北海道などの台地、丘陵地、山地のくぼ地(微凹地)にみられるものと、棚田など人為的な要因で一年を通じて過湿になりやすい多雪地や排水不良地にみられるものがある。… twitter.com/i/web/status/8…

11:52:48
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)より
H 停滞水成土大群とは、停滞水または地下水の影響を受け、断面内に湿性の特徴を持つ、台地、丘陵地、山地の土壌。斜面下部、微凹地、あるいは台地、丘陵地の棚田地帯に分布。… twitter.com/i/web/status/8…

11:50:33

2017年03月15日(水)

niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

冬の田んぼ: 米粒と渡り鳥 (農業と環境117号)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
多くの渡り鳥が、田んぼに落ちている米粒を食べて冬の間を生き抜き、渡りのためのエネルギーを蓄えています。(写真はマガン) pic.twitter.com/RYPu48gMPi

17:13:49
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

農業が守る多様な生き物(農業と環境158号)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
多くの農村では半自然草地が省みられることなく消滅していますが、谷津田の「すそ刈り草地」は現在も残る貴重な半自然草地です。 pic.twitter.com/GdRbUhwl1b

17:11:16
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)より
G2 風化変質赤黄色土は、粘土集積層を持たず、風化変質層を持つ赤黄色土。おもに本州の中位段丘から高位段丘上および南西諸島一帯に分布。
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/… pic.twitter.com/TLsbu2Rhvp

17:08:51
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)より
G1 粘土集積赤黄色土は、浸透水の影響で上部の粘土が下部へ移動してできた粘土集積層を持つ赤黄色土。本州の中位段丘から高位段丘上および南西諸島一帯の、平坦で安定した地形面に分布し、畑、果樹園などに利用され… twitter.com/i/web/status/8…

17:06:54
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)より
G 赤黄色土大群は、有機物の蓄積が少なく塩基飽和度の低い、風化の進んだ赤色から黄色の土壌。西南日本、南西諸島に広く分布する。
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/… pic.twitter.com/uX8OxmasGa

17:04:59
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

微生物の力で生プラマルチをすばやく分解(農業と環境160号)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
畑のマルチシートなど生分解性プラスチックを短時間で分解する微生物を植物の体表から発見。製品化をめざしています。 pic.twitter.com/5GvXMBW6ZU

12:09:21
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)より
F5 未熟低地土は、未風化の土砂が堆積したままの土壌。鉄が遊離していないため班鉄を持たず、土砂そのものの色をしている。一般に砂質または砂礫質で排水ががよく、畑として利用されている。… twitter.com/i/web/status/8…

12:07:28
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)より
F4 褐色低地土は、沖積低地の中ではもっとも乾いた土地にあり、黄褐色の次表層を持つ土壌。自然堤防、扇状地など地下水位の低い場所に分布。畑または集落となっていることが多い。… twitter.com/i/web/status/8…

12:06:01
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

高いアレロパシー活性を有する植物種のスクリーニング(25年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
天然の生理活性成分から新たな農薬のリード化合物候補を得るため、アレロパシー活性の高い植物種を調査しました。 pic.twitter.com/9c9gysEvAv

12:03:18
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

水田土壌からのCO2放出量とその日変動・季節変動を解明
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
水田土壌からのCO2の放出は夏期の中干しから水稲収穫までが多く、年間放出量の半分近くを占めた。年間の放出量は、同じ地域の畑土壌… twitter.com/i/web/status/8…

12:00:32

2017年03月14日(火)

niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌呼吸:土から発生する二酸化炭素 (農業と環境119号)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
土壌は地球上で海洋に次ぐ炭素貯留庫。大気中の約2倍、森林など植物バイオマスの約3倍の炭素がたくわえられています。 pic.twitter.com/BHO1sH0IQh

17:30:31
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)より
F3 灰色低地土は、中間的な地下水位の沖積地土壌で、季節的な地下水の飽和によって班鉄層が地表下50cm以内に出現。海岸・河岸平野、谷底平野、扇状地などに広く分布。大部分は水田として利用。… twitter.com/i/web/status/8…

17:18:41
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)より
F2 グライ低地土は、地下水位が高く、ほぼ年間を通じて水に飽和されたグライ層が50cm以内にでてくる土壌。氾濫原の後背湿地、三角州、干潟などに広く分布。ほとんどが水田として利用。一般に排水不良。… twitter.com/i/web/status/8…

17:15:44
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

水田の窒素動態の予測精度の向上には大気と地表のガス交換の再現性が重要(25年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
土壌-イネ間と大気-水田間の交換過程に重点をおく2モデル(DNDC-Rice、SOLVEG)… twitter.com/i/web/status/8…

17:11:41
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

生分解性マルチの分解速度が畑によって違う理由には土壌微生物とそれらが生産する酵素が関係
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
生プラマルチの分解が早い畑の土からは生分解性プラスチックを分解する微生物が多く分離され、エステ… twitter.com/i/web/status/8…

17:04:44
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

畑土壌における古細菌群の動態と硝化への寄与の可能性(25年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
農業環境における温室効果ガス発生や地下水汚染の原因となる硝化反応に、土壌中の古細菌が寄与しています。 pic.twitter.com/uRfyVU10m0

12:10:44
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

植物の侵入病害の根絶を確認するための統計分析法
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
病害の根絶を宣言するためには科学的な確認が必要です。鹿児島県喜界島での侵入病害カンキツグリーニング病の根絶確認に利用されました。(平成… twitter.com/i/web/status/8…

12:03:29
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌情報閲覧システムの開発と利用
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
全国各地の農地に分布する土壌の種類と性質に関する情報をインターネット上で公開しています。(26年度研究成果) pic.twitter.com/sEF1LLBOBU

12:01:50
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)より
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
F1 低地水田土は、もとは地下水の影響がないか弱いところに水田を作ったことで、鉄集積層ができたり、灰色化した特徴的な断面を持つようになった低地の土壌。自然… twitter.com/i/web/status/8…

12:00:04
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)より
F 低地土大群は、河川、湖沼、海岸などの近くの低地に分布する土壌。
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
低地水田土、グライ低地土、灰色低地土、褐色低地土、未熟低地土の5土壌群が含まれる。 pic.twitter.com/8XVg9thic6

11:57:39
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

インベントリー 別冊 「土壌の写真集」(PDF)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
日本のおもな土壌の特徴を写真付きで解説。日本の土壌は10の大群(造成土、有機質土、ポドゾル、黒ボク土、暗赤色土、低地土、赤黄色土、… twitter.com/i/web/status/8…

11:52:52

2017年03月13日(月)

niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)
E3 塩基性暗赤色土は、おもに超塩基性岩(かんらん岩、蛇紋岩)からできる、pHの高い土壌。超塩基性岩が地表に出ている場所に分布する。
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/… pic.twitter.com/GMseT7K01M

17:28:56
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)
E2 酸性暗赤色土は、暗赤色の層の一部が酸性(pH5.5未満)を示す土壌。溶脱によって塩基が下方に流れ、もとは中性だった暗赤色土が酸性化した土壌、および熱水変成作用によって生成した火山系暗赤色土。… twitter.com/i/web/status/8…

17:25:43
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)
E1 石灰性暗赤色土は、石灰岩など石灰質の母材からできた土壌。必ずしも暗赤色でない場合がある。主に南西諸島の石灰岩地帯に分布する。
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/… pic.twitter.com/XIu85umkjY

17:23:49
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

公開シンポ情報「気候変動と北東北農業の未来」(3月29日 青森県十和田市)
agrmet.jp/conferences/co…
北東北の農業が不利な気象条件を克服してきた歴史やすでに顕在化している気候変動の影響と適応策を紹介し、北東北農業の未来を議論。
日本農業気象学会が開催。

17:20:27
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

シンポジウム情報「温故知新:東北の気候と農業」(3月15日 弘前大学)
hirosaki-u.ac.jp/26008.html
講演:歴史から見るヤマセ研究の現状と将来(弘前大学名誉教授 卜蔵建治)、近年の気候ステージとヤマセの吹走(農研機構農業環境変動研究センター 菅野洋光)ほか

17:17:36
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

黒ボク土の団粒構造の階層性を解明
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
日本の代表的な農地土壌である黒ボク土の団粒構造は粘土鉱物とアルミニウム・有機物複合体などからなる2μm以下の粒子の集合体によって維持されている。 pic.twitter.com/sdSAZSyPRw

17:15:30
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

コシヒカリ環1号を判別するDNAマーカとその利用方法に関するマニュアルを公開
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
低カドミウムイネ品種「コシヒカリ環1号」は、コシヒカリの種子にイオンビームを照射して作出した変異体。効率… twitter.com/i/web/status/8…

17:10:03
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の炭素貯留に最適なイネ残渣の燃焼・炭化程度を解明(26年度農環研成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
イネ残渣を焼く際に、もっとも多くの炭化物が土壌中に残る燃焼条件を明らかにしました。 pic.twitter.com/NzXEg4Ej7N

17:04:34
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

エルニーニョ、ラニーニャと世界の穀物収量の変動との関連性(PDF)(農環研ニュース104号)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
エルニーニョ年には世界のトウモロコシ、米、小麦が減収、大豆が増収する傾向があります。 pic.twitter.com/vSVYBtoi5o

12:31:58
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

衛星搭載合成開口レーダによる水稲生育・収量特性を広域評価する手法(25年度農環研成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
雲の影響を受けずに地表面を観測できる合成開口レーダ(SAR)を利用して作物の生育や収量を広域か… twitter.com/i/web/status/8…

12:27:41
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

世界のコムギとコメの不作を収穫3か月前に予測(25年度農環研研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
全球作物収量データベースを用いて解析した統計モデルと短期気候変動予測モデルを組み合わせて豊凶を予測する手法を開… twitter.com/i/web/status/8…

12:23:58
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

包括的土壌分類第 1 次試案に基づく 20 万分の 1 日本土壌図(27年度農環研成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
農耕地、非農耕地の区別なく、さまざまな目的に利用可能な、全国をカバーする20 万分の1 の土… twitter.com/i/web/status/8…

12:06:32
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)より
E 暗赤色土大群は、下層が暗い赤色であるか、石灰岩あるいは石灰質堆積物に由来する塩基性の土壌。山地の一部、丘陵地や石灰岩台地などに分布。
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/… pic.twitter.com/CDT3pFEcfo

12:02:24

2017年03月10日(金)

niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
D6 アロフェン質黒ボク土は、主として火山放出物を母材として排水のよい場所での風化でできた結晶度の弱い粘土鉱物と腐植の集積で特徴づけられる黒ボク土。地形を問わ… twitter.com/i/web/status/8…

17:46:39
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
D5 非アロフェン質黒ボク土は、結晶性粘土鉱物に富む黒ボク土。酸性が強い。北海道、東北、東海、山陰、九州に広く分布する。 pic.twitter.com/ksf7s29oUA

17:32:43
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
D4 褐色黒ボク土は、森林下にできる風化火山灰土壌で、有機物含量は高いが、黒色味が弱く褐色の表層を持つ。ブナ林下に典型的に発達する。 pic.twitter.com/Eu78JLxjj6

17:23:28
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

春の風景:雑種タンポポの謎(農業と環境120) ww.naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
花の形からセイヨウタンポポとされてきた個体の大半は、在来種と外来種の雑種タンポポでした。 pic.twitter.com/6CdCInFYRW

12:10:39
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
D3 多湿黒ボク土は、地下水の影響で湿っている黒ボク土。黒ボク土分布域に接する台地間の谷底、台地内の谷地、沖積低地のほか、排水の不良な台地にも分布する。 pic.twitter.com/NLarlyaz72

12:06:54
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)
D2 グライ黒ボク土は、地下水位の高い場所にあり、一年を通じて水で飽和した層が50センチ以内に存在する土壌。黒ボク土分布域内の谷底、谷地、低湿地などに分布。多くが水田として利用される。… twitter.com/i/web/status/8…

12:05:15
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)
D1 未熟黒ボク土は、堆積した火山放出物が、ある程度の土壌化作用を受け、リン酸を固定する性質や有機物の集積を示し始めた段階の土壌です。
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/… pic.twitter.com/0sRhXseugR

12:02:38
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

稲発酵粗飼料(WCS)を用いたバイオエタノールと家畜飼料の同時生産(26年度農環研成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
従来の稲ホールクロップサイレージとほぼ同じ設備で、エタノールと家畜飼料を同時に生産可能。 pic.twitter.com/rh9ZgBlO64

11:59:18
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

根におけるケイ素吸収・輸送モデルの開発とイネがケイ素を多く吸収できるメカニズムの解明
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
ケイ素はイネの病害や倒伏を防ぐ上で重要な役割を果たしています。
イネ特有の二重のカスパリー線構造… twitter.com/i/web/status/8…

11:56:48
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

ガスクロマトグラフのためのガス自動注入装置(26年度農環研成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
真空バイアルビンから少量のガス試料を抽出し、ガスクロマトグラフに注入する作業を簡便に自動化する装置を開発。温室効果ガ… twitter.com/i/web/status/8…

11:54:28

2017年03月09日(木)

niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

ビオトープにおける水生昆虫の多様性は泥の堆積によって低下する(農環研25年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
造成後の泥の堆積によって減少した水生昆虫の種数が泥さらいによって回復しました pic.twitter.com/SBzWuPLsOa

12:18:10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
このページをシェアする

ツイート検索 @niaes

このページをツイートする