saku_odai

胡蝶の夢@お題bot@saku_odai

30,585 ツイート 86 フォロー 95 フォロワー

お題というか、ポエムになってます。 気ままにボソボソ。使用は御自由に

君を乗せても消えない直線

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年05月18日(木)

saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

時間も止まる 電車も停まる
君を乗せても消えない直線
手錠を掛けた2年前と
君から香る柑橘の死臭
白い白線 馨る波風
殺されても良かった

23:46:29
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

罪も咎も命の重ささえ、貴方には無縁でしょう?

23:41:10
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

ふわふわ居心地 最悪のお天気
殺されたいMonday 殺したいSaturday
死神ピンクでムードも台無し
つまんない嘘ほど色鮮やかに咲いて
求めた嘘ほどモノクロのコスモス
許されたいTuesday 許せないSunday
天使も悪魔も変わりっこないの

23:17:08
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

触れた視線さえウザったいとも思ったから多分お終いだね
痛い程熱を帯びた愛だったから冷めるのも直ぐだった
澄んだ台所も淀んだ寝室も近い様で遠かった
掴みたいそれは何だったの

言ってみてよ

23:02:27
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

しっかりまえからばっちり見えてた
ぼくだけこっそりばっちり見てるね
しらないふりしてばっちり見てたよ
すきじゃないふりばっちり見えてる
すきだろばれるぞばっちり見えるよ
そろそろしかえしばっちり見てやる
ほらみろてれてるばっちり見たから
でもでもすきだとばっちり見れない

22:46:27
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

ゆっくりじっくりこっそり見てたの
ひそかにはしからこっそり見てたの
こんなにすきでもこっそり見てたの
きづいてきづいてこっそり見てるよ
こんなにこんなにこっそり見てても
しらないふりよねこっそり見てるわ
おたがいすきならこっそり見れない
それでもこうしてこっそり見たいの

22:16:51
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

この世から切り取ってしまいたい貴方が掠れて覗いた墓地の昼下がり
磨かれた革靴と鼻をすくめる沈丁花
三回ノックしてお入りください重い扉
合鍵は今には痛い

22:11:12
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

阿呆なら阿呆らしくいてよ
その方が楽だから
私みたいな馬鹿には阿呆がお似合いなんだから
変な所で聡くてすぐ怖気付いて逃げるんだから

22:02:55
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

ゲボ吐くほどこの世の中ゴミゴミ生ゴミ
そんな世界に生まれた私も×××
皆まで言うなとウサギが諭す
だから何だっていうの
生きてもゴミ 死んでもゴミ
腐敗して肥料になった方が人生もマシ
そんな私の命の重さ?
量った秤も謀ってただろ
分銅より軽い人生 羽も油でもう飛べないの
売買。

21:46:25
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

貴方に死んで欲しかった
私の永遠になって欲しかった
ただその眼で私を見つめて
ただその耳で声を聴いて
ただその口で微笑んで欲しかっただけなのに

21:03:37
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

透明なナイフ 光速の弾丸
冷たい湯船 溶け出た愛情
死のガスコンロ 熊さんは許婚
閉鎖空間 扉は開かない
靴はいつからリストラされたの?
皮膚は包帯 血は魔法瓶
鉛のカーテン 厚い雲
電気の紐すら神様に見えるの
ゆっくり落ちていく夢
夏の塩気 融ける水

嗚呼

20:46:26
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

変わる代わる替わる換わる
私と貴方と貴女とあたし
酸いも甘いも悲喜交々
萎んで消えたお呪い
石を積んでも帰れない
提げた案内無視する君は
死んだみたいに笑わないで

20:17:03
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

葉を濡らす朝露、艶やかに糸を張る蜘蛛、消えてしまいそうな朝は君に似ている。

20:03:29
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

相違点が君との距離を遠くさせたね
私の愛と君の愛、沈んだ体みたいで
ささやく君に溺れてばかりで
ゆらめく私は知らないふりで
時々見る君いつも違うね
何でって君を責めたりしないし
だからさ君も自惚れないでよ

19:46:24
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

愛なんて捨ててしまいなさい 妙に毒づいてこの身から離れやしない そんな汚い目で私を見ないで へしゃげた声で呼ばないで 醜いバケモノ鏡合わせで

19:32:31
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

恋も愛も寂しいものでしかないよ
繋がれない紡げない伝わらない通じない報われなければ解けもしない
近いと刺さるし離れると寒いよ
だからこうしているんじゃないか 刃物なんか捨ててよ

19:16:50
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

少なからず依存したのは僕だろう君の弱さに漬け込んだ様な気になって漬け込まれたのは自分自身でそれに気づかないまま偽善者ぶるのはすっごく心地よかったんだ
楽しさを反芻してその反芻し続けたカスに本当は君の成分なんて1%もないこと知ってたよ

19:02:42
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

こんなに早く
愛することがエゴだということを知ったのは
ラブソングがあんなに陳腐なのを知ったから

18:46:25
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

廻るのは その体と踊る血飛沫 濡れた羽根すら癒せない程 紅と白粉、眩む満月 さあさ寄り見よ我が手の内 君の随にその目のままに 連なる桂、酔う盃おぼろに 密やかに秘め事問うる 十五の夜空と

18:16:50
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

すやすやお眠り私の中で
孕んだ種ほど闇に灯して
明るさ交えて目が覚めました?
とぐろの尻尾は掴めないもの

18:11:15
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

飴細工みたいに綺麗な恋ほどすぐに欠けて綺麗な言葉ほどすぐに殺されるからもっと醜い言葉で醜い愛情で私を包んで私に投げつけて私を形成してもっと

18:03:51
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

殺してやりたい幸せくらいある

17:46:25
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

虫けら同然の君の額にそっと口付け
愛を詐称するよりこの奥で感じていたいよ

17:17:00
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

純粋ほど恐ろしいものはないし愛なんてその最たるものででもみんなそれを求めてそれに縋ってそれを逃してそれに怯えてまた求めて馬鹿馬鹿しいほど可哀想なのが可愛そう

17:02:15
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

ぱらぱらと咲いてひしゃんと萎えて
そよかに揺らめきこつんと割れた
誰にも知れぬ秘密基地とお面と太鼓
ふらりと死ぬのもまた一興
よろよろ上がるすくすく下がる。
木の葉じゃ耳は隠しちゃくれない

16:46:25
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

夏の夜明けが一番好きです。
暑い昼間が嘘のようで。
白む空気も清涼な香りも。
誰も居ない横断歩道
信号のチカチカ光る青色も。
昼になれば忘れてしまう
暑さに脳を溶かされたように。

16:16:50
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

綺麗に綺麗にと水をやった花ほど折りたくなるのよ
そういう人間なのよ

16:01:54
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

排気口からダダ漏れ仮初の防腐剤
焼肉帰りみたいにこべりついてる
路地裏のゴミみたいな私の価値と
トワレやコロンじゃ拭えない腐臭
柔らかい布団じゃもう寝れないの
若さを代償に紙切れで生きている
流れた血も綺麗な訳なかったから
今更惜しむ程良い子になれないの

15:46:26
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

ーーー被検体番号XX番が東棟…室から脱走しました。職員は直ちに……に当…って……さい。尚被検体番号XX番は現在……ており、大変危険な状況と判断されます。職員は防護服及び……を所持した上で捕獲に……ってください。繰り返します。被検……XX番が…棟5号室から脱走しました。職員は…

15:16:49
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

嗚咽と共に溢れた愛ほど鮮やかに咲くの

15:02:45
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

君の死臭を纏いたい
香り袋に入れて 花の刺繍を施して
体に染み付くように
絞った血は 香水にして
代われるように
君のはらわた 僕のに詰めて
殺した事実も無くなるように

14:46:24
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

頓珍漢な街の端で 踊り潰れるがしゃどくろ 招き猫は空を仰いで 人もお金もこっちゃ来いや 妖々面々集い集えば 死にものぐるいで宴会さ

14:30:53
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

いつか私がいなくなって後悔したらいい私のためにかけた言葉私のために許した何かで自分を傷つけたらいい
私だけ考えて私のために傷つけて
いつか来る別れの前には泣き喚いて
私は絶対泣いたりしないけど

14:16:59
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

貴方のいない世界なんて地獄なの
まだ見えない炎で焼かれているの
貴方はいつまで置いていく気なの
要らないなら捨てれば良かったの
捨てきれなかった愛情の切っ先の
その刃が痛いほど熱いの

14:10:16
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

憎らしいほどの愛で私を形成して欲しかった
重い愛ほど私を深く包みこんで離さなかった

14:01:41
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

綺麗な言葉は君には猛毒だもんね
しかたないよ
愛されるなんて百年早いから毒のお風呂にでも浸かっててください

13:46:24
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

綺麗な言葉で縛れるような相手ならもうとっくに貴方の物だから安心して

13:16:53
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

自らの種を蒔き あなたへと口づけを 寄添い生きるよう 息の根絶やしてでも

13:01:51
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

どれだけ抱いても私の物じゃないどれだけ君を見ても私の物にはならない私に嫌に従順な君は私の欲しい君じゃない

都合良く会いたいだけ決して得られない物だから強く惹かれて強く拒む

12:46:24
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

私が君になり得たとしてそれはもう君じゃない君という存在を支配したとしてもそれはもう君じゃないどれだけ願っても苦しんでも悶えても君の全てを知ることが出来ない知るのすら怖い結局嫌いなのは自分

12:16:48
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

貴方の中で溶けて 分解して 一つになって そうしてまた美しき翅を生やし 羽化しゆく私を見て

12:05:09
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

だれかのことばでまたひとつわたしができていく

だれかの態度でまたひとつ私がこわれてく

だれかの事情でまた一つ私が泣いている

誰かの言葉でまた一つ私が死んで行く

11:46:24
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

繋ぎ止めた糸が貴方に繋がってないことくらい知ってたし貴方は自分の糸を自分で掴んで全部拒絶して踏み入れさせない踏ませないの一点張りでだから踏み込んでみたくなるのになんでそこで首を絞めるの

11:16:57
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

私に手向けて

11:11:20
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

嘔吐した想いに 汚い嫉妬がこびりついてたの 蛇みたいにとぐろを巻いて

11:01:43
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

重ねられない唇に何を悟ったっけ
紅いだけ無駄な口紅だって自己肯定に必要なプロセスだったから愛しく思ってた。思ってたよ。

10:46:25
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

吸い付いた掌に何を悟ったっけ
冷たくなった体温さえコーンスープで癒せちゃう様なはっきりとした決別。私を拒絶してしまったら私が私でいる必要性なんてきっと少しもないのに

10:16:49
saku_odai

胡蝶の夢@お題bot @saku_odai

宿る貴方を待とう この地に根を張り張り尽くして 知らない事など無くなるように 貴方を孕む神籬として

10:02:29
このページをシェアする

ツイート検索 @saku_odai

このページをツイートする