niaes

農研機構 農業環境変動研究センター@niaes

10,189 ツイート 0 フォロー 5,416 フォロワー

農業環境技術研究所(農環研、NIAES)は農業と環境にかかわる研究や技術開発を行ってきましたが、2016年4月1日に農研機構(NARO)に統合されました。研究所ウェブサイトとツイッターは、農研機構 農業環境変動研究センター(農環研、NIAES)が引き継ぎました。

茨城県つくば市  naro.affrc.go.jp/niaes/

カイガラムシの奇妙な生活

2017年06月15日(木)

niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

カイガラムシの奇妙な生活 -性的二型と性フェロモンー(農環研ニュース102号)naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
メス成虫は幼虫期とほとんど同じ姿だが、オス成虫は変態してまったく違う姿になります。 pic.twitter.com/PfJsZmlcs3

17:21:05
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

害虫抵抗性遺伝子組換え作物による環境・生態系への影響: 2010年までの研究事例(白井, 2012)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/… pic.twitter.com/k8jDM7NO2A

17:17:43
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

低濃度エタノールを利用した土壌還元作用による土壌消毒技術
niaes.affrc.go.jp/techdoc/ethano…
薄めたアルコールでさまざまな土壌病害虫や雑草が抑制できます。
実施マニュアルと技術資料(PDF)を農業環境技術研究所(現 農… twitter.com/i/web/status/8…

17:10:10
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌還元消毒用資材 エコロジアール(日本アルコール産業株式会社)
ウェブページ j-alco.com/agri/item/dojy…
パンフレット j-alco.com/agri/date/ekor…
農環研(現 農研機構農業環境変動研究センター)、千葉県との共同研究により商品化。

17:07:28
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

コムギ穂からのかび毒デオキシニバレノール分解菌の分離(25年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
デオキシニバレノール(DON)分解細菌をコムギの栽培環境から14株分離。コムギの穂から発見した菌がコムギ自然… twitter.com/i/web/status/8…

12:09:01
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

多くの種類の生分解性プラスチックを分解できる酵素(25年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
オオムギの葉面に生息する糸状菌(カビ)(B47-9株)が作る酵素は多種類の生プラを分解できる。 pic.twitter.com/r1CiUYDVYc

12:07:14
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

畜産事業場に対する亜鉛と銅の排出原単位の推定と農地河川における亜鉛による生態リスク評価
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
畜産事業場での不十分な排水処理は河川水の亜鉛濃度と生態リスクを上昇させますが、適切な浄化処理に… twitter.com/i/web/status/8…

12:05:06
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

酵母が生産する糖脂質は微生物を葉面に広く定着させる
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
酵母 Pseudozyma antarctica が生産する糖脂質は優れた界面活性効果を持ち、人や環境への安全性の高い農業用展着剤… twitter.com/i/web/status/8…

12:03:40
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

耕作放棄水田の多い場所では水田性鳥類が少なく湿原性鳥類が多い傾向に
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
耕作放棄水田の多い場所ではサギ類など水田性鳥類の種数が少ない一方、オオヨシキリなど湿原性鳥類が多く観察されました。 pic.twitter.com/evZ9CXKKvb

12:02:33
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

サイエンスキャスティング2017(8月2日-3日 つくば) 参加者募集 epochal.or.jp/sc/2017/
中学生・高校生対象の研究体験イベント、応募期限7月18日。
農研機構 農業環境変動研究センターでは「スマホを使… twitter.com/i/web/status/8…

12:00:37

2017年06月14日(水)

niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

農業環境技術研究所所蔵の土生昶申コレクション(昆虫綱:コウチュウ目:オサムシ科)標本目録(2011, 吉武)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
ゴミムシ類の著名な研究者である故土生昶申博士が収集したオサムシ科標本22… twitter.com/i/web/status/8…

17:12:05
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

Fukushima may get rice variant that absorbs less radiation (6/13 The Asahi Shimbun)
asahi.com/ajw/articles/A… pic.twitter.com/um5z2Yupfl

17:05:20
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

リモートセンシングによる植物群落クロロフィル量の高精度汎用評価モデル(25年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
作物の生産力や植物群落と大気のCO2交換を支配する最も重要な生態系変量のひとつである植物群落… twitter.com/i/web/status/8…

17:02:23
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

バイオエタノール発酵液の土壌還元消毒効果
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
非食用バイオマスを現地処理した未精製・低濃度のエタノール発酵液はそのまま土壌還元消毒資材として利用でき、農村地域でのバイオマス資源の循環利用… twitter.com/i/web/status/8…

16:59:59
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土地利用等が河川・浅層地下水窒素濃度に及ぼす影響の解析
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
栽培作物や施用窒素量の変化に応じた河川や浅層地下水の窒素濃度の変化を予想し、流域の水質保全に配慮した耕地管理法の改善などに利用… twitter.com/i/web/status/8…

16:57:35
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

多収姓イネ品種タカナリが高CO2 濃度でさらに増収する要因(27年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
タカナリでは、通常は充実しない弱勢籾の成長が、高CO2 によって大きく促進されていた。 pic.twitter.com/2lvVzZdd6n

16:55:51

2017年06月13日(火)

niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

人工湿地の水質浄化機能の評価ならびにビオトープにおける生物相変化と管理手法(阿部ら, 2014)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
ビオトープ内人工湿地における水質浄化機能、ビオトープの植物相、水生昆虫相、土壌線虫相を調査。

17:24:19
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

本の紹介 352:ヒトはこうして増えてきた ―20万年の人口変遷史―、大塚柳太郎 著、新潮社(2015年7月)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
地球上における食糧や植物エネルギーの最大可能収量から、地球は120億の人間を支えられるとされる。

17:21:17
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

カワヒバリガイ問題 ―水の利用と外来種の困った関係(ウェブマガジン農業と環境159)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
カワヒバリガイは中国・朝鮮半島原産の二枚貝。利水施設や環境への影響が問題化しています。関東では利… twitter.com/i/web/status/8…

17:19:26
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

夏休みを楽しもう ! (農研機構「旬」の話題 2016年8月17日)
naro.affrc.go.jp/publicity_repo…
2016年の農研機構(つくば地区)「夏休み公開」のようすを報告。
今年は7月29日(土曜日)に「食と農の科学館」… twitter.com/i/web/status/8…

17:17:48
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

大気中の二酸化炭素濃度は観測史上最高を更新(気象庁 5月31日報道発表)
jma.go.jp/jma/press/1705…
2017年に入って地上観測地点における月平均値が観測史上最高を更新した。
(2017年4月に綾里(岩手県大船渡市)で 415.4ppm など)

17:14:39
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

平成27年地球温暖化影響調査レポート(2016年10月 農林水産省)
maff.go.jp/j/seisan/kanky…
西日本が2年連続で冷夏となったものの、全国的には高温傾向が続いた。地球温暖化によると思われる農作物等への影響事例… twitter.com/i/web/status/8…

12:12:56
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

セシウムの粒 事故知る鍵/炉心溶融で生成? 影響未知(6月11日 日本経済新聞)
nikkei.com/article/DGKKZO…
原発事故の際に関東地方に飛来したと考えられる「セシウムボール」の調査が進められている。

12:09:31
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

技術情報:数値予報も取り込んだ全国1kmメッシュ農業気象データ(農研機構 気候変動対応プログラム)
adpmit.dc.affrc.go.jp/technical/cont…
観測値や数値予報、平年値などを組み合わせて、日別の農業気象要素を全国について1km… twitter.com/i/web/status/8…

12:07:58
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

百聞は一見にしかず! 人工衛星から見た世界の農業と環境(PDF)(農環研ニュース105)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/… pic.twitter.com/FEAAb3i1sk

12:02:59
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

気候モデルの全球陸域の日射量予測値が公表されていない場合に代用の日射量を日最高・最低気温から推定するモデル
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
日最高・最低気温の予想値から日射量の日別値を推定する経験的なモデルを全球陸… twitter.com/i/web/status/8…

12:01:26
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

昔の「里山」の姿と伝統的な農業環境の土地利用の変化を古地図から探る(27年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
昔の農村は地形と生物多様性を巧みに利用し、化石燃料や化学肥料がない時代の生活を持続するための土… twitter.com/i/web/status/8…

12:00:02

2017年06月12日(月)

niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

市民講座「気候変動に備える ―将来、作物の生育や収量はどのように変わるか―」(7月1日 盛岡市)
naro.affrc.go.jp/event/list/201…
気候変動に対する農業研究の最近の取り組みを中心に取り上げ、将来の作物生産がどう変わるかを紹介します。

12:11:19
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

農研機構シンポジウム「熊本地震で農地や作物に何が起こったか?」- 熊本農業のさらなる復興に向けて -(6月20日 熊本市)
naro.affrc.go.jp/event/list/201…
農林水産省が立ち上げた緊急対応研究の結果を報告します。

12:07:57
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

報道:放射性セシウム吸収しにくい水稲開発 農研機構ほか(6月9日 農業協同組合新聞電子版)
jacom.or.jp/saibai/news/20…
参考:農研機構プレスリリース
naro.affrc.go.jp/publicity_repo… pic.twitter.com/FBBaK6AuvO

12:03:06
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

携帯電話を活用した病害虫広域調査システムの開発
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
広域に発生する病害虫の発生状況を、複数県の調査員から携帯電話を使って収集し、それに基づく被害予測をリアルタイムに関係者間で共有・閲覧で… twitter.com/i/web/status/8…

12:01:12
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

日本の農業における送粉サービスの経済価値評価(27年度農環研成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
花粉を運ぶ昆虫など(送粉者)が日本農業にもたらす利益(送粉サービス)の経済価値は2013 年時点で約4,700 億… twitter.com/i/web/status/8…

11:58:24
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

水田から排出される温室効果ガスの手動チャンバー法による測定手法ガイドラインを公表(27年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
世界の水田から排出される温室効果ガスの排出量を必要十分な精度で把握し、排出削減対… twitter.com/i/web/status/8…

11:56:40

2017年06月09日(金)

niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

特定外来生物ナガエツルノゲイトウは水田に侵入し拡散する(22年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
植物体の破片が用水に混入したり農業機械に付着して水田域に侵入することを未然に防ぐことが重要。侵入してしまっ… twitter.com/i/web/status/8…

17:17:12
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

植物病害の根絶を確認するための統計分析法(平成26年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
病害の根絶を宣言するためには科学的な根拠が必要です。鹿児島県喜界島での侵入病害カンキツグリーニング病の根絶確認に利用… twitter.com/i/web/status/8…

17:10:06
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

新聞記事:カメラで生育診断 近赤外光/デジカメ改造 安価に/津市の米農家・辻さん(6月9日 日本農業新聞)
参考:研究トピックス「デジタルカメラを活用した作物生育モニタリング」(PDF)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…

17:06:30
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

新聞記事:放射性セシウム低吸収コシを開発/玄米・麦わらで効果確認(6月7日 農業共済新聞)
参考:農研機構プレスリリース(5月31日)
naro.affrc.go.jp/publicity_repo… pic.twitter.com/oos18mwwuH

17:03:14
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

論文紹介: 生態系復元で農地の生物多様性と生態系サービスは回復するか?
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
世界中で農地の拡大や集約化で低下した生物多様性と生態系サービスを回復させる試み141事例をレビューした論文を紹介。

12:11:00
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

論文紹介:ヒ素の新たな化学形態別分離法
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
水に含まれるヒ素あるいは食品等から酸抽出されたヒ素を形態別に分離する手法は、固相抽出、液液抽出、水素化物発生法、高速液体クロマトグラフィ などに大別される。

12:09:12
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

カドミウム汚染水田浄化専用のカドミウム高吸収イネ「ファイレメ CD1 号」
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
日本の稲作に適したカドミウム汚染水田の浄化専用のイネ品種「ファイレメCD1 号」を開発しました。日本の食用… twitter.com/i/web/status/8…

11:59:08
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

生分解性マルチの分解速度が畑によって違う理由には土壌微生物とそれらが生産する酵素が関係
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
生プラマルチの分解が早い畑の土からは生分解性プラスチックを分解する微生物が多く分離され、エステ… twitter.com/i/web/status/8…

11:56:06
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

環境保全型農業の取り組み効果を示す農業に有用な生物多様性指標(27年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
農耕地における生物多様性を表す指標生物を選びました。調査法や評価法のマニュアルに従って、環境保全型農… twitter.com/i/web/status/8…

11:52:11

2017年06月08日(木)

niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

論文紹介:気候変動によってマルハナバチの生息域が縮小している
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
北米とヨーロッパでは温暖化によって南側(温暖域)の生息域が減少。土地利用の変化やネオニコチノイド系農薬の使用の影響は見られなかった。

17:13:53
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

市民講座「気候変動に備える ―将来、作物の生育や収量はどのように変わるか―」(7月1日 盛岡市)
naro.affrc.go.jp/publicity_repo…
気候変動が作物の収量や品質に及ぼす影響や将来予測、気候変動への適応技術を紹介。農研機構 東北農研セで開催。

17:12:21
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

新聞記事:農業データ有効活用/産学官23機関が連携基盤整備/「経験や勘」若手に伝える(6月2日 科学新聞)
農研機構 農業環境変動研究センターがプラットフォームに参画しています。

17:08:53
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

生分解性プラスチック分解酵素と保湿剤で生分解性マルチフィルムの分解を促進
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
土壌中で分解され、回収廃棄が不要な省力化資材である生プラマルチを、現場で確実に分解することができます。 pic.twitter.com/k9ojfIjh7O

17:07:12
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

大気 CO2 濃度の上昇はコメの品質を低下させるが高温耐性品種ではその影響が小さい
niaes.affrc.go.jp/sinfo/result/r…
大気CO2 濃度が高いと白未熟粒が多発するが、現在の高温耐性育種は、高CO2 による品質低下にもあ… twitter.com/i/web/status/8…

17:05:22
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

数理モデルに基づく水田からのメタン排出量算定方法の開発(27年度研究成果)
niaes.affrc.go.jp/sinfo/result/r…
日本の水田からのメタン排出量の報告に、水田の有機物施用や水管理によるメタン発生量変化を推定するDNDC-R… twitter.com/i/web/status/8…

17:03:06
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

高 CO2 濃度によるコメの増収効果は高温条件で抑制される (24年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
岩手と茨城で実施したFACE実験から予測。増収効果は品種によって大きく異なることがわかりました。 pic.twitter.com/TMwhNnxFcA

12:16:04
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

研究トピック:1kmメッシュ農業気象データ提供システム(ニュース農業と環境 No.110)
naro.affrc.go.jp/publicity_repo…
気象に対する作物の応答やそれに基づく栽培技術を、今まさに成長している作物の管理にリアルタイ… twitter.com/i/web/status/8…

12:13:18
このページをシェアする

ツイート検索 @niaes

このページをツイートする