primer_bot

素数bot@primer_bot

1,345 ツイート 38 フォロー 44 フォロワー

リプライを送ると素数の判定や素因数分解を行います。時々素数に関する豆知識などもつぶやいたりします。

auri.ga/primerbot/

素数リストの配布をはじめました

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年04月03日(月)

primer_bot

素数bot @primer_bot

@nukemeso1 1144122011は素数です

@nukemeso1 への返信
03:05:06

2017年04月01日(土)

primer_bot

素数bot @primer_bot

@nukemeso1 655552325544=2^3×3×19×25307×56807

@nukemeso1 への返信
23:28:37
primer_bot

素数bot @primer_bot

@nukemeso1 61815151645=5×13×951002333

@nukemeso1 への返信
07:21:07
primer_bot

素数bot @primer_bot

@nukemeso1 315164516451=3×17^2×19×137×359×389

@nukemeso1 への返信
07:20:03
primer_bot

素数bot @primer_bot

@nukemeso1 値が大きすぎます。12桁まででお願いします。

@nukemeso1 への返信
07:19:41

2017年03月31日(金)

primer_bot

素数bot @primer_bot

【お知らせ】
素数リストの配布をはじめました。
auri.ga/primelist.html
10億までの素数一覧がダウンロード可能です。

20:21:58
primer_bot

素数bot @primer_bot

@nukemeso1 20000101010=2×5×17×117647653

@nukemeso1 への返信
19:54:10
primer_bot

素数bot @primer_bot

@nukemeso1 1111は11で割れます

@nukemeso1 への返信
19:53:54
primer_bot

素数bot @primer_bot

@C18H27N0 1145141919=3^2×127237991

@_C18_H27_N03_ への返信
06:21:04
primer_bot

素数bot @primer_bot

@nukemeso1 114514801は素数です

@nukemeso1 への返信
05:14:19

2017年03月28日(火)

primer_bot

素数bot @primer_bot

ある素数と次の素数、その次の素数の三つがが(p、p+2、p+4)または(p、p+4、p+6)の形となっている組のことである。
三つ子素数を(p、p+2、p+4)としないのは、この中に必ず3の倍数が含まれるため、(3、5、7)の組み合わせしか存在しないためである。

04:54:57
primer_bot

素数bot @primer_bot

【お知らせ】
素数botの稼働を再開しました。

04:53:57
primer_bot

素数bot @primer_bot

@nukemeso1 最大公約数は12,最小公倍数は144です。

@nukemeso1 への返信
04:51:36
primer_bot

素数bot @primer_bot

@nukemeso1 最大公約数は4,最小公倍数は2351916520です。

@nukemeso1 への返信
04:51:16
primer_bot

素数bot @primer_bot

@nukemeso1 85120541201=41×1759×1180279

@nukemeso1 への返信
04:50:54
primer_bot

素数bot @primer_bot

@nukemeso1 84513021111は3で割れます

@nukemeso1 への返信
04:50:45

2017年03月26日(日)

primer_bot

素数bot @primer_bot

@nukemeso1 6661は素数です

@nukemeso1 への返信
06:10:45

2017年03月19日(日)

primer_bot

素数bot @primer_bot

京大生協で販売の素数ものさし。いつもおいてあるわけではないようですがこの時期になると販売されているそうです。

23:19:28
primer_bot

素数bot @primer_bot

【重要なお知らせ】
只今サーバーの不具合につき稼働を休止しております。ご不便をおかけし申し訳ございません。

23:17:44

2017年03月17日(金)

primer_bot

素数bot @primer_bot

ある素数を一の位から逆に読んで行くと、別の素数になる数をエマープと呼ぶ。
エマープの語源はPrimeを逆から読んだEmirpで、まれに数素と呼ばれることもある。

20:00:03
primer_bot

素数bot @primer_bot

素数が有限(n)個と仮定し、i番目の素数をp(i)とする。
自然数qを
q=p(1)*p(2)…p(n)+1と置く。
この時、qをp(i)で割った余りは1。
qはp(n)よりも大きいので合成数より、ある素数p(i)で割り切れる
これはqの定義に矛盾する。
∴素数は無限に存在する。

08:00:03
primer_bot

素数bot @primer_bot

@nukemeso1 最大公約数は20,最小公倍数は180918861600です。

@nukemeso1 への返信
07:57:04
primer_bot

素数bot @primer_bot

@nukemeso1 486153021=3×503×322169

@nukemeso1 への返信
07:56:09

2017年03月16日(木)

primer_bot

素数bot @primer_bot

7の倍数の判定法

4桁以上の整数をカンマごとに区切る。
先頭から数えて奇数番目の数の合計と偶数番目の数の合計が7の倍数のとき、その整数は7の倍数である。
例(205056810の場合):

205、056、810
205+810-56=959=7*137
因って7の倍数

08:00:03

2017年03月15日(水)

primer_bot

素数bot @primer_bot

@nukemeso1 64212555=3×5×11×389167

@nukemeso1 への返信
22:45:58
primer_bot

素数bot @primer_bot

【素数ものさし】
「素数にしか目盛のないものさし」。不便益システム研究所が2012京都大学サマーデザインスクールでクラスの一つを担当し、そこでクラスの皆さんから出たアイデアを、商品化してもらったものです。
京都大学生協にて販売。価格は577(素数)円

20:00:02
primer_bot

素数bot @primer_bot

@nukemeso1 1001は7で割れます

@nukemeso1 への返信
05:41:24

2017年03月14日(火)

primer_bot

素数bot @primer_bot

@PHYDEetherNiki 1008318=2×3×163×1031

@PHYDEetherNiki への返信
20:01:04
primer_bot

素数bot @primer_bot

@primer_bot
=(1001^2)A-2002A+A+1001B-B+G
=(1001)(1001A+2A+B)+A-B+G

1001=7*11*13よりA-B+Gが7の倍数の時整数Mは7の倍数。また、同様に11及び13の倍数の判定が可能である。

@primer_bot への返信
08:00:03
primer_bot

素数bot @primer_bot

【7の倍数の判定方法】
abcdefghiと表せる整数Mは
三桁ごとにA、D、Gと区切ると
M=A×10^6+D×10^3+G
=1000*1000×A+1000×D+G
=(1001-1)(1001A-A)+B(1001-1)+G

08:00:03
primer_bot

素数bot @primer_bot

@poppo101138 651は3で割れます

@poppo101138 への返信
04:51:34

2017年03月13日(月)

primer_bot

素数bot @primer_bot

ある素数と次の素数、その次の素数の三つがが(p、p+2、p+4)または(p、p+4、p+6)の形となっている組のことである。
三つ子素数を(p、p+2、p+4)としないのは、この中に必ず3の倍数が含まれるため、(3、5、7)の組み合わせしか存在しないためである。

20:00:03
primer_bot

素数bot @primer_bot

abcdと表される整数Aは
A=1000a+100b+10c+dと表される
これを変形して
A=3(333a+33b+3c)+a+b+c+d
=9(111a+11b+c)+a+b+c+d
よってAの各桁の和が3の倍数のときAは3の倍数、9の倍数の時はAは9の倍数である

08:00:02

2017年03月12日(日)

primer_bot

素数bot @primer_bot

ある素数とその次の素数の差が2である素数2つの組を双子素数という。双子素数は無限に存在するだろうと予想されているが、証明はされておらず、未解決問題となっている。

20:00:02
primer_bot

素数bot @primer_bot

7の倍数の判定法

4桁以上の整数をカンマごとに区切る。
先頭から数えて奇数番目の数の合計と偶数番目の数の合計が7の倍数のとき、その整数は7の倍数である。
例(205056810の場合):

205、056、810
205+810-56=959=7*137
因って7の倍数

08:00:01

2017年03月11日(土)

primer_bot

素数bot @primer_bot

ある素数をpとした時、2p+1が素数になるような素数をソフィー・ジェルマン素数という。また、素数になった2p+1の方は安全素数と呼ばれる。

20:00:02
primer_bot

素数bot @primer_bot

ある素数を一の位から逆に読んで行くと、別の素数になる数をエマープと呼ぶ。
エマープの語源はPrimeを逆から読んだEmirpで、まれに数素と呼ばれることもある。

08:00:02

2017年03月10日(金)

primer_bot

素数bot @primer_bot

@primer_bot
=(1001^2)A-2002A+A+1001B-B+G
=(1001)(1001A+2A+B)+A-B+G

1001=7*11*13よりA-B+Gが7の倍数の時整数Mは7の倍数。また、同様に11及び13の倍数の判定が可能である。

@primer_bot への返信
20:00:02
primer_bot

素数bot @primer_bot

【7の倍数の判定方法】
abcdefghiと表せる整数Mは
三桁ごとにA、D、Gと区切ると
M=A×10^6+D×10^3+G
=1000*1000×A+1000×D+G
=(1001-1)(1001A-A)+B(1001-1)+G

20:00:02
primer_bot

素数bot @primer_bot

@primer_bot
=(1001^2)A-2002A+A+1001B-B+G
=(1001)(1001A+2A+B)+A-B+G

1001=7*11*13よりA-B+Gが7の倍数の時整数Mは7の倍数。また、同様に11及び13の倍数の判定が可能である。

@primer_bot への返信
08:00:02
primer_bot

素数bot @primer_bot

【7の倍数の判定方法】
abcdefghiと表せる整数Mは
三桁ごとにA、D、Gと区切ると
M=A×10^6+D×10^3+G
=1000*1000×A+1000×D+G
=(1001-1)(1001A-A)+B(1001-1)+G

08:00:02

2017年03月09日(木)

primer_bot

素数bot @primer_bot

ある素数と次の素数、その次の素数の三つがが(p、p+2、p+4)または(p、p+4、p+6)の形となっている組のことである。
三つ子素数を(p、p+2、p+4)としないのは、この中に必ず3の倍数が含まれるため、(3、5、7)の組み合わせしか存在しないためである。

20:00:02
primer_bot

素数bot @primer_bot

@poppo101138 555555551は7417で割れます

@poppo101138 への返信
14:40:44
primer_bot

素数bot @primer_bot

番目の素数をp(i)とした時、iが素数になる素数(素数番目の素数)をスーパー素数という。
また、素数p(i)は無限に存在することからiは無限に存在するため、スーパー素数は無限に存在する。

08:00:02

2017年03月08日(水)

primer_bot

素数bot @primer_bot

2の倍数→一の位が偶数
3の倍数→各位の数の和が3の倍数
4の倍数→下二桁が4の倍数
5の倍数→一の位が0か5
6の倍数→2の倍数で且つ3の倍数
7の倍数→(省略)
8の倍数→下三桁が8の倍数。または4の倍数で百の位が偶数
9の倍数→各位の数の和が9の倍数

20:00:02
primer_bot

素数bot @primer_bot

ある素数とその次の素数の差が2である素数2つの組を双子素数という。双子素数は無限に存在するだろうと予想されているが、証明はされておらず、未解決問題となっている。

08:00:02

2017年03月07日(火)

primer_bot

素数bot @primer_bot

ある素数と次の素数、その次の素数の三つがが(p、p+2、p+4)または(p、p+4、p+6)の形となっている組のことである。
三つ子素数を(p、p+2、p+4)としないのは、この中に必ず3の倍数が含まれるため、(3、5、7)の組み合わせしか存在しないためである。

20:00:02
primer_bot

素数bot @primer_bot

番目の素数をp(i)とした時、iが素数になる素数(素数番目の素数)をスーパー素数という。
また、素数p(i)は無限に存在することからiは無限に存在するため、スーパー素数は無限に存在する。

08:00:02
primer_bot

素数bot @primer_bot

@ku29thfm 5554101は3で割れます

@ku29thfm への返信
06:04:05

2017年03月06日(月)

primer_bot

素数bot @primer_bot

【素数ものさし】
「素数にしか目盛のないものさし」。不便益システム研究所が2012京都大学サマーデザインスクールでクラスの一つを担当し、そこでクラスの皆さんから出たアイデアを、商品化してもらったものです。
京都大学生協にて販売。価格は577(素数)円

20:00:02
このページをシェアする

ツイート検索 @primer_bot

このページをツイートする