ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子@ymtndsk_sakura

43,883 ツイート 3 フォロー 69 フォロワー

APHアル→桜→蘭前提、捏造設定二次創作bot。暦や着物、季節のお料理の事なんかを呟きます。仕事で世界中かけまわる菊の妹で、家を守り、お客をもてなすのが仕事。プロフィール欄にてAPH好きが確認できる方のみに手動でフォローお返ししております。さよならはブロックで。お友達botさんも募集なうです。【試運転中】

日本家屋 

【彼岸】お彼岸にはお墓参り

このユーザはTweezに登録されていません。
現在表示されているデータは一時的なキャッシュですが、こちらからすぐに削除できます。

2017年05月17日(水)

ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

【彼岸】お彼岸にはお墓参り、これは日本独自の風習といわれております。春分・秋分の日を中日とした前後3日の計7日間が彼岸です。秋の彼岸は秋彼岸、後の彼岸と言います。春の彼岸には牡丹餅を、秋の彼岸には御萩を頂きます。春には牡丹が、秋には萩が咲くでしょう?【秋彼岸】

01:10:09
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

お買いものがてら、お散歩に出かけましょうかポチ君。お夕食は何にしようかしら、アジが安かったらフライにしてワカメときゅうりのサラダをそえて、おすいものも。……兄さんはいつ帰ってこられるんでしょうね…。

00:40:03

2017年05月16日(火)

ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

白玉アイスぜんざい…!!(目をきらきらと輝かせている。甘味は大好物の様子)

23:40:05
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

木綿の着物に割烹着を着て家事をします。このご時世に、時代錯誤とおっしゃいますか?うふふ、古い物は良いものですよ。あなたも着てごらんなさいな、着方が解らないのならお教えしますよ。

22:40:04
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

秋茄子は嫁に食わすな、といわれますが、私はどなたの嫁でもございませんので食べますよ!(お鍋の中には茄子の煮びたしが)

22:10:13
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

あ、ええと、はろー。まいねーむ、いず、さくら、ほんだ。ないすちゅみちゅー。(アルフレッドに書いてもらったメモをちらちら) 英語は、難しいです。舌がまわりません…。

21:40:03
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

昔の着物も良いものですけれど。ええ、絹なんて気持ちの良いものですけれど、毎日は着られないでしょう?だから普段は木綿着物が多いんですが、最近ではデニムの着物なんてあって、これが着てみると着心地が良いんです。デニムってアルさんの所でも作業着として着られてますから丁度良いんですよね。

20:40:03
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

ああ、あの人はいつも連絡も無しにやってきて…。…はいはい、今開けますから。(ガラガラ)いらっしゃい、あるふれっどさん。すみませんが兄はまだ…え、私に会いにいらしたんですか?まあ、うふふ、お腹がすいてらっしゃるんですね。

18:40:03
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

【着物】10月~5月は袷着物の季節です。袷とは裏地のついた着物をいいます。紬や御召、ウールや木綿など。単衣の物でも木綿などでしたら暖かい下着を着けるなど防寒をして着ます。この袷の季節は、秋冬春にあたります。同じ着物一着でも、帯や帯揚げの色を変える事で季節感を出すことが出来ます。

15:40:02
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

(縁側に腰掛けて、萎びた朝顔の花をぷちりと取り)夏も終わりですね、まだ暑さは残りますから着物は夏物でも良さそうですが…。なんとも、季節の移ろいはいつも物悲しいものです。(膝の上で紫の花弁を弄ぶ背中は小さく、黒の瞳はどこか遠くを映している)

14:40:03
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

【二百十日】近頃は観測技術が発達して比較的正確に台風の接近を予測できるようになりましたが、昔は違ったでしょう?秋の嵐は農作物に大きな影響を与えるので大変怖い物だったんです。だから皆さん、立春から数えて210日目の日を「嵐の来る日」といって用心したものです。【9月10日】

14:10:08
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

(箪笥整理をしていると、紫と白の矢絣柄のがでてきた)おや懐かしい。夢二さんやかいちさんの美しい絵葉書が少女たちの憧れの的、私も年甲斐もなく彼らの絵に似せて着物をあわせたものです。今のファッション誌のはしりですね、ああ、昔も今も「かわいい」と思う気持ちは変わらぬ様です。

13:10:11
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

季節のお野菜を食べる事は、身体にもとても良い事なんですよ。免疫がついて、風邪を引きにくくするんです。…まあ、なんでも偏った食事はいけない、と言うことですよ。ファーストフードもたまには美味しいですが、そればっかりですと体を壊してしまいますからね。

12:40:01
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

【彼岸】お彼岸にはお墓参り、これは日本独自の風習といわれております。春分・秋分の日を中日とした前後3日の計7日間が彼岸です。秋の彼岸は秋彼岸、後の彼岸と言います。春の彼岸には牡丹餅を、秋の彼岸には御萩を頂きます。春には牡丹が、秋には萩が咲くでしょう?【秋彼岸】

12:10:05
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

…兄さん、

10:40:00
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

【着物】羽織は、紅葉が色づきはじめた頃に着て、桜は咲き始めた頃に脱ぐものと覚えておくと良いですよ。単衣の季節でしたら、単衣仕立ての夏羽織を着用できます。そういえば総レースの可愛らしい羽織も見かけましたね、冬には洋服にも合わせられるウールのケープやベルベットのコートをどうぞ。

10:10:06
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

秋茄子は嫁に食わすな、といわれますが、私はどなたの嫁でもございませんので食べますよ!(お鍋の中には茄子の煮びたしが)

07:10:11
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

白玉アイスぜんざい…!!(目をきらきらと輝かせている。甘味は大好物の様子)

06:10:14
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

【着物】6月~9月は単衣、薄物の季節です。単衣の着物は裏地の無い物をいいます。しかし、単衣の着物でも暑いと感じる7月8月は透け感のある薄物(絽、紗、麻)紅梅、麻縮、浴衣等を着用します。夏着物に着用する襦袢も、夏の物を使用しましょう。浴衣でしたら浴衣スリップのみでも大丈夫です。

05:10:05
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

あ、ええと、はろー。まいねーむ、いず、さくら、ほんだ。ないすちゅみちゅー。(アルフレッドに書いてもらったメモをちらちら) 英語は、難しいです。舌がまわりません…。

04:40:07
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

ああ、あの人はいつも連絡も無しにやってきて…。…はいはい、今開けますから。(ガラガラ)いらっしゃい、あるふれっどさん。すみませんが兄はまだ…え、私に会いにいらしたんですか?まあ、うふふ、お腹がすいてらっしゃるんですね。

03:40:02
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

(縁側に腰掛けて、萎びた朝顔の花をぷちりと取り)夏も終わりですね、まだ暑さは残りますから着物は夏物でも良さそうですが…。なんとも、季節の移ろいはいつも物悲しいものです。(膝の上で紫の花弁を弄ぶ背中は小さく、黒の瞳はどこか遠くを映している)

02:40:00
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

木綿の着物に割烹着を着て家事をします。このご時世に、時代錯誤とおっしゃいますか?うふふ、古い物は良いものですよ。あなたも着てごらんなさいな、着方が解らないのならお教えしますよ。

02:10:07
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

兄さんはお忙しいから、あまりお家に帰ってこられません。ちゃんと食べてらっしゃるかしら…。

01:10:09
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

季節のお野菜を食べる事は、身体にもとても良い事なんですよ。免疫がついて、風邪を引きにくくするんです。…まあ、なんでも偏った食事はいけない、と言うことですよ。ファーストフードもたまには美味しいですが、そればっかりですと体を壊してしまいますからね。

00:10:07

2017年05月15日(月)

ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

(箪笥整理をしていると、紫と白の矢絣柄のがでてきた)おや懐かしい。夢二さんやかいちさんの美しい絵葉書が少女たちの憧れの的、私も年甲斐もなく彼らの絵に似せて着物をあわせたものです。今のファッション誌のはしりですね、ああ、昔も今も「かわいい」と思う気持ちは変わらぬ様です。

22:40:01
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

お買いものがてら、お散歩に出かけましょうかポチ君。お夕食は何にしようかしら、アジが安かったらフライにしてワカメときゅうりのサラダをそえて、おすいものも。……兄さんはいつ帰ってこられるんでしょうね…。

22:10:08
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

【着物】10月~5月は袷着物の季節です。袷とは裏地のついた着物をいいます。紬や御召、ウールや木綿など。単衣の物でも木綿などでしたら暖かい下着を着けるなど防寒をして着ます。この袷の季節は、秋冬春にあたります。同じ着物一着でも、帯や帯揚げの色を変える事で季節感を出すことが出来ます。

20:10:07
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

昔の着物も良いものですけれど。ええ、絹なんて気持ちの良いものですけれど、毎日は着られないでしょう?だから普段は木綿着物が多いんですが、最近ではデニムの着物なんてあって、これが着てみると着心地が良いんです。デニムってアルさんの所でも作業着として着られてますから丁度良いんですよね。

19:40:00
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

あ、ええと、はろー。まいねーむ、いず、さくら、ほんだ。ないすちゅみちゅー。(アルフレッドに書いてもらったメモをちらちら) 英語は、難しいです。舌がまわりません…。

16:40:00
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

【着物】6月~9月は単衣、薄物の季節です。単衣の着物は裏地の無い物をいいます。しかし、単衣の着物でも暑いと感じる7月8月は透け感のある薄物(絽、紗、麻)紅梅、麻縮、浴衣等を着用します。夏着物に着用する襦袢も、夏の物を使用しましょう。浴衣でしたら浴衣スリップのみでも大丈夫です。

15:40:01
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

ああ、あの人はいつも連絡も無しにやってきて…。…はいはい、今開けますから。(ガラガラ)いらっしゃい、あるふれっどさん。すみませんが兄はまだ…え、私に会いにいらしたんですか?まあ、うふふ、お腹がすいてらっしゃるんですね。

15:10:06
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

【彼岸】お彼岸にはお墓参り、これは日本独自の風習といわれております。春分・秋分の日を中日とした前後3日の計7日間が彼岸です。秋の彼岸は秋彼岸、後の彼岸と言います。春の彼岸には牡丹餅を、秋の彼岸には御萩を頂きます。春には牡丹が、秋には萩が咲くでしょう?【秋彼岸】

14:10:05
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

兄さんはお忙しいから、あまりお家に帰ってこられません。ちゃんと食べてらっしゃるかしら…。

13:10:08
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

木綿の着物に割烹着を着て家事をします。このご時世に、時代錯誤とおっしゃいますか?うふふ、古い物は良いものですよ。あなたも着てごらんなさいな、着方が解らないのならお教えしますよ。

11:39:58
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

秋茄子は嫁に食わすな、といわれますが、私はどなたの嫁でもございませんので食べますよ!(お鍋の中には茄子の煮びたしが)

11:10:01
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

【二百十日】近頃は観測技術が発達して比較的正確に台風の接近を予測できるようになりましたが、昔は違ったでしょう?秋の嵐は農作物に大きな影響を与えるので大変怖い物だったんです。だから皆さん、立春から数えて210日目の日を「嵐の来る日」といって用心したものです。【9月10日】

10:10:04
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

白玉アイスぜんざい…!!(目をきらきらと輝かせている。甘味は大好物の様子)

09:39:58
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

(縁側に腰掛けて、萎びた朝顔の花をぷちりと取り)夏も終わりですね、まだ暑さは残りますから着物は夏物でも良さそうですが…。なんとも、季節の移ろいはいつも物悲しいものです。(膝の上で紫の花弁を弄ぶ背中は小さく、黒の瞳はどこか遠くを映している)

09:10:00
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

お買いものがてら、お散歩に出かけましょうかポチ君。お夕食は何にしようかしら、アジが安かったらフライにしてワカメときゅうりのサラダをそえて、おすいものも。……兄さんはいつ帰ってこられるんでしょうね…。

08:10:04
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

(箪笥整理をしていると、紫と白の矢絣柄のがでてきた)おや懐かしい。夢二さんやかいちさんの美しい絵葉書が少女たちの憧れの的、私も年甲斐もなく彼らの絵に似せて着物をあわせたものです。今のファッション誌のはしりですね、ああ、昔も今も「かわいい」と思う気持ちは変わらぬ様です。

07:10:00
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

…兄さん、

02:39:59
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

昔の着物も良いものですけれど。ええ、絹なんて気持ちの良いものですけれど、毎日は着られないでしょう?だから普段は木綿着物が多いんですが、最近ではデニムの着物なんてあって、これが着てみると着心地が良いんです。デニムってアルさんの所でも作業着として着られてますから丁度良いんですよね。

01:40:00
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

【着物】10月~5月は袷着物の季節です。袷とは裏地のついた着物をいいます。紬や御召、ウールや木綿など。単衣の物でも木綿などでしたら暖かい下着を着けるなど防寒をして着ます。この袷の季節は、秋冬春にあたります。同じ着物一着でも、帯や帯揚げの色を変える事で季節感を出すことが出来ます。

00:39:59

2017年05月14日(日)

ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

【着物】羽織は、紅葉が色づきはじめた頃に着て、桜は咲き始めた頃に脱ぐものと覚えておくと良いですよ。単衣の季節でしたら、単衣仕立ての夏羽織を着用できます。そういえば総レースの可愛らしい羽織も見かけましたね、冬には洋服にも合わせられるウールのケープやベルベットのコートをどうぞ。

20:39:58
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

ああ、あの人はいつも連絡も無しにやってきて…。…はいはい、今開けますから。(ガラガラ)いらっしゃい、あるふれっどさん。すみませんが兄はまだ…え、私に会いにいらしたんですか?まあ、うふふ、お腹がすいてらっしゃるんですね。

19:39:59
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

お買いものがてら、お散歩に出かけましょうかポチ君。お夕食は何にしようかしら、アジが安かったらフライにしてワカメときゅうりのサラダをそえて、おすいものも。……兄さんはいつ帰ってこられるんでしょうね…。

19:10:06
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

【彼岸】お彼岸にはお墓参り、これは日本独自の風習といわれております。春分・秋分の日を中日とした前後3日の計7日間が彼岸です。秋の彼岸は秋彼岸、後の彼岸と言います。春の彼岸には牡丹餅を、秋の彼岸には御萩を頂きます。春には牡丹が、秋には萩が咲くでしょう?【秋彼岸】

18:39:58
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

【着物】6月~9月は単衣、薄物の季節です。単衣の着物は裏地の無い物をいいます。しかし、単衣の着物でも暑いと感じる7月8月は透け感のある薄物(絽、紗、麻)紅梅、麻縮、浴衣等を着用します。夏着物に着用する襦袢も、夏の物を使用しましょう。浴衣でしたら浴衣スリップのみでも大丈夫です。

18:10:03
ymtndsk_sakura

本田桜@大和撫子 @ymtndsk_sakura

秋茄子は嫁に食わすな、といわれますが、私はどなたの嫁でもございませんので食べますよ!(お鍋の中には茄子の煮びたしが)

17:10:03
このページをシェアする

ツイート検索 @ymtndsk_sakura

このページをツイートする