niaes

農研機構 農業環境変動研究センター@niaes

10,443 ツイート 0 フォロー 5,495 フォロワー

農業環境技術研究所(農環研、NIAES)は農業と環境にかかわる研究や技術開発を行ってきましたが、2016年4月1日に農研機構(NARO)に統合されました。研究所ウェブサイトとツイッターは、農研機構 農業環境変動研究センター(農環研、NIAES)が引き継ぎました。

茨城県つくば市  naro.affrc.go.jp/niaes/

つくば3Eセミナー(11月1日)

2017年10月26日(木)

niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

つくば3Eセミナー(11月1日)
3. Multistate occupancy modelによるマツ枯れ動態の駆動要因の解明
4. Interrelation of Plant Quarantine Pest Lists in China

17:22:39
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

つくば3Eセミナー:個体群理論研究の新しい流れ(11月1日 農業環境変動研究センター)
nies.go.jp/biology/resear…
1.交雑によって促進される侵入種のアウトブレイク: 理論と予測
2.なぜ種間で動態は同期するのか:非線形時系列解析を用いた検証
ほか2件。

17:20:55
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

ワークショップ「コメ中無機ヒ素の簡易分析」(11月30日-12月1日 つくば)
affrc.maff.go.jp/tsukuba/top/ev…
市販の試薬、汎用機器を用いて安価・簡易にコメ中無機ヒ素を定量する技術の講義・実習(分析経験有無は不問)。 農林交流センターワークショップ。参加無料。

17:17:48
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

論文紹介: 気候変動によってマルハナバチの生息域が縮小している
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
北米とヨーロッパでは温暖化によって南側(温暖域)の生息域が減少。土地利用の変化やネオニコチノイド系農薬の使用の影響は見られなかった。

17:15:31
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
D1 未熟黒ボク土は、堆積した火山放出物が、ある程度の土壌化作用を受け、リン酸を固定する性質や有機物の集積を示し始めた段階の土壌です。 pic.twitter.com/g4OctDEf0y

17:14:42
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

日本産昆虫、ダニの発育零点と有効積算温度定数:第2版(桐谷, 2012)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
地球温暖化は昆虫やダニにどのように影響するか。昆虫の世代数や出現期を予測するために必要な、発育零点(T0)と有効積算温度定数(K)の情報を収集。

17:10:17
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

農薬による環境リスクの大きさを計算する確率論的評価法(21年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
水生生物に対する毒性の生物ごとのばらつきや、農薬の河川水中濃度の地域的ばらつきを解析し、農薬による環境リスク… twitter.com/i/web/status/9…

17:07:10
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

リモートセンシングによる作物特性評価法とその水稲生育診断・収穫管理への応用
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
人工衛星からのハイパースペクトル画像から、水稲の窒素含有量と玄米タンパク含有率を推定できます。 pic.twitter.com/4wAoiIFYkJ

17:04:28
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

高いアレロパシー活性を有する植物種のスクリーニング(25年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
天然の生理活性成分から新たな農薬のリード化合物候補を得るため、アレロパシー活性の高い植物種を調査しました。 pic.twitter.com/gQPPVUyUU9

17:03:35
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

農業分野の温室効果ガスに関するグローバル・リサーチ・アライアンス(3)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
嫌気性微生物の活動によって多量のメタン(CH4)が発生するなど、水田からの温室効果ガスの発生は、畑や草地とは全… twitter.com/i/web/status/9…

12:06:06
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

新しい低コスト土壌消毒法 ―低濃度エタノールを用いて
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
薄めたエタノールを農地に撒いて湿潤状態にし、表面を農業用ポリエチレンシートで覆います。植物病原性細菌、糸状菌 (カビ)、線虫、土… twitter.com/i/web/status/9…

11:57:40
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

農研機構シンポジウム「放射性セシウム吸収抑制対策の今後を考える」(12月4日 福島市)
naro.affrc.go.jp/event/list/201…
農研機構ほか関係研究機関の放射性セシウム吸収抑制対策の研究成果を紹介、今後の課題を議論します。

11:54:43
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

公開セミナー「地球温暖化に負けない農業をめざして」(11月1日 宮崎市)
naro.affrc.go.jp/event/list/201…
温暖化を生かす視点でのライチの栽培技術確立に向けた取組、気象学的アプローチからみた良食味米生産対策ほか。事前… twitter.com/i/web/status/9…

11:53:39
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

シンポジウム「薬剤抵抗性害虫の次世代管理体系構築に向けて」(11月13日 東京)
naro.affrc.go.jp/event/list/201…
農林水産省委託プロジェクトの成果を報告、理想的な薬剤抵抗性害虫管理に必要な方策を議論。農林水産省、農研機構など共催。事前申込制。

11:49:47
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

地球温暖化緩和のために農業ができること:温室効果ガス削減への貢献(一目でわかる研究成果)
naro.affrc.go.jp/project/result…
水田の中干し延長でメタンを削減できます。また、堆肥の投入量を増やしてCO2を削減できます(農… twitter.com/i/web/status/9…

11:47:51
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

「みらい」のイネに会いに行く "FACEing the Future"
naro.affrc.go.jp/niaes/blog/201…
50年後の大気中CO2濃度で野外の作物の反応を調べる「開放系大気CO2増加(FACE)実験」をつくばみらい市… twitter.com/i/web/status/9…

11:43:50
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

水田、休耕田、河川における湿生多年草タコノアシの個体群動態に及ぼす除草剤の影響(22年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
湿生植物を水田地帯で保全するためには、水稲作と休耕の転換や中程度の増水撹乱が必要。… twitter.com/i/web/status/9…

11:38:41
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

畜産事業場に対する亜鉛と銅の排出原単位の推定と農地河川における亜鉛による生態リスク評価
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
畜産事業場での不十分な排水処理は河川水の亜鉛濃度と生態リスクを上昇させますが、適切な浄化処理に… twitter.com/i/web/status/9…

11:36:26
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

農薬の生態リスク評価のための種の感受性分布解析(技術マニュアル)の公開(27年度農環研成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
種の感受性分布(SSD)をわが国における農薬の水生生物へのリスク評価に適用するための基本… twitter.com/i/web/status/9…

11:34:15
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

遺伝子組換え作物の生物多様性影響評価に必要な生物情報の収集(27年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
GMダイズとGMセイヨウアブラナの生物多様性影響評価に必要な、近縁植物(ツルマメやナタネ類)の生物情報… twitter.com/i/web/status/9…

11:31:38
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

世界の穀物生産に影響を及ぼす干ばつを監視するために衛星土壌水分量データを使用する(27年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
トウモロコシ、ダイズ、コメ、コムギ栽培地域で衛星観測と実測による土壌水分量データ… twitter.com/i/web/status/9…

11:29:45

2017年10月25日(水)

niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

公開セミナー「地球温暖化に負けない農業をめざして」(11月1日 宮崎市)
naro.affrc.go.jp/event/list/201…
温暖化を生かす視点でのライチの栽培技術、気象学的アプローチからみた良食味米生産、温暖化が肥育牛の生産性に及ぼ… twitter.com/i/web/status/9…

12:06:05
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

つくばサイエンスコラボ2017~科学と環境のフェスティバル~(11月18日-19日 つくば)
city.tsukuba.ibaraki.jp/14271/14654/01…
農研機構農業環境変動研究センターは、つくばカピオでの「つくば科学フェスティバル2017」に参加します。今回のテーマは「気象と農業」。

12:03:18
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

いばらき農業アカデミー:生産環境管理(土壌)講座第3回(10月31日 つくば)
agriacademy.pref.ibaraki.jp/course/id08
土壌の成り立ちや機能を理解し、普段目にすることのない国内外の代表的な土壌断面を見ます。第3回の受講者を募集中です。

12:00:51
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

畦畔管理におけるヒガンバナの意義とその他感物質リコリンおよびクリニンの同定(PDF)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
現在、ヒガンバナは一部の地方で嫌われ、畦畔を守る植物としての意義は忘れられています。 pic.twitter.com/s6d1k6dR10

11:59:36
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

農業分野の温室効果ガスに関するグローバル・リサーチ・アライアンス(2)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
畜産、農地(水田以外)、水田の3つの研究グループで研究が推進され、ニュージーランドに置かれた事務局が全体調整と… twitter.com/i/web/status/9…

11:56:19
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

論文の紹介:有機農産物と慣行農産物の環境影響の違いをLCAによって把握できるか?(ウェブマガジン農業と環境189号)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
環境影響の大きさを比較するには、農法の違いに注意して評価範囲を設定し、環境負荷物質の算定を行う必要がある。

11:54:13
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
D 黒ボク土大群は日本全国の31%を占め、6つの土壌群(未熟黒ボク土、グライ黒ボク土、多湿黒ボク土、褐色黒ボク土、非アロフェン質黒ボク土、アロフェン質黒ボク土… twitter.com/i/web/status/9…

11:52:35
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
D 黒ボク土大群は、主として火山灰を母材とし、軽くやわらかい土壌。
北海道、東北、関東、中国、九州地方の丘陵地、台地を中心に広く分布し、畑や牧草地などの主要な… twitter.com/i/web/status/9…

11:51:46
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

世界のコムギとコメの不作を収穫3か月前に予測(25年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
全球作物収量データベースを用いて解析した統計モデルと短期気候変動予測モデルを組み合わせて豊凶を予測できます。 pic.twitter.com/6jnIk7EarT

11:46:54
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

携帯電話を活用した病害虫広域調査システムの開発
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
広域に発生する病害虫の発生状況を、複数県の調査員から携帯電話を使って収集し、それに基づく被害予測をリアルタイムに関係者間で共有・閲覧で… twitter.com/i/web/status/9…

11:44:20
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

多収姓イネ品種タカナリが高CO2濃度でさらに増収する要因(27年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
タカナリでは、通常は充実しない弱勢籾(もみ)の成長が、高CO2によって大きく促進されていた。 pic.twitter.com/QCneMVkAn2

11:42:40
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌くん蒸効果を向上させ現場ニーズに応えるガスバリアー性フィルム(2016年研究成果)
naro.affrc.go.jp/project/result…
土壌くん蒸時の被覆に通常の農ポリフィルムではなく「ガスバリアー機能」を持つ新規フィルムを使うと… twitter.com/i/web/status/9…

11:39:55

2017年10月24日(火)

niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

土壌の写真集(PDF)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
C ポドゾル大群は、漂白した白っぽい層と、その下に腐植または鉄が集積した赤黒い層を持つ土壌。寒冷な森林に多く、北海道から中部にかけての山地に多く分布。 土壌群… twitter.com/i/web/status/9…

17:11:29
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

昆虫標本館の現状と取り組み(中谷ら 2016)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
約135万点の昆虫標本を所蔵。1,000点を超えるタイプ標本を保管して、それらのラベル情報と画像をインターネット上で公開しています。 pic.twitter.com/FNO57AKX0w

17:10:04
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

農業環境技術研究所所蔵の宗林正人アブラムシ科コレクション標本目録(PDF)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
宗林正人氏のコレクション4326点908種の標本目録。日本産アブラムシに加え、ヨーロッパや中東を含む広範な地域の標本で構成。42種のタイプ標本を含む。

17:07:02
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

コメ外観品質に影響する水稲登熟期間の日射環境が九州では過去29年間で顕著に悪化している(23年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
2007年までの九州における登熟期の日射量は、品種の変化と気温上昇による登… twitter.com/i/web/status/9…

17:02:54
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

ブタクサハムシは侵入地の環境に急速に適応する
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
ブタクサハムシは侵入地の環境に合わせて休眠の特性を急速に変化させました。侵入害虫の被害リスクの予測や気候変動に伴う昆虫の適応現象の予測に… twitter.com/i/web/status/9…

17:00:10
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

水田から排出される温室効果ガスの手動チャンバー法による測定手法ガイドライン(英文)を公表(27年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
世界の水田から排出される温室効果ガスの排出量を必要十分な精度で把握し、排… twitter.com/i/web/status/9…

16:51:01
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

明治初期・関東地方土地利用データをオープンデータとして公開(2016年研究成果)
naro.affrc.go.jp/project/result…
迅速測図をもとにした土地利用・被覆に関するデータベースを公開。大規模な空間情報を公開・維持・管理にク… twitter.com/i/web/status/9…

16:49:10
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

シンポジウム「薬剤抵抗性害虫の次世代管理体系構築に向けて」(11月13日 東京)
naro.affrc.go.jp/event/list/201…
農水省委託研究の成果を報告、理想的な薬剤抵抗性害虫管理に必要な方策を議論。農林水産省、農研機構など共催。事前申込が必要。参加無料。

12:13:54
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

農林交流センターワークショップ「コメ中無機ヒ素の簡易分析」(11月30日-12月1日 つくば)
affrc.maff.go.jp/tsukuba/top/ev…
市販の試薬、汎用機器を用いて安価・簡易にコメ中無機ヒ素を定量する技術を講義や実習を通じて習得。分析経験不問。参加無料。

11:53:04
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

「田畑のいきものを農業の味方に! 緑肥を使いこなそう!」千葉県有機農業者研修会・交流会(11月8日 千葉市)
pref.chiba.lg.jp/annou/organic/…
有機農業における生物多様性の保全と活用
緑肥作物の上手な活用方法
ヘアリーベッチを活用した有機水稲栽培
の3講演

11:50:49
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

農研機構シンポジウム「放射性セシウム吸収抑制対策の今後を考える」(12月4日 福島市)
naro.affrc.go.jp/event/list/201…
稲における放射性セシウのム吸収機構と吸収抑制策について6講演、大豆、ソバ、牧草での対策についてもそれぞれ講演があります。

11:47:03
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

公開講座:「畑作業にも酵素パワーを」-畑で役立つ新しい酵素の使い方-(11月22日 群馬県前橋市)
maebashi-it.ac.jp/regional/info/…
前橋工科大学地域連携推進センターの公開講座。
農研機構 農業環境変動研究センター循環機能利用ユニットの北本宏子博士が話題提供。

11:30:57
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

公開セミナー「地球温暖化に負けない農業をめざして」(11月1日 宮崎市)
naro.affrc.go.jp/event/list/201…
イネの収量や品質は50年後にどう変わるのか、気象学的アプローチからみた良食味米生産対策、気候変動に立ち向かう… twitter.com/i/web/status/9…

11:27:27
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

農業環境変動研究センターが研究助手(契約職員)を募集(難分解)
naro.affrc.go.jp/acquisition/20…
農学部農芸化学科あるいは工・理学部化学科の修士課程修了、GC-MS、HPLC、GC-ECD分析、化学実験をできる方 業務は難分解性有機汚染物質分解の技術開発

11:23:29
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

農業環境変動研究センターが補助員を募集(ヒ素プロ)
naro.affrc.go.jp/acquisition/20…
条件:できれば実験経験者。未経験者も歓迎します
業務:土壌及び作物体分析試料の整理・調整
30年3月まで、月10~15日程度(応相談)

11:21:43

2017年10月23日(月)

niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

国際観測ネットワークでイネの高温障害を解明する(22年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
世界のコメ生産地での高温障害の実態を把握するため、国際的な水田観測ネットワーク(MINCERnet)を構築しました。 pic.twitter.com/UyZu25Eljq

17:18:43
niaes

農研機構 農業環境変動研究センター @niaes

高CO2濃度によるコメの増収効果は高温条件で抑制される(24年度研究成果)
naro.affrc.go.jp/archive/niaes/…
岩手と茨城で実施したFACE実験で予測。品種によって増収効果が大きく異なった。高温・高 CO2 濃度環境… twitter.com/i/web/status/9…

17:16:19
このページをシェアする

ツイート検索 @niaes

このページをツイートする