seibutu1_test1

生物問題第1bot@seibutu1_test1

85,026 ツイート 158 フォロー 108 フォロワー

ウェブクラス生物Ⅰテストボット 『@seibutu1_test1 問題 』で問題を返信で出題、問題番号の返信で問題の答えを返信。webclassの問題1-5 管理: @UnknownBlaze

不飽和脂肪酸の中には体内で合成することができないものもあり

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年07月13日(木)

seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-4-4 また、不飽和脂肪酸の中には体内で合成することができないものもあり、食物から摂肌なければならないため( )脂肪酸とよばれる。

20:51:12
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答5-4-3 脂肪酸は、炭素の数が増加するにつれて(疎水性)が強く(油に溶けやすい)、かつ、融点が(高)くなる。

20:21:31
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-4-3 脂肪酸は、炭素の数が増加するにつれて( )が強く(油に溶けやすい)、かつ、融点が( )くなる。

19:51:11
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答5-4-2 炭素数は(偶数)個の14個から20個までのものが多い。二重結合(-CH=CH-)をもっているものを(不飽和)脂肪酸、もっていないものを(飽和)脂肪酸とよぶ。

19:21:22
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-4-2 炭素数は( )個の14個から20個までのものが多い。二重結合(-CH=CH-)をもっているものを( )脂肪酸、もっていないものを( )脂肪酸とよぶ。

18:51:11
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答5-4-1 脂肪酸とは。鎖状につながった長い(炭化水素)鎖の末端に(カルボキシル)基(-CO0H)をもつものであり、一般にカルボン酸といわれる。

18:21:26
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-4-1 脂肪酸とは。鎖状につながった長い( )鎖の末端に( )基(-CO0H)をもつものであり、一般にカルボン酸といわれる。

17:51:09
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答5-3-5 脂質はおもに炭素と水素から成るため、水に溶け(にくい)。

17:21:20
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-3-5 脂質はおもに炭素と水素から成るため、水に溶け( )。

16:51:08
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答5-3-4 脂質は(水)に溶けず、クロロホルム、アルコール、エーテルなどの(有機溶媒)に溶け易い性質をもつものの総称である。

16:21:27
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-3-4 脂質は( )に溶けず、クロロホルム、アルコール、エーテルなどの( )に溶け易い性質をもつものの総称である。

15:51:09
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答5-3-3 油に溶けやすい性質を(親油性)という。

15:21:20
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-3-3 油に溶けやすい性質を( )という。

14:51:11
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答5-3-2 水に溶けにくい性質を(疎水性)という。

14:21:29
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-3-2 水に溶けにくい性質を( )という。

13:51:09
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答5-3-1 水に溶けやすい性質を(親水性)という。

13:21:20
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-3-1 水に溶けやすい性質を( )という。

12:51:09
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-2-5 デンプンは単糖類である( )がグリコシド結合で多数つながったもので、同じ単糖が繋がっているため、( )多糖に分類される。

11:51:11
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答5-2-4 ラクトース(乳糖)はグルコースと(ガラクトース)が(β1,4)結合した二糖類で、牛乳や母乳に含まれる。

11:21:20
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-2-4 ラクトース(乳糖)はグルコースと( )が( )結合した二糖類で、牛乳や母乳に含まれる。

10:51:07
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答5-2-3 スクロース(ショ糖)はグルコースと(フルクトース)が(α1,β2)結合した二糖類である。

10:29:33
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-2-3 スクロース(ショ糖)はグルコースと( )が( )結合した二糖類である。

08:51:14
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答5-2-2 糖質にみられるエーテル結合は(グリコシド)結合ともいう。

08:21:22
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-2-2 糖質にみられるエーテル結合は( )結合ともいう。

07:51:10
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答5-2-1 二糖類は単糖と単糖が結合する際(水)が取れる形で結合したものであり、これを脱水縮合とよぶ。

07:21:22
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-2-1 二糖類は単糖と単糖が結合する際( )が取れる形で結合したものであり、これを脱水縮合とよぶ。

06:51:07
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答5-1-5 単糖類は炭素の数により、五炭糖、六炭糖などとよばれるが、ヒトの体には六炭糖である(グルコース)が最も多く、重要なエネルギー源となっている。

06:21:13
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-1-5 単糖類は炭素の数により、五炭糖、六炭糖などとよばれるが、ヒトの体には六炭糖である( )が最も多く、重要なエネルギー源となっている。

05:51:11
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答5-1-4 代表的な単糖類としてグルコース、二糖類としてマルトース、そして多糖類の例としてグルコースの重合体であり、ヒトのエネルギー源として最も重要な(グリコーゲン)などがある。

05:21:04
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-1-4 代表的な単糖類としてグルコース、二糖類としてマルトース、そして多糖類の例としてグルコースの重合体であり、ヒトのエネルギー源として最も重要な( )などがある。

04:51:08
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答5-1-3 糖質は(単糖類)、二糖類、多糖類に分類される。

04:21:12
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-1-3 糖質は( )、二糖類、多糖類に分類される。

03:51:08
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答5-1-2 一般にCm(H2O)nの式で表されることから(炭水化物)ともよばれる。

03:21:04
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-1-2 一般にCm(H2O)nの式で表されることから( )ともよばれる。

02:51:10
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答5-1-1 糖質(糖)とは、ヒドロキシ基(-OH)が複数ある多価(アルコール)の一種で、(アルデヒド)基(-CHO)または(ケトン)基(>C=O)をもつものの総称である。

02:21:15
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問5-1-1 糖質(糖)とは、ヒドロキシ基(-OH)が複数ある多価( )の一種で、( )基(-CHO)または( )基(>C=O)をもつものの総称である。

01:51:08
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答4-9-5 DNAを形成している二本のポリヌクレオチド鎖がほどけて、ばらばらになることを(変性)とよぶ。

01:21:04
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問4-9-5 DNAを形成している二本のポリヌクレオチド鎖がほどけて、ばらばらになることを( )とよぶ。

00:51:10
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答4-9-4 DNAは二本のポリヌクレオチド鎖が(相補)的に対をなして形成されている。

00:21:14

2017年07月12日(水)

seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問4-9-4 DNAは二本のポリヌクレオチド鎖が( )的に対をなして形成されている。

23:51:13
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答4-9-3 核酸の高次構造は、塩基間の(水素)結合によって形成される。

23:21:06
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問4-9-3 核酸の高次構造は、塩基間の( )結合によって形成される。

22:51:17
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答4-9-2 ヌクレオチドの主鎖の結合は(ホスホジエステル)結合である。

22:21:31
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問4-9-2 ヌクレオチドの主鎖の結合は( )結合である。

21:51:17
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答4-9-1 核酸はヌクレオチドが結合したものであるため(ポリヌクレオチド)ともいう。

21:21:31
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問4-9-1 核酸はヌクレオチドが結合したものであるため( )ともいう。

20:51:17
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答4-8-5 文は正しい。 タンパク質の形は、大きく球状と繊維状に分類できる。

20:21:28
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

問4-8-5 次の文について正誤を答えなさい。 タンパク質の形は、大きく球状と繊維状に分類できる。

19:51:14
seibutu1_test1

生物問題第1bot @seibutu1_test1

答4-8-4 タンパク質のポリペプチド鎖は(×:常に1本である ○:1本鎖だけでなく2本鎖や4本鎖もある)。

19:21:26
このページをシェアする